水川寿也


現代邦楽作曲家連盟会員
昭和音楽大学非常勤講師
NHK邦楽技能者育成会28期卒

水川 寿也(みずかわ としや) 1958年12月11日生まれ
1977年   都山流尺八を岡田諦山に師事。
1980年   香川現代邦楽研究会に参加
1982年   NHK邦楽技能者育成会28期卒
1992年   三橋貴風のラテンバンド「バンボーナ」に参加
1997年    ギター福田進一氏とデュオコンサート
2000年   宮城会筝曲コンクール作曲部門入賞
2001年   大日本家庭音楽出版より作品を出版、また作品集CD「碧の伝説」を発売 ,
         全日空国際線国内線の音楽チャンネルで作品「リープ」が流される
2004年   テレビCMサントリー「伊右衛門」録音
2006年  水川作品リサイタルを千駄ヶ谷津田ホールで開催
2007年  邦楽作品「雪舞」が全日空機内チャンネルで流される。サントリー「百年茶」CM録音
。大畠菜穂子とともにカナダ公演を行う
2008年  元ARBメンバー白浜久氏のライブにゲスト出演。 神奈川県宮前区文化協会コンサー
トに2年連続で出演
2009年  中国学生邦楽交歓会に講師として招かれるなど、全国で講習会を開催。


以降、「半音違いの楽器を持って舞台に上がり、吹き始めてから取りに帰る。」「登場と同時におもい
きりコケる」「前日の同時刻に羽田空港の
集合場所を下見する」等、数々の伝説を生み、現在に至る。