Profile

 
→ Top Page 
→ News

 

私の曲の

サンプルが

聴けます ↓

→ My Music

→ Live映像
→ Disco Graphy
→ Picture
 
→ Diary
→ BBS
→ Link

 

→ Contact
 

 

 

 

 

 

 


 

 

 本  名

本名は“一方井利昌”です。 これだと読み方がわからないので、“いちかたいとしまさ”と、ひらがなで表記しています。

 

 

 出身地

東京都葛飾区

 

 

 生年月日

1954年12月20日 ゴジラ、ロックンロ−ルの誕生年と同じです。

 

 

 血液型

A型ですが、時々本当にA型なのかと思う時があります。

 

 

 音楽遍歴

母親が音楽好きで、音楽を教えていた親戚もあり、小さいころから音楽に親しむ。

 

小学校4年生頃からはTVで放送されていた「ビートポップス」等を見始め、邦楽よりも、洋楽のかっこよさに強く惹かれるようになる。

 

 

 

人前で唄った一番最初の記憶は、小学校の5年生頃の遠足のバスの中で「ペチカ」を唄った時の事。担任の先生に誉められた。

 

 

 

次に人前で唄ったのは、中学生の時で卒業する3年生が後輩に歌や演奏を聴かせる会(予餞会といい体育館で行われた)で。

 

同級生3人で1人がギターを弾いてPPMの「500マイル」やフォークルの「何のために」「戦争は知らない」等を唄った。

 

この時の演奏を録音したカセット・テープ(当時カセット・レコーダーは珍しかった)があったが、現在行方不明。

 

 

 

その次は、高校の学園祭で、ギター・ボーカル担当の2人にいちかたいボーカルで演奏。PPMの「ベリー・ラスト・デイ」ビートルズの

 

「アンド・アイ・ラブ・ハー」等を唄った。この頃現在のぶらんぶら〜ずのメンバーである松田茂(日本橋高校同級生、)原昭二と知り

 

あう。

 

 

 

大学(独協大学)入学後先程の松田、原とプロディガル・サン(ローリング・ストーンズが演奏していた曲名から命名)というグループを

 

結成し、地元などで演奏活動を行う。

 

演奏曲目はニール・ヤングの「テルミー・ホワイ」「バーズ」「サザン・マン」CSN&Yの「青い目のジュディ」「ティーチ・ヨォー・チュルドレン」

 

「自由の値」、ガロの「美しすぎて」「暗い部屋」等々

 

オープンリールのテープやカセット・テープにこの頃の演奏が録音されている。

 

 

 

大学1年の途中まではまったくの洋楽志向であったが、ある日ラジオから流れてきた曲に耳を奪われてしまった。その曲ははっぴいえんど

 

の「抱きしめたい」であった。はっぴいえんどのレコードは「ゆでめん」を高校時代に松田から借りて聴いていたが、日本のロックは端から

 

聴くにたえないと、馬鹿にしていたのでその先入観から、まったく印象に残っていなかった。ラジオからふいに流れてきたのを聴けて本当

 

にラッキーだったなと今になれば思う。そうでなければ未だに洋楽かぶれのままだったかもしれない。

 

 

 

はっぴいえんどの「抱きしめたい」に出会えた事をきっかけに、その後日本のロックやフォークを聴くようになり、日本語の曲なら作詞作曲

 

出来るなと思い、オリジナル曲を作り始める。その頃出来た最初の曲が「かげろうゆらゆら」。(日本のロックやフォークの影響から作った

 

 最初の曲は「かげろうゆらゆら」だが、それ以前に石森章太郎の漫画に出てくる「夜は千の目を持っている」という歌詞に曲を付けたのが

 

一番最初の作曲体験)