直前のページへ

群響

トップページへ

嗚呼!苦節風雪30年

群響と群響合唱団

東京公演
(すみだトリフォニーホール)


Photo:群響チェリスト・栗田将幸氏


Photo:群響チェリスト・栗田将幸氏

2004年9月26日
群響コンサートマスターとして
最後の定期の画像です。
指揮はM.トゥルノフスキー氏。
「あっ」という間の30年でした。

合唱団は通例9月定期に出演しますが
東京公演などに乗って戴く事もあります。
常時300人以上の大所帯ですが、
近年とみに実力を高めてきました。

群響の「他流試合」(?)
過去色々なホールで公演を行い
ましたが、ここは全国的に見ても
最良のホールのひとつだと思います


群響の「足」
群響バス

 

(体育館編)
移動音楽教室

 

私が入団してから3台(代)目
県内での仕事ではほぼ必ず
出動します。実を言うと私は
殆ど乗った事がありません

一応環境に配慮した、
今はやりの「エコカー」
となっております。

 

準備風景
まだ午前10時過ぎ。
普段の私にとっては
「夜明け時」の時間帯。

生徒達はこのように
床に座らされて。
暑い日・寒い日
大変です。

こちらも準備風景。
高崎からは一番遠い「鶴の嘴」の
地域にある学校ですが、 私は仕事
熱心の余り、つい早めに到着して
しまうので、まだ人影もまばらです。

 

最強・・・ホントに最強
O女史

シャイなステージ
マネージャー F君

最強ライブラリアン
O女史

 

事務局一番の古株・・・いや、ヴェテラン。
皆の・・・と言うより、群響の首根っこをしっかり押さえ込んでいます。

群響のコンサートは彼無しには始められません。
私も随分我侭を言ってご苦労をおかけしました。
酒の上での失敗さえなければ・・・

「楽譜係」彼女無しには楽員の個人練習はもちろんオーケストラの演奏自体成り立ちません。
彼女のご機嫌をとるコツ・・・食べものをプレゼントすること。

最強事務局員
K女史

最?事業課長
K君

最太事務局員
T君

彼女の頭脳にはは定期会員の細目殆どがインプットされています。
また、言語感覚においても得難い感性を垣間見せてくれます。

群響事業を取り仕切っている、こちらも古株です。
「課長」とは言っても、課員はいない人手不足状態ですが。

一生懸命働いても太れると言う、私から見るとうらやましい限りの体躯。

直前のページへ

トップページへ