TOP 主旨説明 HD6へのメッセージ  進捗状況 収支報告 Q&A プライバシーポリシー Mail

このホームページにアクセスされた方の大多数は「6人のHOUND DOGに戻って欲しい」という同じ気持ちのKIDSだと思います。
その中で新聞の広告欄にファンとしての声を届けることを提案させていただき、お手を煩わせる事はわかっていたのですが賛成・反対のご意見をハガキにてお願いしました。
メールではなくあえてハガキでお願いしたのは、いずれの意見にしても同じKIDS同士もっとも相互の信頼が得られると考えたからです。
本日までに届いたハガキを集計した結果、以下の通りとなりましたので報告させていただきます。

 

賛成165枚(264名)   反対  0枚  他事務局への反対メール4名
協力金額 830,000円

 賛同ハガキを送っていただいた方、ご意見メールを送っていただいた方、本当にありがとうございました。

 

全国から多数の賛同ハガキを頂戴することができましたので今回の提案を実行に移したいと思います。

ご賛同いただいた皆様には、事務局よりお振込先等をハガキにてご連絡をさせていただきますのでよろしくお願い申しあげます。
協力金額につきましては、残念ながら目標の150万円には達しませんでしたが、先日このHPをご覧になった広告関係者からご連絡をいただき、当初の予定より安価にて新聞掲載が出来る可能性が出て参りました。

その方と近日中に打ち合わせを行い掲載規模/形式/掲載日を含め再検討し改めてご報告させていただきます。

私たちが愛するHOUND DOGの事がゴシップ的に報道されるたびに、ただ愕然とするだけで、「もうファンを辞めたほうが楽になるのではないか」と思うくらい落ち込んでしまう日々が続く中、全国のたくさんの熱いKIDSに出会えて、熱いメッセージをいただけた事に感謝の思いで胸いっぱいです。
これだからKIDSは辞められませんね。

また
反対意見をくださいました方々にはご納得いただける返答ができず申し訳ございませんでした。

一部の方からは正直かなり厳しいご意見も頂戴いたしました。
私達の愛するバンドであったHOUND DOGがまたメンバー同士で理解しあい、頑張ってくれるなら、とことん「ファン」として一緒に楽しんでいきたいという意志があることを、メンバーはもとより多くの関係者の方々にも知っていただきたいと考えた事が、違う形で捉えられてしまった事にはかなりショックを受け、悩み、協議しました。
しかしながら、多くの方にご理解いただき、ご賛同いただきました。この熱い気持ちを無にしないためにも胸を張って進めさせていただきたいと考えます。
たしかにファンの領域を逸脱しているのかもしれません。
ただ、四人になったと知った時のように、自分達の気持ちを抑えるような事はもうしたくないと思っています!

HOUND DOGの曲に共に感じてきたことは失なわずに!

“信じた道を行くこと”“行動すること”“諦めないこと”“後悔しないこと”

ただのバカなのかもしれません。
でも、何よりも賛同してくださった皆様のメッセージを見て、想いを知って、そう思われてもいいと感じる私達です。
想いを、意志を伝えてくださった皆様には本当に感謝しています。
皆様の想いがあったからこそ、私達も共に進む気持ちをあらためて確認できました。 

全国に散らばっている発起人達が連日連夜無い知恵を絞りあい、考え、行動に移しました。
それが今、多くの誠意あるKIDS達の強い意志へとなりました。
6人のHOUNG DOGが復活することをただただ願って・・・

 

また、他にもアイデアをお持ちの方がいらっしゃいましたら是非ご連絡下さい。HOUND DOGのためになると判断できる内容であれば、微力ながらぜひご協力させていただきたいと思います。

 

2006.8.19 発起人一同