Michita
TWO


〜 アーティストプロフィール 〜



◆Michita (ミチタ)

北海道出身/在住。1988年、DJを始める。
Club Ghetto、Precious Hall、nomeにて経験を積み、幾多のアーティストと競演。 1995年、JFK (マイクジャックプロダクション)と A.I.N.Pを地元で結成。 B.I.G JOE、DJ DOGGとの出会いにより、2006年より楽曲制作を本格化する。 gipsy MZK Trippsという別名義も持し、過去にはMix CDも数タイトルリリース。 2007年には、Libyus Musicのレーベル・コンピレーションアルバム''Listening is Believing vol.2''に参加。 提供楽曲"Metronome"は、美しいピアノの旋律とドープなビートが有機的融合を果たした奇跡の一曲として各所にて大きな反響を呼び、多くのファンを魅了した。
そして2008年、Libyus Musicより、いよいよ待ち望まれたデビューアルバムをインスト盤”One”とラップ盤”Two”の2枚に分けてリリース。 北海道の雄大な自然を想起させるような哀愁漂う美しいメロディーと厳しい寒さの彼方にある温かみを表現したフィジカルなビートが春の雪解けのように溶け合うその独自のプロダクションスタイルには、 今から大きな注目が集まっている。



◆haiiro (ハイイロ) 【SLYE RECORDS】

MC BATTLEやSPOKEN WORDS等の大会の上位入賞に加え、2007年のShing02とのシングルのHITで 早くも注目の的となった天才トラックメイカーEccyにその才能を見い出され、Eccyからの数々の楽曲提供や FUJI ROCK FESTIVALでの共演などを経て、21歳の若さでa-rights傘下のHipHopレーベルSLYE RECORDSに所属。 自身の以前から所属しているcrew、Rainy Channel Posseでの活動も注目され、 500枚限定で自主配布したDEMO CDも希望者が殺到し、驚異的なSPEEDで配布が終了。 そのDEMOがリスナーからの好評にも増して業界人から非常に高い評価を受け、更に噂が噂を呼ぶ。 また、2007年12月発売のEccyのアルバム「Floating Like Incense」にもSamurai TroopsのY.O.Gと共に客演参加。 また、Jazzから強くインスパイアされたSTYLEに日本人離れしたその独特なラップや 唯一無二の感性に目をつけた数々の有名Track Makerとの共演の実現やオファーが絶えず、 正にこれからに最も注目されているMCの一人である。



◆Meiso (メイソ / 外人21冥想)

アメリカと日本を行き来しつつ育ち、1998年にハワイのホノルルに移住、 地元ヒップホップ集団Direct Descendentsに入団しフリースタイル、サイファー修行に明け暮れる。 2003年に発売となった12inch Speciesのデビューアルバム Vinyl Fantasyに参加。 謎の日本語ラッパーとしてハワイのシーンに名を知られる。 2003年には夏休みを利用し日本に一時帰国、外人二十一瞑想としてB-BOY PARK2003のMCバトルに出場し優勝。 その後ハワイに帰国し姿をくらます。日本アンダーグラウンドシーンで名高いEL−TOPO、KamenBや8th Wonder/Immigrate USとの客演でも知られている。 2006年にはSHING02やHisomi-TNPなど6人のMCによるマイクリレー"無知の知”に参加し、 2007年にはSIQ RECORDSから自転者EPを発売。また、2007年末に発売となったDJ A-1の敏腕舞句にも参加している。



◆MOUTHPEACE (マウスピース)

1980年生まれ。熊本県出身。熊本県に拠点を置き県内外で活動するラッパー。 SHING02の呼びかけの下、集まった6名のMCと共に2006年7月に発表した 「無知の知 6MCs REVAMP」への参加をきっかけに活動の幅が大きく広げる。 様々な楽器とのセッションやアコースティックでのライブ等、ジャンルレスな活動により独自の世界観を開花させた。 まるで語りかけてくるかのような詩の奥には言葉に出来ない深い思いが秘められている。 一度、マイクを握れば最大の魅力とも言える声と内から出てくる熱い言葉達が聴衆の耳を奪う。 未だ自身の作品は未発表にも関らず、全国から多くのメッセージが寄せられている。 全国のアンダーグラウンドに潜伏する無名でありながら実力派のアーティスト達との共作に精を出し、 現在は自身初となるアルバムを製作中。



◆Hisomi-TNP(ヒソミ ティーエヌピー)

群馬県生まれ。独自の世界観で言葉を詰め込むことを得意としている土着型MC。 完全自主制作による1stアルバム『四面楚歌』、続く2nd『AS』を発表後、Q-ILLの2nd『東京AVANT-GARDE』に参加し、 その後も坂本龍一やSHING02による『STOP ROKKASHO』に『無知の知 6MC's REVAMP』で参加、 自身でも『無知の知 cell division ver』を発表し、多方面において精力的な活動を続けている。またDJ A-1による日本語RAP MIX CD『腕舞句』や、KKによる RAP ALBUM『Light in a Fog』にも参加している。 2007年、Libyus MusicのV.A.''Listening is Believing vol.2''に参加後、10/29にニューアルバム『シュルデイズ』をリリース。



◆KSK (ケーエスケー)

北海道帯広市在住、project sage/SAGEDISC所属。 2002年、フリースタイルに衝撃を受けラップを始める。実の兄でもある dj HIROとの"Freedom Hill"等にて経験を積んだのち、 2006年Michitaと出会いにより"project sage"を発足。一語一句を大切に、等身大の自分を歌い続ける。 現在、ソロアルバムを製作中。



◆Ni-YANG(ニーヤン)

1996年MCとしてのキャリアスタート。 フィラデルフィアでDrill Moglerとしての活動を経てこの地に立つ無店舗型ビートマエストロ。 韻の心とジャーナリズムを大胆に表現する独自のスタイルを断固として追及している。 昭和イズムのマイクロフォン&伝承者。








◆椿あぽりあ

中学時より、幼少期からPianoをひいていた【kazoo】の影響でGuitarを始める。 高校時より、作詞作曲を始める。アーティストネームを【椿祐輔】と本名で活動し、弾き語りスタイルでのLIVEを多数こなす。 第一回湘南街角音楽祭藤沢地区優勝、決勝敗退。 2007/Rainy Channel Posseを結成。この頃からアーティストネームを【椿あぽりあ】とする。 音楽のジャンルをR&B,Acousticへとシフトチェンジする。同時にGospel Singerとしてのキャリアもスタート。次第に音はmellowになっていく。 2008/First Demo EP【SELF PORTRAIT】発表。



◆あるぱちかぶと 【SLYE RECORDS】

86年生まれ。転勤族の血筋を引き、忙しない少年時代を送る。 現在東京都在住のいちMC。世紀末系歌人。自称ヒポコンデリー。或蜂一匹。 2005年より活動を開始。透明感のある声質で濁った頭をぶつけるスタイルは魂が唄っているようであると評され、 本人曰くその詩は極めて個人的でありながら抽象的。 あるぱちかぶと、シマダカズユキ、Eccyの2MC+1DJのユニット"The Reservoir Voxx"として活動し、 その代表曲"Monochrome Searchlight"がEccyのデビューシングル"Ultimate High"にカップリング曲として収録され、高い評価を得る。現在はソロとして活動し、様々なプロデューサーとの共演を計画中。 4月中旬SLYE RECORDSよりシングル発売予定。



◆Shinya Cunel(シンヤ クーネル)

鶴舞う群馬在住、大好きなビートと戯れ約十年、Hisomi-TNPと共に活動している。 お客さんゼロ人の前で歌うのを最も得意とする世界一控えめなラッパー。 暇を見つけてはひとりフリースタイルで遊んでいるとか。








◆ELIAS (エリアス)

1998年、DJとして旭川にて活動を始める。翌年、マイクを握り、札幌へと活動を移す。 2003年、"Loop Junktion"の「My Home Town Is」に参加。北海道で多数のゲスト出演をし、FIVE DEEZ、FUNKY DL、 nujabes、瘋癲、TWIGY、LUNCH TIME SPEAX、Q-ILL、YAMAJIN DA SPORTSMEN等と多数のライブを経験。 現在、MORROW ZONE開催"VOLTAGE"にレギュラー出演。今年、ソロリリースへ向けてトラックメーカーにDJ DOGG、Michita、Professor Ill Beats等を迎え製作中。



◆Project Sage (プロジェクト セージ)+豊川容子

2006年、Michitaが中心となり活動を開始。週1回のミーティングを欠かさす、切磋琢磨しながら音楽を探求する。帯広のラッパーの"KSK"、"RELORD"、札幌在住のフィメールラッパー"72"がオリジナルメンバーとして在籍。 2007年からシンガーソングライター"豊川容子"が参加、zacophが休止中。2008年、個々ソロ作品リリース予定。









ページトップに戻る