ミュージカル制作スタッフのご紹介


脚本・演出 田中 暢

1962年に新制作座入団。劇団統一劇場創立に参加。山田洋次脚本のオペラ「カルメン」の演出補を務める。その後、「結婚」「幸福」「青空の町」等、多くの山田洋次作品を演出する。1993年から、埼玉の憲法ミュージカル「I LOVE 憲法」を10年間にわたって脚本・演出。「最後の遣唐僧円仁」「ブッダ」等これまでに、30本以上の演劇、ミュージカルを脚本・演出。2006年山梨の憲法ミュージカル「少年がいて」、栃木の市民ミュージカル「心に太陽をもて」を脚本・演出。2007年三多摩の憲法ミュージカル「キジムナー」を脚本・演出。


振付・演出 石橋寿恵子

東京教育大学にて松本千代栄教授に舞踏学を学び、モダンダンス、民俗舞踊を研究。
1968年、劇団統一劇場に入団。1973年、山田洋次監督の映画「同胞」の劇中ミュージカルとなった「ふるさと」で振付家としてデビュー。1982年にフリーとなり、ニューヨーク修学。シアターダンスのリー・セオドアに師事する。同年、東京を中心に関東各地でダンスチームを結成し、その振付と指導を開始。1993年から、埼玉の憲法ミュージカル「I LOVE 憲法」を10年間にわたって振付。2003年住民ミュージカル「iwafune ここは私のアルカディア」、2004年ミュージカル「ブッダ」、2005年石橋寿恵子ダンスカンパニー公演「オオタカ伝説」、2006年山梨の憲法ミュージカル「少年がいて」、栃木の市民ミュージカル「心に太陽をもて」などで、振付家として幅広く活躍している。


音楽 Matsunobu

跡見学園女子大学卒業、現在、埼玉県所沢市在住。渡辺貞夫アレンジャー養成コースでジャズ理論を学ぶ。NHK「お母さんといっしょ」挿入歌編曲をはじめ、CM、ポップス、ヒップホップなどのジャンルで様々な楽曲を提供。ニューヨーク在住ヨガアーティスト、 Duncan WongのDVD、また2005年石橋寿恵子ダンスカンパニー公演「オオタカ伝説」、2006年山梨の憲法ミュージカル「少年がいて」、2006年栃木の市民ミュージカル「心に太陽を持て」などで音楽を担当。持ち楽器はピアノ、シンセサイザーで、理屈好きな性格からPCを駆使しつつ「文学を音楽する」仕事を楽しんでいる。
home
呼びかけ
公演予定
メールニュース
スタッフ募集
サポーター募集
公演グッズ
稽古日程
リンク
お問い合せ
カレンダー
プレ企画
Blog
maiking