CONTEMPORARY SERIES
4 CONDACTOR
Split Noiseless-ST
dogear

splitnoiseless

splitnoiseless

Split Noiselessは1,2,3弦側と4,5,6弦側を分割(Split)する事から始めました。これによって1,2,3弦側と4,5,6間側のピックアップを任意で組み合わせることが可能になったのです。1,2,3弦はフロント、4,5,6弦はミドルとか1,2,3弦がミドル、4,5,6弦がリアーとかをチョイスできるのです。5ポジションスウィッチ2基で25種類のコンビネーションが可能となりました。それらのポジション全てが全てノイズレスで得る事は言うまでもありません。
K&T TECHNOROGY
《Magnetic Induction》
《Magnetic Induction》
特別な直流式の着磁機を磁気機器メーカーに相談して製作し、着磁する際の電流量と時間をコントロールすることで、様々に減磁した状態のマグネットを作り出すことが出来ます。
《Magnetic Field Controlled Dipping》
《Magnetic Field Controlled Dipping》
K&TのST,TL,JB,PB用シングルコイルピックアップには、コイルワインディング以前に必ずラッカーディッピングを施しています。ヴィンテージと同様のこの処理は完成までに大変な時間を要しますが、省略する事の出来ない重要な工程なのです。
《DC Resistance》
《DC Resistance》
綿密な計算と膨大な資料の照合によりいたずらにコイルの巻数を増大させず、磁力との絶妙なバランスを以て「聴こえがいいのに痛くない」トーンを得る事に成功しました。無駄にコイルを巻かない分、ノイズも比例して激減しています。是非、店頭で比較して下さい。
《Variable Tension Technology》
《Variable Tension Technology》
手だけで巻く数種類のテンションとスタイルを数百〜千回転ごとに変えていき時間をかけて巻き上げていきます。
《Offset Winding》
《Offset Winding》
出力が高くノイズが軽微、と良い事尽くめに見えるハムバッキングの構造にも大きな欠点が存在します。それは「ノイズを打ち消す」と同時に弦信号の一部をも打ち消してしまう点です。ヴィンテージPAFが位相対策のために採っていた手間のかかる「オフセットワインディング」を採用しているK&Tのハムバッキングに、この位相トラブルは最小です。
1SET ¥150,476(税抜)