杉野清隆オフィシャルサイト

***Profile***

杉野 清隆 sugino kiyotaka すぎの きよたか

1979年1月7日生まれ。石川県金沢市在住。
2002年12月、弾き語りライブアルバム「ビニール傘」でCDデビュー。
その後、東京を中心にライブ活動を行う。
2004年に金沢に拠点を戻す。
2008年1月にアルバム「メロウ」を発売。
2012年10月にアルバム「ふらっと通り」を発売。
現在は金沢を拠点に全国各地へのライブ活動を行う日々を送っている。
ギター教室の講師としても活動中。

4才の頃から音楽教室でエレクトーンを習い、嫌々ではあったが16才までなんとか続ける。
その頃、ギターに興味をもちエレクトーンからギターへ。
ちなみに、はじめてギターで覚えた曲は井上陽水の「夢の中へ」(たまたま入門書に載ってたから)。
そんなこんなで20才から大学のサークルでバンド活動をはじめる。
オリジナルを中心にビートルズやエリオットスミスなどの楽曲を楽しむ。
そんな楽しいバンド活動も大学の卒業をもって自然消滅。
その後、ニールヤングの弾き語りに影響を受け、ギター1本の弾き語りスタイルを始める。
金沢のライブハウス(メロメロポッチ)で行ったライブを収録した音源が、後の発売元であるロービングスピリッツから評価され、
2002年12月に 弾き語りライブアルバム「ビニール傘」でCDデビュー。
その後、東京に拠点を移し、ライブ活動中心の生活が始まるが、2004年に金沢に再び拠点を移す。
それから紆余曲折いろいろな事に巻き込まれながらも音楽活動を地道に続け、2006年に現在の所属事務所であるemcと契約。
2008年1月にアルバム「メロウ」を発売 。
また2007年からミックスナッツハウスの林漁太くんとイベント「口笛ふいてやっておいで」をスタートさせ、
杉野清隆アンド林漁太名義での楽曲制作も行っている(シングル盤9枚を自主製作)。
さらに2012年10月にアルバム「ふらっと通り」を発売。
ギター教室の講師という一面も。

杉野清隆杉野清隆