STANDARD
JIVEMASTER
dogear

jivemaster

jivemaster

エナメルワイヤーでのワインディングに変更される以前、フォームバーを用いた1959仕様のJMピックアップが誕生しました。
昨今のK&Tを語る上で欠かせないVL(Very low tention)Technorogyで巻上げられた"JM"は1959年ピックアップが持っていた、スピード感とトーンの太さを再現しています。
使用するコイル(フォームバー)は このJMに合わせてチョイスされています。
芯線が太く、被覆はあまり厚くないものを選ぶ事で音のスピードを生み出しています。
また、ラッカー絶縁されたポールピースに低めのテンションでワインディングを施しています。
これにより、オリジナルのアノダイズド期JMが持っていたふくよかな低音も再現しています。
ポッティングには勿論パラフィンでなく、K&T独自のブレンドが施された柔らかいワックスを採用。
K&T TECHNOROGY
《Magnetic Induction》
《Magnetic Induction》
特別な直流式の着磁機を磁気機器メーカーに相談して製作し、着磁する際の電流量と時間をコントロールすることで、様々に減磁した状態のマグネットを作り出すことが出来ます。
《Magnetic Field Controlled Dipping》
《Magnetic Field Controlled Dipping》
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
《DC Resistance》
《DC Resistance》
綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《Variable Tension Technology》
《Variable Tension Technology》
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
1SET ¥93,333(税抜)