広島ジュニアコーラス 本文へジャンプ
指導者紹介


奥田 聡子(ヴォイストレーナー・指揮者)

エリザベト音楽大学宗教音楽学科宗教性額コース卒業。同大学院専攻科修了。オーストリアへ留学。 帰国後、オペラ「フィガロの結婚」、「小栗栖の長兵衛」「ヘンゼルとグレーテル」「シャムニーのリンダ」「カルメン」「魔笛」等に出演の傍ら、宗教曲・歌曲のソリストとしても活躍している。現在、広島修道大学非常勤講師、マミーシャンテ指揮者、 オレンジコーラス、東広島児童合唱団、アンサンブルポケットのヴォイストレーナーも努める。
イメージ

加島 裕子(主席ピアニスト)

エリザベト音楽大学音楽学部器楽学科卒業。同大学院修士課程終了後渡米。2001年ボストンのニューイングランド音楽院グラデュエイトディプロマコース修了。第17回飯塚新人コンクールピアノ部門第2位、飯塚教育委員会賞受賞。
2001年帰国後は、ソロ、室内楽の分野で、広島、神戸を中心に活動を行う。2004年にはロシアでサンクトペテルブルグ国立交響楽団と共演。2002年より広島ジュニアコーラス・フェミニンコール広島のピアニストを努める。現在、エリザベト音楽大学非常勤講師。

イメージ

寺沢 希(指揮者)

神戸市外国語大学国際関係学科中退後、エリザベト音楽大学宗教音楽学コース卒業。同大学在学中にバロック・アンサンブル「ヒロシマ・バッハ・ソロイスツ」を結成、現在、合唱指揮者として広島を中心に活動中。合唱指揮のレッスンをティモ・ヌオランネ、洲脇光一、斉田好男の各氏に受ける。また、2005年に京都で行われた第7回世界合唱シンポジウムにて、ダン=オーロフ・ステーンルンド氏の合唱指揮マスタークラスを修了。現在、セシリアくれコーラス、広島中央合唱団、セシリアあきコーラス、広島女声合唱団常任指揮者、合唱団「プロ・オラツィオーネ・アンジェリカ」(神戸)指揮者、合唱団そら客演指揮者、エリザベトシンガーズ正団員、エリザベト音楽大学非常勤講師
イメージ



広島ジュニアコーラスへようこそ!