custom logo
65fat orangebottun59lom orangebottunclick orangebottunfriction orangebottunblow orangebottunalt orangebottunbutton codabutton zdo and zdcfosbutton54lom orangebottunbutton 55lombutton domino
button 57lombutton 62lomthe60 orangebottunbutton austin legendwatchtower orangebottunthe52 orangebottunbutton t-53 the59 orangebottunbutton t-62the air orangebottunpowerbomb orangebottunj-lom orangebottun
65FAT (1SET)

初期のヘンドリクスやデズラリーギヤズで採用された濃厚なミッドに特徴があるモデルでアタッキーながらパワー感のあるブルースを好まれるギタリストにおすすめです。

60年代初期の製法でありながら、60年代後期と同企画のコイルをFATに巻いています。

single PickUp 65FAT
logo
1SET ¥93,333(税抜)
to page top to K&T TOP
59LOM (1SET)

ヴィンテージSTモデルで最大の出力を持つ59年をレアマテリアルで再現しました。

ブティックアンプ使用時のみならずアンプシュミレーターでもひと耳で判断できるほどのパワーをもっています。

single PickUp 59LOM
logo
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《Hand Grind Beveled Edge》click
この加工が施されたポールピースからは倍加したエッジによるポイントの増加で複雑な磁界を構成するのです。ただし面取りが施されているというだけではヴィンテージのような煌きを得ることができません。面取りの幅、角度そして切削工具の粒子までもが決定のファクターなのです。機械によるスムースな面取り加工ではインサート時のメリットしか得られません。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《Carved Bobbin》click
K&Tではワインド以前にボビンの切削により、経年変化後のコイル形状に内部加工を施しています。豊かな低音域はここから生まれています。
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
1SET ¥140,953(税抜)
to page top to K&T TOP
CLICK

ブルームフィールド、コゾフ、Fキング等の[VINTAGE PAF]マニアを唸らせる特有の通る音、ハイミッドにキャラがあり、スムースなトレブルも魅力的。なにより、ピッキングした際の「コリン」とした響きは正に“CLICK”であります。

ハモンドB3の真空管搭載オルガンのアタック音を思わせるK&Tの真骨頂です。

humbucker CLICK
logo
Front/Rear 各 ¥70,476(税抜)
to page top to K&T TOP
FRICTION

Mテイラーで聴く中低域に押し出しがあり、パワー感の高い弾力性を持ったキャラクターを得るために摩擦によるテンションの高いワインディングにより伸長されたゲージを得るべく長年探していた特別なコイルの入手により遂に発表することができたのがFRICTIONです。

humbucker FRICTION
logo
Front/Rear 各 ¥70,476(税抜)
to page top to K&T TOP
BLOW
《Modern Vintage Innovation》
humbuckerblow.wwandzbrongibsonamp
logo

パワーと繊細さの両立は不可能とされていました。これがK&Tプロジェクトの大きな課題でした。マテリアルの選択、マッチングに10ケ月の試作期間を経てドラマチックに登場したのがBLOWです。

弦の振幅は一定ではありません。ピッキングの瞬間最大幅の振れで始まった弦振動は時間軸とともにその振幅が幅を狭めていきます。消え際近くの極狭な振動をいかにピックアップできるか、これこそがサスティーン増大のメインテーマでした。

磁束密度が極めて高いために高域特性、レスポンスが優れデリケートな微細信号を確実に捕らえるために繊細なピッキングによる微細な信号をも確実にレシーブできるBLOWはまさにモダンヴィンテージの真骨頂です。

激しいリフ~ラウド系ヘヴィサウンド迄、どのようなギター奏法でもすさまじく吸い付き、燃え上がるようなBLOWの怒涛の轟音はライブの名盤の奏者のように弾き手のモチベーションを限りなく盛り上げていきます。

「既存のハムバッカーが何であったのか?」と感じてしまうほどのハイエナジーとハイレスポンスと豪快なサスティーンの全てが重厚なボトムに支えられている至高のBLOW、極め尽くされたヴィンテージサウンドでありながら強烈なるエネルギーを拡散する30年に一度のスーパーハムバッカーです。

《offset winding》click
出力が高くノイズが軽微、と良い事尽くめに見えるハムバッキングの構造にもたった一つの大きな欠点が存在します。それは「ノイズを打ち消す」と同時に弦信号の一部をも打ち消してしまう点です。ヴィンテージPAFが位相対策のために採っていた手間のかかる「オフセットワインディング」を採用しているK&Tのハムバッキングに、この位相トラブルは最小です。
《step gap winding》click
当初は断線防止等のセフティー策として取り入れられた特殊構造により生じたギャップが結果、ハイレゾナンスを向上させるという奇跡的な二次効果を実現したのがK&T HUMBUCKERです。キャパシタンス効果を激減したために反応が鋭く早くハイミッドの含有量が豊富な至高のサウンドです
ハムバッカーの弱点である距離位相による特定周波数の欠損を補うべく50年代同様の手法を施してある稀有なプロダクトにあり、これにより12次倍音etcの再現改善に劇的な効果があります。ダイナミックレンジが広く、分離良く、高域特製に優れた世界のトップギタリストが選んだサウンドです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。

一口にPAFとくくられるPUにも機種・年代によりバラつきではない数種のバリエーションが存在します。キャラクターの判別用として3種の仕様をスタンバイさせたのがK&T BLOWです。

[BB]
[ZB]
[WW]

60年
59年中期
59年後期

クリーン&メローな響きでジャズ・ブルースギターの輝きある極上サウンドです。
ややパワフルで粘りあるブルースロック、パンク等のファットサウンドです。
60年代EC、JB、JP達が音圧と持続音によりロックギターサウンドを確立。

製造休止(ダイレクト通販のみ修理用に残したNOS及びLOMコイルにてお受付いたします。)
PICKUP COVER(別売)
Front/Rear 各 ¥75,238(税抜)
to page top to K&T TOP
ALT
◆世界最強のコイルタップハムバッカー ALT◆ coiltaphumbuckeralt.on vozamp

logo
《resistance reinforcement structure》

一般に用いられる片ボビンをショートさせるだけの低出力なタップサウンドと異なり、「シングル時のみ」出力補正のために用意された補強コイルがシリーズ接続される構造。パワー落ちが殆ど見られないという特徴があります。

《dual out》

従来音の伝達力に疑問は持たれながらも、その簡便性にてどのメーカーも使用せざるを得なかった「マルチコンダクターケーブル」を完全否定し、購入後の配線をも簡便にした画期的コイルタップシステム。8~10倍の太さを持つケーブルのみで2種のサウンドを出力するパワフルヴィンテージサウンドです。

5000ターンと5000ターンのコイルを装備したハムバッカーの片側をスイッチでOFFにしたとしても7000ターンのシングルコイルのサウンドになるはずがありません。しかし30年間もの長きに渡り既成品のコイルタップハムバッカーはこうした簡単な構造の物でした。K&TはK&T WEEPハムバッカーがスイッチひとつでCRYシングルコイルになるという世界初のALTを組上げました。音質・音量の劣化なくタップサウンドが満喫できるK&Tピックアップの新しいサウンド。

基本性能はWEEPハムバッカー時
○ 59年中期
ややパワフルで粘りあるブルースロック、パンク等のファットサウンドです。
基本性能はCRYシングルコイル時
○ 61年
テキサススタイルの腰と締りのあるファットなサウンドのスラブ後期です。
《offset winding》click
出力が高くノイズが軽微、と良い事尽くめに見えるハムバッキングの構造にもたった一つの大きな欠点が存在します。それは「ノイズを打ち消す」と同時に弦信号の一部をも打ち消してしまう点です。ヴィンテージPAFが位相対策のために採っていた手間のかかる「オフセットワインディング」を採用しているK&Tのハムバッキングに、この位相トラブルは最小です。
《step gap winding》click
当初は断線防止等のセフティー策として取り入れられた特殊構造により生じたギャップが結果、ハイレゾナンスを向上させるという奇跡的な二次効果を実現したのがK&T HUMBUCKERです。キャパシタンス効果を激減したために反応が鋭く早くハイミッドの含有量が豊富な至高のサウンドです
ハムバッカーの弱点である距離位相による特定周波数の欠損を補うべく50年代同様の手法を施してある稀有なプロダクトにあり、これにより12次倍音etcの再現改善に劇的な効果があります。ダイナミックレンジが広く、分離良く、高域特製に優れた世界のトップギタリストが選んだサウンドです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
製造休止(ダイレクト通販のみ修理用に残したNOS及びLOMコイルにてお受付いたします。)
PICKUP COVER(別売)
Front/Rear 各 ¥85,714(税抜)
to page top to K&T TOP
CODA
 

ネブワース公演でも垣間見えるカラフルでトランスピアレントなハムバッカーサウンド。コイルタップ時にはなお一層の表現力とST,TLに負けないシングルサウンドを可能にしています。本機の秘密は幾つもの複雑なコイルワインディングと個別にセレクトしたマグネットに社内で独自の特殊着磁を施す事によって成立しています。フルドライブ時の厚みのあるディストーション・トーンとともにお楽しみいただけます。

《offset winding》click
出力が高くノイズが軽微、と良い事尽くめに見えるハムバッキングの構造にもたった一つの大きな欠点が存在します。それは「ノイズを打ち消す」と同時に弦信号の一部をも打ち消してしまう点です。ヴィンテージPAFが位相対策のために採っていた手間のかかる「オフセットワインディング」を採用しているK&Tのハムバッキングに、この位相トラブルは最小です。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《step gap winding》click
当初は断線防止等のセフティー策として取り入れられた特殊構造により生じたギャップが結果、ハイレゾナンスを向上させるという奇跡的な二次効果を実現したのがK&T HUMBUCKERです。キャパシタンス効果を激減したために反応が鋭く早くハイミッドの含有量が豊富な至高のサウンドです
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
PICKUP COVER(別売)
1SET ¥150,476(税抜)
to page top to K&T TOP
ZD-O/ZD-C
zd-o zd-c

ZD-Oは30年以上前、高野順が企画設計し現在中古市場では高額で取引されているハムバッカーは知る人ぞ知るピックアップで、特に初期に見られる裏面に【Z】スタンプの存在するタイプの【本人による再生産】です。腰の強く歯切れの良いキャラクターはもはや説明の必要すらないでしょう。

また、ZD-Cは当時工場で諸事情のため諦めざるを得なかった構造を30年の歳月を経て【本人による生産】を遂に果たした入魂のモデルです。各モデルの末尾にあるOはオーセンティック、Cはカスタムの略になっています。切れ味の鋭さにご注意ください。


logo
《offset winding》click
出力が高くノイズが軽微、と良い事尽くめに見えるハムバッキングの構造にもたった一つの大きな欠点が存在します。それは「ノイズを打ち消す」と同時に弦信号の一部をも打ち消してしまう点です。ヴィンテージPAFが位相対策のために採っていた手間のかかる「オフセットワインディング」を採用しているK&Tのハムバッキングに、この位相トラブルは最小です。
《step gap winding》click
当初は断線防止等のセフティー策として取り入れられた特殊構造により生じたギャップが結果、ハイレゾナンスを向上させるという奇跡的な二次効果を実現したのがK&T HUMBUCKERです。キャパシタンス効果を激減したために反応が鋭く早くハイミッドの含有量が豊富な至高のサウンドです
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
価格未定
to page top to K&T TOP
FOS

エレクトリックギター奏法の転換期だった80年代初頭、従来とはまるで異なるディストーションとアウトプットレベル、そして高い解像性を求めギタリスト達は市販品ではなく、個人クラフトマン達へのピックアップ改造依頼へと向いていきます。K&TのFOSはアメリカ人の好むHotRodな「ディストーションサウンドを極める」ために当時カスタマイズされたピックアップを再検証し、厳選されたコイルは勿論、「音のキモ」である工法と本場LAならではの素材に留意して完成に至ったディストーションと解像性に大きな特徴を持ったロックのピックアップです。クリーンなアルペジオから一転しての重厚なディストーションがVOLノブの操作一つで使いこなせます。

humbuckerblow.wwandzbrongibsonamp
芯線のゲージが同寸であっても全く異なるキャラクターとなってしまうのはある程度修業を積んだプレイヤーであれば敏感に感じ取れます。なぜなら厚い被膜はキャパシタンスを上げ難く、芯線の伸張も減少させるために失っていた特定のハイミッドもハイ&ローもあまり損なわずに出力できることにより得られる広いレンジを持つからなのです。
《offset winding》click
出力が高くノイズが軽微、と良い事尽くめに見えるハムバッキングの構造にもたった一つの大きな欠点が存在します。それは「ノイズを打ち消す」と同時に弦信号の一部をも打ち消してしまう点です。ヴィンテージPAFが位相対策のために採っていた手間のかかる「オフセットワインディング」を採用しているK&Tのハムバッキングに、この位相トラブルは最小です。
《step gap winding》click
当初は断線防止等のセフティー策として取り入れられた特殊構造により生じたギャップが結果、ハイレゾナンスを向上させるという奇跡的な二次効果を実現したのがK&T HUMBUCKERです。キャパシタンス効果を激減したために反応が鋭く早くハイミッドの含有量が豊富な至高のサウンドです
ハムバッカーの弱点である距離位相による特定周波数の欠損を補うべく50年代同様の手法を施してある稀有なプロダクトにあり、これにより12次倍音etcの再現改善に劇的な効果があります。ダイナミックレンジが広く、分離良く、高域特製に優れた世界のトップギタリストが選んだサウンドです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。

Front/Rear 各¥80,000(税抜)
to page top to K&T TOP
'54 LOM
《TALL D》

当初レオが狙ったのはあたかも銀の鈴が鳴るようなクリスタルクリアーなサウンドでした。控えめな出力と微細な倍音をレシーブすべく絶妙にアレンジされたコイルワインディングとマグネットセッティング。表面磁界をこれ以降と大きく異にする。【トールD】と呼ばれる3弦ポールピースをやや低めに設定した、プレーン3弦を早くも意識した設計のこのスペックは軽量なアッシュボディとのコンバインで真空管アンプのスピーカーを泣かせます。この年度のみの仕様、アルニコ3特有のトーンをお楽しみください。

siglethe'54.on tweedcase
logo
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《Hand Grind Beveled Edge》click
この加工が施されたポールピースからは倍加したエッジによるポイントの増加で複雑な磁界を構成するのです。ただし面取りが施されているというだけではヴィンテージのような煌きを得ることができません。面取りの幅、角度そして切削工具の粒子までもが決定のファクターなのです。機械によるスムースな面取り加工ではインサート時のメリットしか得られません。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《Carved Bobbin》click
K&Tではワインド以前にボビンの切削により、経年変化後のコイル形状に内部加工を施しています。豊かな低音域はここから生まれています。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
製造休止(ダイレクト通販のみ修理用に残したNOS及びLOMコイルにてお受付いたします。)
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
【WEB MODEL】1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
'55 LOM

コブラのオーティスなどで知られるマニアックなクリスピートーンとなっています。ST史上最も華やかな倍音構成きらびやかなトーンを特徴とする'55年モデル。'54同様のコイルアレンジをそのままアルニコ5バージョンに転用した短命機種を再現しました。

55lom single coil pickups
logo
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《Hand Grind Beveled Edge》click
この加工が施されたポールピースからは倍加したエッジによるポイントの増加で複雑な磁界を構成するのです。ただし面取りが施されているというだけではヴィンテージのような煌きを得ることができません。面取りの幅、角度そして切削工具の粒子までもが決定のファクターなのです。機械によるスムースな面取り加工ではインサート時のメリットしか得られません。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《Carved Bobbin》click
K&Tではワインド以前にボビンの切削により、経年変化後のコイル形状に内部加工を施しています。豊かな低音域はここから生まれています。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
製造休止(ダイレクト通販のみ修理用に残したNOS及びLOMコイルにてお受付いたします。)
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
【WEB MODEL】1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
'57 LOM

それまでのTall Dスタイルから3弦用ポールピースの高さを増したTall Gスタイル。表面の磁界の位相が更に複雑化したこの年式は50年代モデルの代名詞と言われていました。満を持してデヴューした'57 LOMはポールピースの特徴ある切削や、経年による変形を再現した手作業によるボビン加工、そして希少なヴィンテージコイルを使用した完全限定モデルです。マテリアルの在庫状況で生産が左右される事をまずお詫びします。磁極はNトップとなっており、磁力線の側部漏洩を利用した倍音豊かなEarly50'sサウンドが特徴です。メイプルネック期ではかなりパワフルなキャラクターですが繊細な再現力も併せ持っています。

57lom single coil pickups
57lom carved seal
logo
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《Hand Grind Beveled Edge》click
この加工が施されたポールピースからは倍加したエッジによるポイントの増加で複雑な磁界を構成するのです。ただし面取りが施されているというだけではヴィンテージのような煌きを得ることができません。面取りの幅、角度そして切削工具の粒子までもが決定のファクターなのです。機械によるスムースな面取り加工ではインサート時のメリットしか得られません。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《Carved Bobbin》click
K&Tではワインド以前にボビンの切削により、経年変化後のコイル形状に内部加工を施しています。豊かな低音域はここから生まれています。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
製造休止(ダイレクト通販のみ修理用に残したNOS及びLOMコイルにてお受付いたします。)
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
【WEB MODEL】1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
'62 LOM

前年度より、極性及びワインディングを変更し新しいキャラクターとして1962年(正確には'61年なかば)にスラブネック最終期を特徴付けるように採用された仕様のピックアップ。従来は「スラブのモデル」と一括りにされていたこのトランジションモデルは正確な再現がなされていませんでした。S極トップのスムースでフラットなトーンは'50年代型や'60年代初期型とはまた一味異なる味わいあるものですがこれを再現した、'57 LOMと並ぶK&Tヴィンテージラインの最新作です。

62lom single coil pickups
logo
62lom carved seal
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《Hand Grind Beveled Edge》click
この加工が施されたポールピースからは倍加したエッジによるポイントの増加で複雑な磁界を構成するのです。ただし面取りが施されているというだけではヴィンテージのような煌きを得ることができません。面取りの幅、角度そして切削工具の粒子までもが決定のファクターなのです。機械によるスムースな面取り加工ではインサート時のメリットしか得られません。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《Carved Bobbin》click
K&Tではワインド以前にボビンの切削により、経年変化後のコイル形状に内部加工を施しています。豊かな低音域はここから生まれています。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
製造休止(ダイレクト通販のみ修理用に残したNOS及びLOMコイルにてお受付いたします。)
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
【WEB MODEL】1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
60's

K&T "CRY" Pick upで伝説の音色を蘇らせたVINTAGE GUITARS 高野 順氏へオーダーした60'sマッチングモデル。あくまでファットでメロウなフロント・ピックアップ、音の立ちが良く一般的なピックアップとは比べ物に鳴らない程情報量の多いセンター・ピックアップ、そしてタイトでありながら豊かなボトム、そして高域の鈴鳴りが素晴らしいリア・ピックアップ。CRYに比べると全体的に暴れる、ちょっと「やんちゃ」な印象があります。

多くの60'sストラトキャスターをメインに使用するミュージシャンがフロント、センター、リアの各ピックアップを多彩に使用している事が、このピックアップを搭載する事で容易に理解できます。そして使用するミュージシャンのジャンルがボーダーレスな理由も。ここまで十分な倍音が出ていないとあのトーンは成立しません。
コイル同士の鈴鳴り感とでも言いましょうか?とにかくこの高域の鳴りはK&Tピックアップ以外には再現できないでしょう。

フェンダー系クリーン/クランチアンプではキラキラとしたハーフトーンや美しいコードヴォイシングが得られ、ブリティッシュアンプでは抜けの良いドライブとリアピックアップを使用した咽び泣く様なリードトーンが得られるでしょう。高域の特性と倍音が豊かなおかげでリアピックアップポジションでハードに歪ませても耳に痛いトレブルは無く、攻撃的でありながらスムーズにドライブした音色。ノイズの少なさにも驚きます。

個人的には若干コンプレッション/サチュレーションする程度までポールピースを弦に近づけたセッティングを推奨しますが、ポールピース(ピックアップ)の高さを下げてゆくと、最高のクリーントーンも得ることができます。ピッキングの強弱に応じて対応してみて下さい。この作業だけでも驚く程トーンが変化します。

singlethe'60.on fender blackamp
logo
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
1SET ¥93,333(税抜)
to page top to K&T TOP
WATCHTOWER

1968年、三大ギタリストを圧倒したJIMIはかなりの数の右用のストラトキャスターをレコーディングスタジオのギタースタンドに用意していました。左用に張られた弦によってテンションはもちろん、1弦側はメロー、6弦側はタイトに補正されました。ファンク・ジャズ・ロック・ブルースの要素を兼ね備えた完璧なギターサウンドには太くて荒々しいスモールヘッドサウンドより68年特有のアンポッティング最後の音が好都合でした。

後期スーパーギタリスト達に最大の影響を与えたビッグスタックとのコンビネーションによるハードロックスタイルの確立には68年シングルを欠かすことはできません。さらにK&Tでは846とユニヴァイヴによるテストも完了しました。音色そのものに最も敏感であったJIMIのトーンにこだわり抜いたK&T完全手巻【Watchtower】は史上で初めてELの世界へ貴方をいざなうピックアップです

'68年に、それまで14年間施されていたワックスによるポッティングが廃止され、ラッカーによる含浸が採用された。柔軟なワックスに比して乾燥後の強度がかなり高いラッカーが表面を覆い芯部はラッカーが届かぬために「アンポッティング」状態と言う、きわめて特殊な構造を持つこのピックアップはそれ以前の太くホットなキャラクターとは異なりシャープで鋭く、より明るいサウンドキャラクターに変身したのである。

くわえてJIMIは右用のギターを選んでこれに左利き用に弦を張っていたため結果、ポールピースの配列が左右逆になっていた。PU表面の磁界は当然逆になる。つまり2弦のポールピースが長くなり5弦のポールピースが短くなる。これにより3弦がプレーンの現代的なライトゲージを使用するとプレーン弦側の感度とバランスが向上し、巻弦側では普通では強すぎる5弦の出力が抑えられ通常よりもバランスの良いサウンドが確保できたのである。

watchtower three single

logo

《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
1SET ¥93,333(税抜)
to page top to K&T TOP
T-'52

テリーピックアップの基本仕様がようやく固まった1952年のスペックは、パワフルなアルニコ5にブライトなAWG42をコンバインさせたものになりました。

ストラトとは一線を隔てたシングルディップのエナメルコーテッドワイアーはこのキャラクターを一層際立たせています。 当時のアンプが持つトーンキャラクターにマッチさせてプロデュースされた'52型はこれ以降よりもパワフルで、これ以前よりパンチのあるサウンドとなっています。

コイルのクロスポイントはきわめて多く設けられています。ワックスポッティング、ラッカーディッピングもT-'49やT-'51同様丹念に施されています。マイクロフォニックノイズには万全策を注ぎ込んでいますから「ラウドで静か(?)」と言う相反する2事項を両立させたロック、ソウル、ブルースなどのバンドアンサンブルにも埋もれる事はまず、ありません。

tl the'52.0n fenderblackamp
tl the'52 impress
tl the'52 flat polepiece
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
Rear  ¥83,810(税抜)  1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
T-'53

ブラックガード期後半を代表する53年型は太くて粘るアーリースタイルを踏襲していますが、前年度よりもわずかにハイフリケンシーの感度を変更しています。これを再現したのが限定生産でデヴューしたT-'53です。従来のK&Tピックアップ同様手間のかかった事前作業を施したボビンに入念なワインディングパターン、多くのサンプリングデータから決定した着磁などにより、ファットさとシャープさを両立しています。アッシュボディー、メイプルワンピースネックとの絶妙なマッチングを是非ご確認ください。

t53 single coil pickups
logo
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
【WEB MODEL】Rear  ¥83,810(税抜)  1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
T-'59

フロントにはヴィンテージエナメルコイルを'59年製でも最もワウ ンドの多い仕様を選択、さらに数回のラッカーデイッピングとワッ クスポッティングで近年のものよりハウリングマージンが高く、高 い出力レベルを獲得しています。

リアーは最高の出力を持つ'50〜'51年型よりわずかに出力を控えたやはり'59年型とは言ってもそれ 以降に比較するとかなり高出力なピックアップとなっています。 SUPROのような感度の高い真空管小型アンプによる厚みのあるデ イストーションサウンドにはもっともマッチするレベル。米国製の 中でも被膜の厚いエナメルコイルを使用。裏側のプレートとの密着 を高めているのでこちらも高いハウリングマージンを特徴としてい ます。

tl the'59 with supro amp
tl the'59 impress
kt logo
tl the'59 uneven polepiece
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
Rear  ¥83,810(税抜)  1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
T-'62

それまでのN極トップから一転してS極トップへと、大胆な仕様変更を経た正確には'61年中後期仕様のピックアップを再現したのがT-'62です。S極トップならではのスムーズでフラットなキャラクターが特徴です。コイルの固化などにも加えられた大幅な変更は、生産量が希少なこの時期のテリーサウンドを確実に再現しています。メンフィスソウルからフュージョン、ブルーズやアメリカンロックにもマッチするトーンはジャンルを選びません。

t62 single coil pickups
logo
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
【WEB MODEL】Rear  ¥83,810(税抜)  1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
THE AIR

3シングル特有のハーフトーンや鈴鳴りと2シングルMIX特有のエアー感を最高級のヴィンテージコイルを採用することによって共存させました。TLマニアの方がかねてから望んでいた抜群のシングルサウンドです。高野氏がおすすめするMODERN VINTAGE SOUNDの真骨頂です。

tl the air on pultec
ktlogo
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
【WEB MODEL】
1SET ¥150,476(税抜)
to page top to K&T TOP
POWER BOMB

この音を待っていたベーシストがいかに多かった事か!
MOTOWN系のファットなPB, OLD ROCKのパンチのあるボトム、DUBBASSの地を這う様な重低音....その全てを表現できるピックアップの登場です。

JBに比べ、そのマウントポジションの関係からより多くの情報量が引き出せるはずのPBピックアップでしたが、ハムキャンセル構造のウィークポイントでもある位相問題から生じる高域と低域の物足りなさが、現存する多くのリプレイスメントPBピックアップ起こっている問題でした。現代のものと比べた時、ヴィンテージPBピックアップは使用するアンプによって様々なトーンを引き出せるある種の魔法を持っていると言えます。

例えばコンプレッション。ベーシストであれば一度は使用した事があると思いますが、そもそもコンプを使用する目的とは?リミッターはあるレベル以降のゲインを押さえる役割ですが、コンプレッサーはレベル補正の問題よりも、音色効果的に使用するベーシストが多い様に思います。クラシックロックやファンクのベースを聴くと、非常にFATで音楽的な音の立ち上がり/減衰(エンベロープ)を持った音だと感じるはずです。しかし現代的な「PBピックアップ」はPBの音には間違いないのですが、やはり有機的な倍音が少なく、ボトムも感じられません。その要因のひとつが弾いているプレイヤーが感じるコンプレッション感だと思います。

このK&T "POWER BOMB"を弾いてみると弦をヒットした際にまずグッとコンプレッションがかかります。そのアタックの後にサスティーンが伸びてきて、あるところで減衰をはじめます。その音は正に良質なコンプレッサーを通過した音。
ゆえにPOWER BOMBを搭載したベースには、もはやアウトボードのコンプは不要であるといえます。そもそも、この音色を得たいが為にベーシストはコンプレッサーを多用したのではないかと思う程です。

例えばSVTのクラシックやアギュラー等のアンプにプラグインすれば、初期衝動にかられたROCK、又はPUNK ROCKで聴ける、あの音が飛び出します。 その状態でベースのトーンをフルにカットしてサムピッキングする事でRAGGEやDUBで聴けるヘヴィーなボトムが生まれます。

勿論15インチスピーカーのコンボに接続するかチューブD.Iに接続すれば、モータウン直系のファンキーで音楽的なトーンが楽しめます。そしてHIWATT等のヨーロピアン メイドのアンプに接続すれば、70'sヨーロピアン プログレッシヴ ミュージックのサウンドが完全に蘇ります。2フィンガー、サムピッキング、そしてピック。どのようなスタイルのどのようなベーシストがどのようなサウンドでプレイしても、まさしく王道のPBサウンドが得られる驚異のピックアップの登場です。

pb powerbomb with bass amp
pb powerbomb side shot coil
logo
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
1SET ¥93,333(税抜)
to page top to K&T TOP
J-LOM

61年オリジナルJBのピックアップ工法をK&Tは世界で初めて踏襲し、独自のバリアブルテンションテクノロジーにてかって得られなかったスラップ奏法における瞬速のレスポンス、2フィンガー奏法における粘りとローレンジ。
この相反する二項目を完璧に両立した完全手巻ピックアップです。

JB人気の代表的アーティストであるジャコもジョーンジーも、元々は「スタック・ポット」と呼ばれる初期モデルを購入しています。これには特殊な部品である2連ポットが装着されていました。
しかしオリジナルモデルではこのシステムに信号と直列に抵抗がセットされており、パワーが一段低下するのでこれを補う為にピックアップの出力をかなり高くしていました。
ところがこのベーシスト達は操作上の理由から、ポピュラーな3コントロールに後に改造したのです。3コントロールには抵抗は存在しませんので、結果この二人のサウンドは一般のJBに比してかなり太くて大きなサウンドになっています。

現在復刻されているスタックポットモデルには抵抗はなく、ピックアップの出力は他モデル同等なため、コントローラーを交換しても彼らのようにパワフルなサウンドは望めず「失われたトーン」となっています。

現在の一般的なJBピックアップはミックスで使用する際には良いのだが、各ピックアップを単体で使用した際に中域だけで高域と低域が無くなってしまう様に聴こえる物が多く、例えばリアピックアップオンリーで使用したい時に期待外れのトーンになってしまう事も多いのでは無いでしょうか?

K&Tはミックスでも単体使用時でも繊細な高域、そしてファットなボトム、パワフルで十分なアウトプット。まさに60'sのイメージ通り、あの音がします。

jb j-lom on fender jazz bass

logo
《N,O,S, vintage coil》click
音響関係者の間では定説となっているヴィンテージコイル、俗にN.O.S.(New Old Stock)と呼ばれるこのマテリアルの特徴は、現在流通している再生銅を使用したコイルに比し結晶レベルの均質、結晶方向の一定性によりあきらかに異なるトーンキャラクターを持っています。この限りあるマテリアルを惜しみなく使用した物がK&T N,O,S,シリーズです。
《DC Resistance》click
K&Tでは綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《variable tension technology》click
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《magnetic field controlled dipping》click
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
製造休止(ダイレクト通販のみ修理用に残したNOS及びLOMコイルにてお受付いたします。)
《N,O,S, vintage coil》click※N,O,S,シリーズはマテリアルの確保ができている時のみに製造する事ができる完全限定品です。
1SET ¥140,952(税抜)
to page top to K&T TOP
K&T Guitar Research All Rights Reserved.