♪ 日々精進

2010年から占いというよりも私のバックグラウンド(背景)にあるものを
お届けしようと思います。

2017年9月15日

我が家には神棚があります。
住所、氏名、生年月日を伝え
日頃の罪と感謝を伝え
それから祈願をしています。
自分の内から外へ出すことによって再確認ができます。
神棚を通して自分へ伝え自分へ返っていくものだと
思っています。
祈願は「ません」「です」「ます」で伝えます。
最後に「諸願成就ありがとうございました」を伝えます。
それによって自分はどう言動すればいいのかが
みえるようになり、それは縁と相性で動いていることがわかりました。

最近は暦を氣にするようになりました。
世の暦、人の運勢、バイオリズムを勉強しています。
数、言葉、音、形、色、字、アルファベットなどの意味も。
すべてに氣があってその氣がどのように動いているかを
想像しながら勉強しています。
勉強をはじめて言動を抑制するようになりました。

2016年5月1日

プロフィールを追加しました。
これによって自分の中の整理ができます。
趣味のプチプラ巡りである100円ショップやしまむら
ホームセンターについて。

100円ショップのリメイクはインターネットで調べてみると
追いつかないほどいろいろあって、まず自分がどうしたいかを
基に調べることにしました。
100円ショップは回転が速く使いたいときになかったりするので
見つけたときに入手したいのだが、「いつか使うだろう」
「そのうち使うだろう」だと溜まっていくばかりではかどらないことが
わかりました。
なくなったらなくなったで縁がなかったと思おう、と。
「必要なとき必要なものがある」と。

私は本物でなくても「〇〇風」で満たされます。
しまむらは値段的に100円ショップでは入手できないものが手に入ること。
ホームセンターはプライベートブランドが魅力。
今はPBが増えてきたので比べながら購入することが楽しいです。
たとえば、白い容器が目的でラベルを剥がせば真っ白!だったり。
色は白黒、茶、グレー、ベージュなどが基本。

私の背景はいかに合理的に時間短縮できて、スマートに生きられるか
があるように思います。

2015年3月1日

結婚して家庭ができて家ができると暮らしぶりが変わります。
以前は特に結婚を考えておらず、好きなことができる生き方もいいなと
思っていましたが、縁があって結婚しました。
また違った生き方もあるかもしれない、と思って。
結婚するまでは家事のことは無頓着でしたが
家庭ができると掃除や料理に精を出している私がいました。
清掃業者はどのようにして掃除をしているのか
料理人はどんな器具をつかっているのか
衣食住に興味がでてきました。
日頃から空間・色・形・音・香り・素材など感覚を意識しています。
どこまで追求するかで私自身がみえてきます。
それに加えてフレンチ、カントリー、北欧などのエッセンスを
取り入れていきたいと思います。

そして100yenショップが味方です。
以前は必要なものだけを購入していましたが
ハンドメイドやリメイクが楽しくていろいろなブログを参考にしながらの
雑貨めぐりが楽しいです。
100yenショップはいろいろなジャンルを集めた
とてもありがたく便利なお店です。
ここでしか購入できないものが魅力です。

2014年7月1日

猫たちがお世話になっているお寺でのお話です。
以前コンサートをさせていただいたとき、私を知っているという方が
きてくださったようで、いいステージをするということをおっしゃっていた、
と伺いました。
私の知らないところでこのようなことを言われているとは思いませんでした。
ますます励みになるし、パワーになります。

2014年5月6日

ご縁があって2か月の猫ちゃんを迎えました。
夢の「猫とカフェと音楽と」との距離がまた縮まりました。
5日はミーコの月命日で先の30日のチーコ、6日のレオに報告しました。
みんなの魂がきてるかなぁ〜。

またまた、手作りが楽しくなり
手荒れがなかなか治らないことがきっかけで手作りに辿り着きました。

ハンドメイドは楽しいです。
ナチュラルな生き方を心がけています。

2014年3月6日

レオの命日です。
今頃ミーコやチーコと楽しく過ごしていることでしょう。
レオの好きなヨーグルトを一緒に食べてきました。
「千の風になって」の歌のようにお墓にはレオは
いないのかもしれません。身体は埋葬されていても
魂は空を飛んでいるのかもしれません。
そう考えるとお墓参りの意味がなくなってしまいます。
確かに世の中は中立で意味を与えるのは自分です。
お墓参りが必要ないと思えば必要ないのかもしれないし
どうするかで人の価値が出てくるのではないかと思います。

時が来たら我が家へ猫を迎えます。
どのような縁なのか楽しみですが、その子にミーコ、チーコ、レオの
魂が生まれ変わって縁があるよう祈っています。

2014年2月1日

自分の家を持ってからハンドメイドが楽しくなりました。
以前は自分の感性と合ったものを探して購入していましたが
今は感性をカタチにしたい、と思うようになりました。
そんな自分を振り返って「成長したんだな」と思います。
何年経っても勉強です。得るものまだまだあります。
人それぞれ勉強することや得るものは違います。
その人の生き方に必要なことを学べばいいのではないかと思います。

以前の私は動いていないと嫌でいつも刺激を求めていました。
太く短く生きたい、と思っていましたが
音楽をはじめてからマイペースで細く永くゆっくり生きていきたい、と
思うようになったのです。
衣食住、五感、言動、生き方などオーガニックでありたいと思っています。
私の表現、感性のカタチの音楽も然りです。
聴く人の五感に伝わる表現をしたいです。

私の誕生日です。
ちょっと振り返ってみます。

19歳の頃予感があった「30代から私の本当の人生がはじまる」ということ。
実際そのとおりになっています。
12歳の時、父側か母側か選ばなくてはならなくなったときから
マクロ的に私の人生がはじまったんだと思いました。
23歳の頃自分の人生がみえなくなって死を考えたこともありました。
悶々とした生活が数ヶ月続いたある日「おまえにはやることが残っている」
と力強い聲が聴こえたときから変わっていきました。
今でこそステージで歌っていますが、この日を境に歌えるようになったのです。
これからも実をつけていかなければ!
生演奏とカフェの空間に私が企画した服も展示したいなぁ。
一応服飾デザイン科を出て舞台衣装の仕事の経験もあります。

遅ればせながら、津軽三味線奏者の山中さんが私を有難い表現で
載せていただいている記事です。
歌の間奏の三味線、お洒落で新鮮で素敵です。

http://www18.ocn.ne.jp/~nobuto/CCP024.html
http://www18.ocn.ne.jp/~nobuto/CCP057.html

2013年9月1日

何度も試行錯誤しながら私の求める「本物」を探しています。
世の中にはいくつもの価値観があってこれがいい、とは言えません。
そのためには感覚を張っていないと見つかりません。
世の中の先駆者の私の「感」と近いモノの提案を見つけること。
最近プラスの意味で私の世界観の一部が世の中と融合しはじめました。
それは間違っていた、ということ。氣づいたとき楽になりました。

私の信条は「早い遅いはない」「やったもの勝ち」ということです。

2013年8月15日

ガーデン作りに精を出しています。
と言ってもほとんど夫が力を入れています。
意外性を見出しました。
花をたくさん植えました。
花壇、寄せ植え、ハンギング・・・
花の性質を知って植え分ける楽しみも覚えました。
今お気に入りはポーチュラカ。
上へ延びるのではなく、宿根のように横に延びます。
ひとポットでかなり増えます。
はじめてのガーデニングなので4ポット植えたところ
もの凄く増えました。
華やかで艶やかで可愛い。
この子はハンギングにして吊るすと枝垂れて素敵だろうなと。
そして挿し芽をするとまた増えるオトク感のある花です。

花には一年草と多年草がありますが
一年草はその年で枯れて種を落として子孫を残し
多年草は時期が来ると何度もも咲きます。
花は人を楽しませて咲き続け、時期を終えるとその生涯も終える。
何の見返りもせずただ咲くだけ・・・
とても健気で自分の宿命をわかっているかのようです。
動物もそうですが私も見習いたいです。

2013年7月15日

先日千葉県にある音楽仲間のログハウス別荘へ遊びに行ってきました。
家づくりの参考にもなります。
そしていよいよ「イタリアンと夜と音楽と」
への意欲も駆り立てられました。
お酒を飲みながらの談笑は楽しいものです。
私のキャッチフレーズ
「コクがあるのにキレがある、ツヤがあるのに爽やかである」
これは要はバランスが取れている、ということではなかろうか。
これぞ私が目指しているモノなので至福の褒め言葉です。
思いが誰かの言葉を通して答えをくれたようです。
そして!このようなことも言われました。
「例えて言うならペギー・リー」だと。
思いもしなかったので本当に嬉しかったです。
「味がある」とも。
もうルンルンですわ。

2013年4月1日

今家づくりにかかりきりです。
インテリアやガーデン、本で見て憧れていた風景が
自宅にあるなんて・・・
その影響でハンドメイドをするようになりました。
カントリーもアメリカンとフレンチがあって
どちらかといえばフレンチが好み。お洒落でスッキリしてて。
木のミニチュアベンチにブリキの缶を置いて植物を飾ったり
シンプルな生成りのソファクッションに手編みレースを縫いつけたり
ガーデンに7人の小人や小鳥、ネコなどのピックを刺したり・・・
虫よけにハーブを植えて、野菜を植えて、花を植えて・・・
家に来た人が楽しめるような家づくりをしています。

3月、レオが天に帰りました。
4年程でしたが、何年生きたか、ではありません。
生後4か月程のレオを当時暮らしていたアパートの近くで
保護しました。「にゃお!」と力強い声で私に氣づいてもらおうと
したのです。そばに行くとすり寄ってきてアパートでは一緒に
暮らせないので止むを得ず母に連絡しました。
はじめての男の子でハンサムでした。
この子は慢性腎不全で目に見える症状が出てきて数か月で
帰ってしまったのです。
先のミーコ、チーコと同じお寺に眠っています。
レオが帰る2.3日前、チーコが夢に出てきました。
レオを迎えにきてくれたんだと思いました。
通夜、土に還すため土葬、初七日、二七日、三七日・・・
と七七日(四十九日)までお寺に会いに行きます。
ひとりが帰る度に学ぶことがある、とお寺の寺族さんに
話すと、それだけ辛い思いをしているんだ、
学ばなくてもいいことなのにね、と言ってくださって
心が救われたような氣がしました。
動物は可愛がられたことを忘れないといいます。
またきっと巡り合えると信じています。

2012年12月1日

遂に完成しました!マイホーム!
http://www.aibaliving.co.jp/
演奏とカフェの空間の舞台ができました。
夢は間違っていない限り叶うものです。

2012年9月13日

先日佐野市での演奏にて。
私のファン(?!)だという奏者に囲まれての演奏は
奏者冥利に尽きるなぁと思いました。幸せです。
やはり(自己)表現者は褒められると素直に嬉しいものです。
私の演奏のときはこの楽器で、と言われた時は
涙が出るほど嬉しかったです。
演奏には人間性が出る、とも。
ある奏者から私の高音部が魅力だ、と言われたことがあります。
魂の奏、とでもいうのでしょうか。
褒められること自体も勿論有難く嬉しいですが
その人の気持ちが有難いし嬉しいのです。
それは私の魂の糧として成長していくことでしょう。

レトロや浪漫が好き。アナログが好き。
味のあるのが好き。温かみのあるのが好き。
メンバーとの談笑の中で輪郭がみえてきたものがありました。
ガイコツマイクで歌い、古き良き時代のヘアメイク、衣装や小物で
楽しんでもらえるステージングにしたい。
奏者はみんな正装してバシッとキメたい。
浪漫の香り漂うステージをめざしたい。

2012年9月11日

猫のココアとレオの誕生日です。
ココアは14歳、レオは3歳になりました。
レオを保護したのが3年前の9月11日で、当時3,4か月程とのことでしたが
定かでないので家に来た日を誕生日にしました。
ココアは私が勉強不足だったため保護した日もわからないので
レオと同じ日にしました。
ミーコとチーコにやれなかったことをココアとレオにやろうと思っています。
普段食べないターキーのドライフードをプレゼント。
猫の食事ついて調べると、肉食なので鶏・牛・羊等が
栄養になるとのことです。ココア、レオ健やかにね。

2012年9月1日

マクロビオティックな生き方に辿りつきました。
衣食住、職業に至るまで。
突き詰めていくと宇宙に辿りつくのです。
私はアナログな生き方をしたいと思っています。
職業にしてもマクロビに関することに携わらなくても
音楽でも表現できるのではないかと思います。
どのように表現していくかが日々精進ですが。
言葉遣い、表現、生き方、価値観も然り。

今年もお寺でのコンサートをさせていただけます。
前回好評だったようでそのように言っていただけると有難いです。
引き続きミーコとチーコが導いてくれました。
ありがとう。

2012年7月1日

夢を乗せたマイホームは着々と上棟まで進んでいます。
最近氣にかかることを祈願すると願いが届けられるようになりました。
不思議な現象ですが本当は「奇跡」や「不思議」が
日常的なのかもしれません。
私は精神的にとても脆いです。
現実逃避の傾向が多々あります。
でもどこかに「守られている」という感覚が常にあって
それが私を支えているのです。

2012年3月1日

主人がこのようなことを口にしました。
私は輸入住宅に住める運命だった、と。
私に仕向けられたような氣がする、とも。

ここでも伝えたように、主人は私と出会う前に店をもっていましたが
不況で断念せざるを得ず、サラリーマンを目指そうとしていたころ出会い
私が目についた職に決め入社しました。
幸いなことに安定した職だったので
このようなことを言ったのかもしれません。
それは私の徳ではないかと言うのです。

徳かどうかは別として、確かにいずれは家を持ち、そこで演奏とカフェが
できるお城を持つのが目標でした。
でもそれは思い描いているだけでは現実となりません。
そこからどうしていくか。
ビジョンを明確にするのはもちろん、日常をどのように過ごしていくかが
大切だと思うのです。
目に見える物質面と目に見えない精神面とが合わさったものが現実だと
確信しています。

主人からそういう運命だったと聞いて涙が出そうになりました。
私も主人を通して願いが届けられた、と思っていたからお互いの氣持ちが
合わさって現実になったと思っています。

2012年2月1日

希望の場所の土地購入が決まりました。
常日頃、ご縁があれば購入できるよう祈願していました。
順調に行けば今年中に完成予定です。
少しずつ自宅カフェとの距離が縮まってきました。

2011年11月1日

「医者や薬剤師は薬を飲まない」という話を聞いて
インターネットでいろいろ調べたところ、大森一慧さんという自然治癒力の
食事法を提案している本と出合いました。私の信条としている宇宙の法則や
陰陽などを通しての力や方法。ぐんぐん自分の中に入って行きます。
もうひとつ。万病の予防や健康に「腕振り運動」。これも新鮮です。

2011年10月1日

お寺コンサートの打ち合わせに行きました。
ここには猫のミーコとチーコが眠っています。
この子たちのお導きです。
住職、若住職、おかあさん、お嫁さんが勢ぞろいしたのは
はじめてかもしれません。すごいご縁を感じました。
ここへお参りに来ると必ずどなたかが来ています。
そこでいいことを聴きました。
60歳になると還暦といいます。60歳までは「年を重ねる」
60歳過ぎると「年を取る」「引く」という意味です。
120歳で大往生。「還暦を往復した」意味になるそうです。
「還暦」や「大往生」の意味を知ったような氣がしました。

2011年9月1日

希望の土地は農地なので宅地に変更する手続きが必要で、
いくつかの書面を揃えるのですが、住宅ローンで融資される
証明書で立ち止まっています。
再度工務店を決めることになってしまいました。
やはりこうなるには理由があってなるべくしてなったのだと思います。
おかげで住宅についてかなり勉強になりました。昨年と今の自分とは
格段に違います。いろいろお話していて「建築関係のお仕事ですか?」
と聞かれることが証明です。
今は様々な住宅がありますが、「家を描く」となると三角屋根に
煙突がある家を描くのではないでしょうか。私の希望もそのとおりです。
シンプルで仕切りのない間取りがいいです。

2011年7月15日

先日の演奏で花束をいただきました。夏は花の生命が短くて枯れるのが速く
「綺麗に楽しませてくれてありがとうね」と言って花瓶から外します。
動物でも植物でも必ず聴いて応えてくれます。
愛車の洗車をするときも「きれいになるからね」と声をかけながら洗います。
雑誌で読んだのですが、水も「おいしいよ」と言った水と
ネガティブな言葉をかけた水とでは細胞に違いがあったそうです。
「ごめんなさい」「ありがとう」の言葉は大切だと思っています。

昨日、本当にあった動物の話をテレビでみました。
使命を終えて還っていく動物たちを見送るとき、体のまわりを
花でいっぱいにした映像をみていたら、うちの猫たちに
してあげられなかったことを思い出し
声をあげて泣いてしまいました。
でも「ごめんね」のあとにほかにいる猫たちにはするということを
写真に話しかけました。
口に出すということは誰かが聴いているような氣がするのです。
それがひとりごとであっても。

2011年6月21日

最近食材で手作りできるものを作っています。
安心でエコで上達にもつながります。
インターネットで基本のレシピをみつけて応用できるようにしています。
そのためには基本となる塩やしょうゆなどはいいものを使います。
ジンジャーシロップを作って炭酸を買ってきて「ジンジャーソーダ」や
ドレッシング・めんつゆ・ガムシロップ・ミックスナッツチョコレート
などなど。鮮魚は魚屋さん、精肉は肉屋さん、果物は果物屋さん、
直売所、「個人」のところが安心です。止むを得ないときは
ものによっては湯通ししたりします。
食だけではなく衣類もできる限り日本製、天然素材。
天然+合成÷2が妥当でしょうか。天然だけでは難しいこともあるので。

2011年6月19日

希望の土地の買付証明まできました。
まだ安心できません。以前も店舗のみの建物しか建たない
とのことでこの時点で終わってしまったので。
以前ここでお伝えしましたが、
夫が調理師でもあるので、洋食系のお料理とジャズ生演奏と
猫のいるの空間を作ろうと企画中です。
夫は元々調理関係の仕事をしており、洋食テイクアウト弁当の店をやっていて
洋風おせち等は完売するほどでしたが、時代の流れで止むを得ず
途中で断念しました。そんな夫の腕をそのままにしたくないので
料理と音楽のコラボレーションを企画しました。
お互いの好きなことを表現できる場をつくろうと。

今回の家企画は、基本は「住まい」でダイニングを開放しての空間づくりです。
「家カフェ」「自宅開放カフェ」であって「店」ではないのです。
最初は曜日や時間、人数限定ではじめます。
隠れ家的な空間をつくろうと思います。
お世話になる予定のビルダー様は風水師でもある社長の基につくられます。
家企画、少しずつ進みはじめた・・・かな・・・?

2011年6月15日

ホームページとは何だろう?とふと考えました。
私にとって「演奏と人物の現在・過去・未来を記録する表現の場」です。
演奏家である前に人として・・・と思っていましたが
同時進行なんだと氣付きました。
相乗効果で双方を高めていけたらと思います。

2011年6月2日

生演奏のできる家カフェを作ろうと土地から探しています。
ロケーションのいい場所が希望です。
建物は大屋根の北欧で内装は南欧でのミックスです。
基本は住宅でダイニングからウッドデッキをカフェにする予定です。
大規模集落やいろんな制限があって希望の土地がみつかりません。
その影響で建物に興味がでてきて今勉強中です。
「歌う宅建主任者」がいてもいいですよね。

2011年6月1日

先日、自己分析するテストがありました。
直観で答えるものなのですが、例えば「控え目である」「優しい方だ」
がはいかいいえかという問いかけがありました。
気持ちではそうありたいけど、その答えをくれるのは周りだと思っています。
「人事を尽くして天命を待つ」ような感じです。

2011年5月1日

改名しました。姓名も宇宙の一環なんだと思いました。
陰陽五行のバランスが大切なんですね。

2011年2月1日

私の一日は神に合掌することからはじまるのは昨年ここで伝えました。
昨年の「日々精進」は整理してしまいましたが、日頃様々な命をいただいて
生かされていることに懺悔、そして幸せに暮らせることに感謝しながら
日々の祈りを捧げています。中には心身の伴わないこともあるかと思います。
氣持ちはあっても行動と伴っていないということです。私は生涯が修行だと
思っているので氣持ちがあるのとないのとでは違ってくると思うのです。
私は特定の何かの信者ではなく、今まで自分が得てきて共感したことを
取り入れています。

2011年1月4日

2011年も夢に向かって歩きます。