Satomi Naito

 

内藤 里美


兵庫県立西宮高等学校音楽科、大阪音楽大学卒業、同大学院オペラ研究室修了。

ウィーン国立音楽大学音楽セミナーマスタークラスディプロマ取得、プラハ国際ヴォーカルマスタークラスディプロマ取得。


第29回飯塚新人音楽コンクール第1位、及び、文部科学大臣賞、朝日新聞社賞、飯塚市長賞受賞。

Miklas Schneider-Trnavsky国際声楽コンクール 一般部門第3位(1位なし)、及びGuy Montavon賞受賞。


兵庫県高等学校独唱独奏コンクール金賞受賞。

和歌山音楽コンクール大学生の部奨励賞受賞。

ウィーン国立音楽大学音楽セミナーコンクール第3位(声楽1位)。

第12回松方ホール音楽賞入賞。

第22回宝塚ベガ音楽コンクール第5位。


2006年11月よりドイツのエアフルト歌劇場とゲスト契約。

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」砂の精・露の精、「ばらの騎士」孤児で出演。

国内では「ヘンゼルとグレーテル」グレーテル、「ファルスタッフ」ナンネッタ、「リゴレット」ジルダ、「妖精ヴィッリ」アンナ、「魔笛」パミーナ、パパゲーナ、「カルメン」ミカエラ、「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ、「こうもり」ロザリンデ、アデーレ、イーダ、「愛の妙薬」アデーレ、「メリー・ウィドウ」ハンナ、「蝶々夫人」ケイト、「イル・カンピエッロ」ニェーゼなどで出演。

また、NHK名曲リサイタル、クラシック倶楽部などの出演をはじめ、多くのコンサートに出演し、管弦楽曲においても、R.シュトラウス「四つの最後の歌」、ベートーヴェン「第九」、ブラームス「ドイツレクイエム」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、フォーレ「レクイエム」、ラター、バッハ「マニフィカート」、シューベルト「ト長調ミサ」、プーランク、ヴィヴァルディ「グローリア」、ベルリオーズ「荘厳ミサ」、モーツァルト「戴冠ミサ」、ヘンデル「メサイア」、ペルゴレージ「スターバト・マーテル」などソプラノソリストを務める。


田原祥一郎、門田泰子、菅英三子、Karan Armstrongの各氏、エアフルトにてKeilhack、Aichner、Buhlowの各氏に師事。


 現在、県立西宮高校音楽科非常勤講師、神戸市混声合唱団団員、ザ・カレッジ・オペラハウス準団員、日本ドイツリート協会、西宮音楽家協会会員。