アロマ基金の設立


平成15年、盲導犬のバリアを取り除く為に全国47の都道府県を訪問して各県の知事を表敬訪問しました。その時、折角日本一周をするのだから全国の人から盲導犬の募金を貰おうと想い各県の主要な場所で盲導犬の街頭募金をしました。幸い多くの人より募金を頂く事が出来200万円の募金が集まりました。この事がきっかけとなり本格的に募金活動を始める事になり盲導犬育成支援の会・アロマ基金を設立しました。アロマ基金の名前の言われは、勿論私のパートナーの盲導犬アロマの名前からつけました。アロマ基金の設立の目的は、盲導犬の育成支援金を集める事と盲導犬の理解を広げる目的で設立しました。
メンバーは、私と妻洋子、そして募金活動でしりあったボランティアの人たちです。
みなさん手弁当でお手伝いをして頂きました。アロマ基金の収入の全てが募金ですので、盲導犬普及の為、以外の物にはおかねを使う事ができず、私の個人のお金をずいぶん使いました。アロマ基金の主な活動は、県内外での主要な場所での街頭募金、学校での盲導犬のふれあい学習かい、、いろんなお店にお願いして盲導犬の募金箱の設置、盲導犬のバリアを取り除く為の活動、盲導犬フェスタの開催、盲導犬の理解をしてもらう為に盲導犬ソングの作成などいろんな活動をしました。アロマ基金の最大のウイークポイントは、お金がないと言う事です。勿論、アロマ基金の通帳の中には、お金が入っていますが全て募金で盲導犬を育成する為、以外には使う事ができません。なぜなら、みなさん盲導犬を作る為にくださったお金ですのでそれ以外の物にはつかいたくなかったからです。唯一、使ったのは、盲導犬ソングのCDを作る為の材料費と盲導犬の下敷き、そしてお礼状などの郵便代です。盲導犬ソングのCDは、1000円以上の募金をくださった方に差し上げていました。盲導犬の下敷きは、300円以上募金をくださった方に差し上げました平成18年には、特定非営利活動法人として佐賀県に申請して特定非営利活動法人 盲導犬育成支援の会・アロマ基金になりました。そして私がアロマ基金の理事長に就任しました。はじめは妻と二人で始めた盲導犬の支援活動でしたが活動の中でいろんな人との出会いがあり、一つのボランティア組織になっていきました。盲導犬を作るには、多額の費用と多くのボランティアの人の協力が不可欠です。特に、盲導犬の育成資金が沢山いります。育成資金の多くは民間の人からの寄付で賄われており、アロマ基金のような団体が本当に大切な役割をはたしております。現在、盲導犬を育成する施設は全国に九か所あり、関西から西地区は、財団法人 九州盲導犬協会(福岡県)しかありません。私も九州盲導犬協会よりアロマを貸与しました。その関係で私達、アロマ基金が集めた育成資金は全て九州盲導犬協会に寄贈してきました。
私達、盲導犬を支援する立場の者にとりましてアロマ基金のような盲導犬の支援団体が沢山出来て待っている視覚障害者の人に早く盲導犬が贈れたら良いと思っております。