ミュージカル 「桜さくla」 (さくらさくら)

脚本・作曲・編曲 加藤洋一

初演 2012年11月25日 SYDホール (東京・代々木)
再演 2013年03月23日 シアターホール (南房総・ローズマリー公園)
再演 2014年04月13日 田柄小学校 (東京・練馬区)

《あらすじ》

2012年4月、東日本大震災から一年が経過した
東京では桜が満開となり花見客で賑わっていた
孤独な眼差しの少年が一人、桜を見上げる
名前は「ハル」福島からの被災者

ハルの母「咲」は福島で看護師として働いていた
看護師としての使命を果たすため
福島原発の放射能汚染により息子とは離れて暮らした

ハルは東京の学校に通う
放射能の影響を恐れたPTAの偏見
生徒のイジメ

大槌からの転校生
津波にのみこまれて家族全員は行方不明

ハルと咲、二人にはどんな未来が待ち受けているのか?

毎年、日本全国で桜は咲く
桜を見上げる日本人の笑顔には生きる力が溢れている

序章

Overture

movie


《公演にあたって - 2012/11/25》

2011年3月、「桜」という歌が生まれました。
東日本大震災を体験したことによって生まれた曲です。

その後、沢山の人々がこの曲を歌ってくれました。この歌は何故うまれたのか?
それを、このミュージカルでお伝えできればと思います。

震災後、いくつかの報道に心が強く揺れ動きました。
ひとつは読売新聞に掲載された記事です。
原発事故発生の際、避難勧告地区の病院で働いていた看護師へのインタビューでした。
医療従事者が避難することは病人を見捨てることになる、苦渋の選択です。
 
もうひとつ、被災地からのテレビ報道です。
中学生ぐらいの女生徒でした。家族を津波が襲い行方不明になってしまいました。
彼女は高台で叫びました。「お母さーん、お父さーん」 放射能に対する不安、誤解、偏見、イジメなどの報道にも心を強く打たれました。

私の伯母が今も福島で生活をしております。私の父は福島出身です。
福島をはじめ今も被災地では多くの人々が苦しい生活をしています。

私は、生きるということは「笑い」と「涙」が必要だと思います。
楽しめるミュージカルを制作することが日本人に必要だと感じています。

皆様がそんな想いで元気になっていただけたら幸いです。
第1楽章

The season of cherry blossoms

SYDホール

movie

第1楽章

風の吹くまま、
気の向くまま

SYDホール

movie

 
第2楽章

揺れる我が想い

シアターホール

movie


《曲目》

01. 序章 - overture : 作曲 / 加藤洋一

02 .第一楽章 - The season of cherry blossoms : 作詞 & 作曲 / 加藤洋一

03 .第一楽章 - 風の吹くまま、気の向くまま : 作詞 & 作曲 / 加藤洋一

04 .第二楽章 - 揺れる我が想い : 作詞 & 作曲 / 加藤洋一

05. 第三楽章 - 私のお母さん : 作詞 & 作曲 / 加藤洋一

06. 第四楽章 - Intermezzo : 作曲 / 加藤洋一

07. 第四楽章 - 桜 : 作詞 & 作曲 / 加藤洋一
第3楽章

私のお母さん

SYD ホール

movie

 
第4楽章

Intermezzo

PV バージョン

movie


《このミュージカル制作にあたって》

※ 東日本大震災を我々は後世に伝えていかなければならない

※ 被災者に対する偏見を取り除くこと

※ 反原発や反政府運動を目的としない

※ 命の尊さ、日本人としての尊厳を世界に伝えて行きたい


《第四楽章の背景動画》

公演ではCGクリエーターの島本眞弓さんによる作品をスクリーンに映しだしました。

このミュージカルの為に制作されています。とても素晴らしい動画です。
第4楽章

Intermezzo

SYDホール

movie

第4楽章



シアターホール

movie