唐沢昌伸のプロフィール

  声楽を村本和修、故益田典、指揮法を栗山文昭、淡野弓子、故関屋晋の各氏に師事。

 日本合唱指揮者協会会員。 21世紀の合唱を考える会・合唱人集団「 音楽樹 」会員

 1987年 仙道作三作曲、田中信昭指揮「 オペラ手賀沼賛歌 」の合唱指揮を担当。

 1990年 大町陽一郎指揮「 流山第九を歌う会 」の合唱指揮を担当。 


 1995年 流山市合唱連盟を組織。初代理事長に就任、以降10年間理事長を務める。

 1999年12月の我孫子合唱連盟創立20周年記念コンサートの合唱指揮。 

  2005年、イギリスに遊学。半年間に渉り、本場イギリスの合唱を身をもって体験する

 2007年1月 Jordan会(常磐線沿線男声合唱団の会)合同演奏「月光とピエロ」を指揮 

 2007年12月、流山市制40周年記念「第9演奏会」の合唱指揮を担当。

  2009年12月、松本で「メサイア」全曲公演 を指揮。 

  2010年12月、小林研一郎指揮「松本第9を歌う会」の合唱指揮。

 2011年10月、松本モーツアルト・レクイエムを歌う会を指揮。

 2011年12月、武藤英明指揮「流山市合唱連盟創立15周年記念第9演奏会」の合唱指揮を担当。

  2013年、東京カンタートにて、寺嶋陸也作曲「風と浪三唱」を指揮.

 2016年、流山市合唱連盟創立20周年「オペラの午後」の合唱指揮.

 2017年12月、武藤英明指揮「流山市創立50周年記念第9演奏会」の合唱指揮を担当。

 
 流山市民合唱団 (現 混声合唱団フォンテ)創設以来の指揮を、アンサンブルVIVO(松戸)、あんさんぶるTOMO(流山)、合唱団 風雅(木曽)、女声合唱団ミューズ(我孫子) 、合唱団フレンズ(流山)、混声アンサンブル トッカータ(木曾)、を指揮する。