広島ジュニアコーラス 本文へジャンプ
活動の指針と紹介 イメージ


広島ジュニアコーラス創立25周年記念 
第15回定期演奏会 八木節


広島ジュニアコーラスは、合唱活動を通じて青少年の健全育成を目的に広島市の祇園公民館自主グループとして1980年5月10日に創立された少年少女を対象とした合唱団です。
団員は、4歳から17歳で、広島市の安佐南区を始めとして、中区、西区、東区、佐伯区、安佐北区と広範囲から集まってきます。
定例の活動日は、毎週土曜日の午後2時〜5時30分まで、祇園公民館のホールで練習をしています。

主な活動は、定期演奏会(創立以来、母と子の関係にあるフェミニンコール広島と合同で1年半毎に開催)、合宿練習、演奏旅行、各種演奏会への参加 党、歌を通じて、年齢と地域を越えた友情を育てています。

今までにJCAの全日本少年少女合唱祭全国大会に7回、全日本少年少女合唱連盟主催の演奏会に8回、安佐南区音楽祭コーラスの部に21回出場しています。

また、留学や駐在で海外での生活を経験している指導者が多数いることから、国際交流も積極的に行っています。
オーストリアのウイーン(1991)、ハワイ・ホノルル(1997)、ポーランド・ワルシャワ・プオツク・クラコフ(2001)、台湾に宣蘭(2007)に演奏旅行にも行っています。また、広島を訪れる海外の合唱団との交流も18カ国
25団体に及びます。
イメージ

2重合唱組曲「あかちゃんのうた」
小さい子もがんばったよ!