かなざわまさかた
金澤 正剛
(音楽学)


1934年東京生まれ。1966年ハーヴァード大学大学院博士課程終了(音楽学)。同年帰国後、国際基督教大学をはじめ幾つかの大学で非常勤講師を務め、さらにハーヴァード大学イタリアルネサンス研究所(フィレンツェ)の研究員、アンティオーク大学及びアールハム大学の客員教授などを勤めた後、1982年に国際基督教大学教授に就任、同大学宗教音楽センター所長を兼ね、2004年より同大学名誉教授と同時に日本大学芸術学部非常勤講師。著書《モンテ・カシノ音楽手写本第 871号》(イザベル・ポープと共著、英文)で1980年度 ASCAP賞を、《古楽のすすめ》(音楽之友社)で1998年度日本ミュージック・ペン・クラブ大賞を受賞。他に《アントニー・ホルボーン全集》全2巻、《アントニウス・ヤヌエ全集》などの編集を手がけ、《中世音楽の精神史》、《キリスト教音楽の歴史》、《キリスト教と音楽》などの著書がある。ルネサンス音楽史専攻。