ここは「ゆっくりとした時間」を過ごすための案内です。
   田舎で楽しく暮らすにはどうしたらいいかを思案しています。
          地域活性に重点をおいています。




1995年  東京・西麻布/鈴木陸央ボーカルスクールで
       レッスンを受けはじめる。(ポップスからはじめる)
1997年  レッスンの傍ら、ピアノトリオ(ピアノ・ベース・ドラム)の
       マネージメントに携わる。
       トリオの奏者と演奏をはじめる。
       別の奏者からもバンドの誘いがかかる。
       東京・浅草ジャズジャノメでデビュー。
1998年  関東を中心に、ジャズクラブ・レストラン・ブライダル・
       パーティ・イベント等で演奏し
       古いジャズを基本にブルース、ラテン、ソウルなどを歌う。
       黒人のパワフルさ、白人の洗練さを取り入れながら
       独自の音楽の表現、ステージングに日々精進。
2007年  地道な活動をしながら自宅で生演奏とカフェの空間を
       創ろうと日々精進中。
2012年  生演奏とカフェの空間のステージ(家)が完成する。

<プロフィール>

趣味:旅、ドライブ、インターネットで調べもの(辞典代わり)
    料理、インテリア、掃除、ガーデニング
好きなもの:アンティーク、レトロ、ビンテージ、クラシック、ビクトリアン
        ミニチュア、フリル、レース、リボン
        動物番組、サスペンス番組
        (勉強になる番組)今でしょ講座、あなたの常識は非常識
        日本人の3割しか知らないこと、 格付けチェック

<私の音楽論>

中学生の頃に見た宝塚に入りたいと思い
バレエと歌のレッスンを受け受験、2次で断念。
ジャズは宝塚で学びました。
今から遡れば、小学生の時から暮らしにジャズが
流れていたように思います。

特にコレをやっていた、というように音楽に携わっていたのではなく
「歌ってみたい」と突然はじめました。
レッスンを受けようと思ったのも、何かしら動いていたいと思ったからです。
誰かに付いてレッスンを受けると相手の個性の影響を受けてしまうので
個人ではなくステージ実習のあるスクールにしました。
そこである程度基本を学んだらあとは応用していこうと思い卒業しました。
「○○のようなボーカル」という対象もなく「私」を表現できたらと。

今までの経験の中で学んだのは「誰かの役に立てたら」ということです。
その中で自分の表現ができるようになれば幸いです。
聴いた方の「楽しかった」「感動しました」「素敵でした」「また聴きたい」
の声がひとりでもある限り歌い続けようと思います。

目標のステージングは30年代、40年代の華やかなジャズ。
今まで学んだものの総決算の表現です。

ボーカルというとメインになりがちです。
私はボーカル奏者であっても楽器の一部だと思っています。
ピアノやベース、ドラムがあってひとつの音楽ができると思っているので
「私のライブ」ではありません。
みんなで音楽をつくりあげていきたいという氣持ちでいます。
「メンバーがいて私がいる」「聴いてくれる方や場所があって演奏ができる」

私がジャズに惹かれるひとつに柔軟性があるところです。
ポップスでもスイングにアレンジができ新鮮な音楽が生まれます。
セッションで初めて共演しても奏でることができる。
それが美(みごと)事に合ったときの感覚!
そして雰囲気、グルーブ感・・・。 それがジャズという音楽だったのです。

ボーカル奏者として歌詞をはっきりと伝えること。
私のジャズはスキャットがありません。
歌詞を忘れたために生まれた唱法ですが
現在はひとつの個性になっているような氣がするのです。
ある奏者に「コクがあるのにキレがある。ツヤがあるのに爽やかである」
(だったかな?)と私の歌をビールのキャッチフレーズのような
有り難い表現をされたことがあり今でも心にあります。
それが小島寿沙子のジャズだと信じて歌い続けます。
もうひとつ。音をストレートに出すこと。
低音から高音になるときありがちな2段階音程にならないように
氣をつけています。

音はみえる、音の色はみえると思っています。
聴いていて映像がみえたり、その映像に色がみえたりすることがあります。
音だけでなく「みる」「聴く」「香る」・・・五感を研ぎ澄ますと
より体感できるような氣がします。
ある香りで懐かしさを感じることありませんか?

<代表> 小島寿沙子

<所在地> 群馬県板倉町

<メディア・取材・お問い合わせ> concerto24jazz15@ybb.ne.jp

<事業内容> ♪ジャズ生演奏(編成:ピアノ・ベース・ドラム・サックス・
            トランペット・ギター・三味線・ボーカル等)
          ♪生演奏自宅カフェ企画
          ♪雑貨展示企画
          ♪地域活性提案
          
          他企画

<紹介していただきました> 佐野CTV、館林CTV、鹿沼CTV、読売新聞栃木版
                   下野新聞、上毛新聞

<You Tubeに載せていただきました>
http://www.youtube.com/watch?v=mmUEr_NG2xI

都会には都会のよさがあり、田舎には田舎のよさがあります。
のんびりと地道に活動するには田舎がいい、と結果を出しました。
都会には何でもそろっているが、田舎はそうではありません。
私にできる「田舎の楽しみかた」を提案できれば、と思います。

この案内をきっかけに「あそこでこんなことやってるよ」と
クチコミで広がっていくことを願って止みません。

since 2007.5.1
2017.10.1 <メニュー>更新しました
2017.10.1 <予定表>更新しました
2017.9.15 <占い>更新しました
2017.8.1 <メニュー>更新しました
2017.2.1 <メニュー>更新しました

協奏曲