iwaomasuhara.com


Who I Am

増原 巖(Iwao Masuhara) bass Player/作編曲家



1967年3月8日、大阪府住吉区生まれ。

小学生のころから黒人音楽に惹かれ、B.B.King, The Crusaders, Brothers Johnsonなどをよく聴いた。中学生の頃にはM.J.Q, Sonny Rollins, Oscar Petersonなどを聴き始め、本格的にジャズに傾倒する。この頃から毎週のようにジャズ喫茶に通うようになり、あらゆるスタイルのジャズを聴きあさった。高校生の時にはエレクトリック・ベースを弾き始めるが、あまりにのめり込み過ぎて学業がおろそかになり、危機感を感じて、たったの3か月でベースを手放すことになる。 その後、頭から音楽が離れることがなかったせいか、学業成績が元に戻ることはなかった。

関西(かんせい)学院大学入学と同時に同校軽音楽部にてアコースティック・ベースを弾き始め、在学中からプロ活動を始める。3回生の時には全国学生(山野)ビッグ・バンド・コンテストにて2位 、優秀賞を獲得。 卒業後は自己のグループを率いて関西一円のライブ・ハウスで活動する傍ら、関西の著名なジャズ・ミュージシャンのサイド・メンとしても活躍。

1992年渡米し、NYのマネス・カレッジ・オブ・ミュージックにて奨学金を受け3年間ジャズとクラシックを学ぶ。同校では、元NYフィル主席コントラバス奏者Homer Mensch氏に師事し、同校のシンフォニー・オーケストラにも参加する。 在学中から現地のミュージシャンと共演を重ね、1995年にはDavid Berkman(p)Elliot Zigmund(ds)Dick Oatts(as)らのツアーに参加し、来日を果たしている。

1996年帰国。再び関西に拠点を移して、1997年に結成した自己のグループWHAT'S UP?を率いてライブ活動を開始。2000年には1st Album「DEBUT」をリリース。 しかしながら、同年11月には惜しまれつつWHAT'S UP?を解散。

2001年より東京に拠点を移して活動をはじめる。
これまでにサポートメンバーとして参加した主なアーティストは辛島文雄(p)、井上智(g)、大山日出夫(as)、大坂昌彦(ds)、太田寛二(p)、池田篤(as)、井上祐一(p)、椎名豊(p)、岸ミツアキ(p)、矢野沙織(as)、Noon(vo)など。2011年発売のNoonのアルバム「Once Upon A Time」には企画段階から参加し、ほぼ全曲にアレンジを提供した。

海外アーティストのサポートも経験豊富で、Salena Jones(vo)の日本ツアーには10年にわたってバンドマスターとして参加し。Phil Woods(as)のツアーには2度参加し、Barry Harris(p)の日本でのコンサートにも毎年、4年間にわたって参加した。2016年にはLewis Nash(ds)の沖縄でのライブに2度にわたって参加し、6日間共演を果たした。

また、バンドリーダーとしても2003年に自己のグループWhat's up?≪田中洋一(tp)河村英樹(ts)堀 秀彰(p)安藤正則(ds)≫再結成し、2007年にアルバム「music is real」をリリース。全国10ヶ所のツアーを行った。 2008年には同クループでのアルバム「Lost And Found」をリリース。 タワーレコードのウィークリーチャートで、マイナー・レーベルの作品としては異例の2位(1位、上原ひろみ)にランクイン。 What's up?は、都内ライブ、全国ツアーと積極的にライブ活動を続け、人気を博したが、2010年10月をもって活動休止中。 現在は新しいグループ、OMD≪増原(b)市原ひかり(tp) 石田衛(p)≫を中心に活動中。2017年1月25日に1st Album 「Chamber Music」をリリース予定。3月には全国ツアーも予定されている。

また、2010年度から尚美学園大学ポップス・ジャズ科の非常勤講師として学生の指導にも当たっている。 

Biogrphy Short Version

e-mail