〜奈良を舞台にした、市民参加型の太鼓イベント、秋祭り〜

第一回
太鼓秋祭り
みやと祭り

2006年10月7日(土)
11:00〜16:00
【雨天の場合、8日に順延】

■場所:ならまちセンター コミュニティー広場

<開催内容>
和太鼓演奏・和太鼓体験・演舞・胡弓演奏・紙芝居

<後援>
奈良市・奈良市教育委員会
平城遷都1300年記念事業協会
(財)ならまち振興財団

<主催>
寧鼓座
みやと祭り実行委員会

<お問い合わせ>
080−6142−6690


メインテーマ「太鼓のコミュニティーの再生」
サブテーマ 「奈良の新しいカルチャー(リズムカルチャー)の創造、発信」

私たちは、和太鼓を通して子供から老人まで楽しめ、互いに感動しあい、交流できる地域を創りたいと考えています。太鼓の鍛錬を通じて豊かな人間性を創造し、演奏することにより、演奏者も観客も互いに得た感動を、さらに一人でも多くの人と分かち合い、次の世代に伝えていきたいと思います。世界遺産や 重要文化財に囲まれたこの奈良の地において、伝統をふまえつつ新しい文化を創造し地域社会を発展させ、世界に発信していきたいと思っております。より多くの皆様のご参加とご支援をお願い申し上げます。

≪タイムスケジュール≫

第1部…11:00〜 オールスターズ・鳴神・田原太鼓・五穀邦楽・むすび座・寧鼓塾(奈良太鼓道場)・中谷有香

第2部…13:20〜 風姿花伝・蝶々喃々・TAIKO MASALA・寧鼓座・蝶々喃々+寧鼓座

第3部…15:00〜 太鼓サーキット(太鼓ワークショップ)

≪参加団体プロフィール≫

往馬大社 太鼓連 鳴神 (和太鼓)
往馬大社に古くからある太鼓の修理をきっかけに結成されたユニットです基本は3名ですが、仲間の輪を拡げ、演奏ごとに各方面から参加してもらっています。
今回は大阪豊中のユニット"連風"と合同で演奏します。
田原太鼓 (和太鼓)
1998年春より活動。小学生から大人までのグループ。その昔、時の 音や合図を知らせたり、祭りを湧 かせたりと力強くたくましい響き の和太鼓。そのような技や響きを 今に呼び起こし伝えていきたいと いう思いで皆で練習しています。
五穀邦楽 (演舞、胡弓演奏)
奈良は日本の原点です。私達は奈良に伝わるお話を能舞台の技法を取り入れた、上演時間の短いお芝居(15分〜40分)を、屋外問わず公演しています。お話のストーリーには現代社会が抱えてる問題を古代の話から訴えています。
むすび座 (和太鼓)
地域の人々が年齢に関係なく太鼓を楽しみ、親睦を深める事を目的とし、2005年に結成。
現在10歳〜60歳までの様々な人たちが参加しています。
寧鼓座 (和太鼓)
和太鼓を通して世界の平安と人類の幸せの実現に向け、参集し行動する人々の奈良の太鼓コミュニティー。和太鼓音楽が普及することに伴って、地球上に幸せの輪が広がっていくことを切に願っております。
中谷有香 (てづくり紙芝居)

拍子木がなったら、みんな集まれ!
紙芝居がはじまるよ!
今回のみやと祭りの、大仏様が楽しそうにみんなと太鼓をたたいている絵を描いていただきました。
当日の紙芝居もお楽しみに!

風姿花伝 (和太鼓)
みやと祭り参加に向けて、川西太鼓クラブより有志8名で結成しました。
"花はこころ 種は態(わざ)なるべし"川西町結崎に縁の深い能楽"世阿弥"の言葉に感銘を受け"花"を知るべく太鼓と向き合おうとしています。
蝶々喃々 (バサラ参加チーム)
仲間が仲間を呼び集まったチーム。
奈良のバサラ祭りを中心に活動している。「蝶々喃々」の言葉のように、男女が仲良く楽しく活動できることがモットーです。
TAIKO MASALA (和太鼓)
ニューヨーク在住の日系人"ヒロ・クラシマ"率いるTAIKO MASALA!
NY近郊で活動を展開。御諏訪太鼓から始まり、様々なジャンルを超えたアグレッシブなビートは国境を越えて俺達のハートを打ち鳴らす!
遂に日本上陸!!

≪協力≫
(社)奈良市観光協会・奈良千年芸術市・ブライダル アッシュ・NPO法人 宙塾・蛍の会・御諏訪太鼓
(株)読売奈良ライフ[Yomiっこ][奈良っこ]・清酒[春鹿]醸造元 今西清兵衛商店・奈良NPOセンター