Biography Short Version

増原 巖 (Iwao Masuhara) bass player 作編曲家

1967年3月8日大阪市住吉区生まれ。関西学院大学在学中よりプロ活動をはじめ、1992年から1996年まではNYのマネス・カレッジ・オブ・ミュージックにてジャズとクラッシックを学ぶ。帰国後、関西にて活動。2000年に自己のグループ「WHAT'S UP?」の1st Album「Debut!」をリリース。2001年からは東京にて活動を開始。辛島文雄(p) 大山日出夫(as) 太田寛二(p) 井上 智(g) 池田 篤(as) 椎名 豊(p) Noon(vo) 矢野沙織(as)らのグループに参加し活動する傍ら、自己のグループ、WHAT'S UP?のアルバム、「Music Is Real」と「Lost&Found」をリリースし全国ツアーも行う。海外のビッグ・アーティストとの共演歴も豊富で、Salena Jones(vo)Phil Woods(as) Jimmy Cobb(ds) Barry Harris(p) Lewis Nash(ds)とはツアーも行い、自分の音楽を磨いてきた。

ハードバップ時代の音楽を自己のスタイルの中心に据えるが、あらゆるジャンルの音楽の中で、歌心とグルーヴの表現に真骨頂を発揮するベーシストである。また、作編曲家、バンドリーダーとしての評価も高い。