上尾直毅(うえおなおき)
チェンバロ、クラヴィコード、フォルテピアノ、オルガン
ミュゼット奏者

京都市立堀川高校音楽科(ピアノ)にて故吉田輝子氏に師事。
東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻において辛島輝治氏に師事し、91年に卒業後、幼少から興味を持っていたバロック音楽にさらに近づくためチェンバロを本格的に学び始める。

東京藝大在学時より、チェンバロを山田貢、鈴木雅明、渡邊順生の各氏に師事。92年、山梨の第6回古楽コンクール旋律楽器部門で「通奏低音賞」を受賞する。

同年92年アムステルダム・スウェーリンク音楽院に入学し、チェンバロを故グスタフ・レオンハルト、アンネッケ・アウテンボッシュの両氏に師事し、95年ソリストディプロマを得て卒業。

続いてデン・ハーグ王立音楽院にてフォルテピアノをスタンリー・ホーホランド氏に師事し、97年に室内楽ディプロマ、98年にソリストディプロマを得て卒業。

同98年、フィリップ・ヘレヴェーヘ指揮、デン・ハーグ王立音楽院の古楽オーケストラとベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を共演し、たまたま居合わせたハンガリー出身の現代作曲家で古典音楽にも造詣の深いジェルジ・クルターク氏に絶賛される。

翌99年にはフランスのサント音楽祭にソリストとして招かれ、フィリップ・ヘレヴェーヘ指揮、ジューン・オーケストラ・アトランティークとモーツァルトのピアノ協奏曲第24番を共演し好評を得る。
99年よりデン・ハーグ王立音楽院古楽器科の正式伴奏員(通奏低音奏者)を勤め、2000年から帰国する01年まではオランダ室内管弦楽団のチェンバロ奏者も勤める。


鍵盤楽器のみならず18世紀フランス宮廷で大流行した小さなバグパイプ「ミュゼット」を独自に研究し習得し、ミュゼット奏者としても活動する。
ミュゼット奏者としては、97年にM・ハゲット指揮、デン・ハーグ王立音楽院の古楽オーケストラによるラモーの管弦楽組曲版「優雅なインドの国々」に参加。
2000年には、日蘭400周年記念事業の一環として公演された音楽劇「出島の頃」において鍵盤楽器及びミュゼット奏者として来日。
2000年、2001年にはミュゼットを含むフランスバロック音楽のコンサートを自らが率いるバロックアンサンブル「Spiritus Novus」と共に開催し好評を博す。

帰国後、2003年2月、6月に「ハートフェルト・コンサート」シリーズ(境企画)で、ミュゼットを含むフレンチカンタータ(日本初演を含む)の公演を行う。
同年「北とぴあ音楽祭」におけるラモーのオペラ「イポリートとアリシ」の公演(指揮:寺神戸亮)でミュゼットのパートを担当した。

2006年から「北とぴあ国際音楽祭」でのオペラ上演(指揮:寺神戸亮)においてコレペティトール兼通奏低音奏者として参加している。(鍵盤楽器)
 ハイドン「月の世界」(2006年)
 モンテヴェルディ「オルフェオ」(2007年)
 ハイドン「騎士オルランド」(2008年)
 グルック「メッカの巡礼」(2009年)
 モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」(2011年)
2005年に開催した「フォルテピアノによるモーツァルト、〜室内楽編成でよみがえる交響曲とアリア〜」(境企画)は、帰国後初のフォルテピアノ演奏会となり好評を博した。
近年クラヴィコードのコンサートも精力的に行い、2007年、2008年に開催したクラヴィコードリサイタルは成功を収めた。
現在、国内を中心にチェンバロ、フォルテピアノ、クラヴィコード、そしてミュゼット奏者としてソロ、アンサンブルを問わず、CDの録音や数々のコンサートに出演している。
2010年4月にリリースされたフォルテピアノによるCD「ベートーヴェン:61鍵の時代」(共演:荒木優子(ヴァイオリン))は「レコード芸術」誌で特選盤、及び優秀録音と評価された。
桐朋学園大学音楽学部講師。


トップページへ