CONTEMPORARY SERIES
Split Noiseless J-Bass
dogear

先立って発表されたSplit Noiseless、Type Sに続いて、要望の多かったJBヴァージョンが発売になりました。パテントの出願も受理されK&Tらしい実用的な新機軸に仕上がっています。これの発表によりベーシストの皆様にも多彩なトーンを提供することが可能となりました。Type S同様、この製品も低音側、高音側のピックアップセレクトポジションを自由に選択することが可能になりました。

例えば3~4弦はサムピング時にエッジの効いたリアーピックアップを、そしてプル時にはレンジの広いミックスポジション、と言ったように選択できます。なおかつそれらが全てハムをシャットアウトしたクリーンなトーン。その上シリーズでもパラレルでも使用できます。

片側のピックアップ単体に2基のボビンを有するこの製品はシングルコイルのサウンドを持ったハムバッキング・ピックアップなのです。低音側、高音側それぞれに最適なコイルや巻き数を適用させています。従来のJBサウンドにノイズレスで付加された新機能、スラッパーのユーザーのみならず、各ジャンルの個性的なプレイヤーの方に是非一度チェックして頂きたい全く新しいシステムです。

アンプのトーンやEQだけでは決して得られないバランスを容易に入手出来るこのピックアップ、限定生産ではありますがチェックのために1日、休日を遣ってみても後悔はないはずです

K&T TECHNOROGY
《Magnetic Induction》
《Magnetic Induction》
特別な直流式の着磁機を磁気機器メーカーに相談して製作し、着磁する際の電流量と時間をコントロールすることで、様々に減磁した状態のマグネットを作り出すことが出来ます。
《Magnetic Field Controlled Dipping》
《Magnetic Field Controlled Dipping》
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
《DC Resistance》
《DC Resistance》
綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《Variable Tension Technology》
《Variable Tension Technology》
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
1SET ¥ 160,000(税抜)