指揮者・ソリスト・管弦楽団   プロフィール 
福島 章恭
(ふくしま あきやす)
   桐朋学園大学声楽科卒業。声楽を荻谷納、移川澄也、指揮法を紙谷一衛、リコーダーを守安功の諸氏に師事。1996年、ベルギーのナミュールにて、F.ベルニウスの合唱指揮マスタークラス受講。 2004年6月、ウィーン・ムジークフェライン大ホール、ザルツブルク・モーツァルテウムにて、高田三郎「水のいのち」を現地初演。 2005年10月、プラハのスメタナホールにて、高田三郎「水のいのち」、ドヴォルザーク「ミサ曲ニ長調op.86」を指揮。 2006年12月、ウィーン・ムジークフェライン大ホールにて、モーツァルト「レクイエム」、「交響曲第40番ト短調」を指揮(チェコ・プラハ管弦楽団)。2009年1月、ウィーン・シュテファン寺院より招聘を受け、モーツァルト「レクイエム」を指揮(シュテファン大聖堂オーケストラ、レジェンド・オブ・モーツァルト合唱団)2010年11月、日本人初となるバチカン「システィーナ礼拝堂」での合唱コンサートを指揮(コチャール第3のミサほか)。現在、東京ジングフェライン、長岡混声合唱団、富士ベートーヴェンコーラスなどの指揮者として活躍。音楽評論家として、1994年アリオン賞(現・柴田南雄音楽賞)奨励賞受賞。著書に「モーツァルト百科全書 名曲と人生を旅する」「交響曲CD絶対の名盤」「モーツァルトをCDで究める」(以上、毎日新聞社)「クラシックCDの名盤」「クラシックCDの名盤・演奏家篇」(共著・文春新書)などがある。 自他ともに認めるアナログ・オーディオマニアでもある。
文屋 小百合
〈ソプラノ〉
   国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業、及び同大学大学院音楽研究科声楽専攻オペラコース修了。二期会オペラストゥーディオ第45期修了、プロフェッショナルコース第5期修了、修了時に優秀賞を受賞。中山早智恵氏に師事。第3回東京音楽コンクール声楽部門第1位。オペラでは、「ポッペアの戴冠」タイトルロールに出演、「エジプトのジュリアス・シーザー」のクレオパトラ役に出演、二期会オペラ公演「蝶々夫人」にてタイトルロールに出演。「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ役に出演。宗教曲や、「第九」のソリストとして数々のコンサートに出演。NHKFM「名曲リサイタル」に出演。2011年3月に東京文化会館小ホールにてソロリサイタルを開催。
田村 由貴絵
(メゾソプラノ)
   お茶の水女子大学文教育学部フランス文学専攻卒業。東京芸術大学音楽学部声楽家卒業。同大学院音楽研究科声楽修士課程オペラ専攻修了。二期会ニューウェーブオペラ(鈴木雅明指揮)では『ポッペアの戴冠』のオッターヴィア役、『エジプトのジュリアス・シーザー』ジュリアス・シーザー役に出演する。ドラベッラとして出演した二期会本公演オペラ『コジ・ファン・トゥッテ』(宮本亜門演出)は文化庁芸術祭大賞を受賞した。二期会公演では『カルメン』メルセデス(佐渡裕指揮)、『エフゲニー・オネーギン』オルガ、『サロメ』小姓などに出演。『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル、『イドメネオ』イダマンテなど。コンサートではバロックからロマン派の宗教曲のほか、マーラー交響曲第2番『復活』や『大地の歌』、ベートーヴェン『第九交響曲』などにもアルトソリストとして出演している。二期会会員。
望月 哲也
(テノール)
   東京芸大および同大学院修了。二期会オペラスタジオ修了。ウィーン国立音楽大学研究科リート・オラトリオ専攻にて研鑽を積む。平成19年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員。オペラでは06年の《皇帝ティトの慈悲》における歌唱・演技は新聞雑誌等で高い評価を得、10年《ラ・ボエーム》に出演。この他にも多数出演している。宗教曲の分野でも評価は高く、《マタイ受難曲》《ヨハネ受難曲》の福音史家をはじめ、そのレパートリーは30作品以上にもわたる。CD《Il mio Tesoro》《Amarilli》《ひそやかな誘い~リヒャルト・シュトラウス歌曲集》をリリース。08年3月にはポーランド・レグニツァ市立劇場《魔笛》タミーノ役でヨーロッパデビュー。同年8月にはオーストリア・シュタイアー音楽祭に出演するなど、ヨーロッパでの活動の場を広げている。鈴木寛一、A.ポーラ、E.ヘフリガー、W.ムーアの各氏に師事。二期会会員、聖徳大学講師
成田 博之
(バリトン)

国立音楽大学声楽科、同大学院オペラコース修了。文化庁オペラ研修所第10期修了。第8回日本声楽コンクール1位。第69回日本音楽コンクール3位。第5回藤沢オペラコンクール2位。2003年ミトロプーロス国際声楽コンクール(アテネ)最高位。錦織健プロデュース・オペラ「愛の妙薬」ベルコーレ、佐渡裕プロデュース・オペラ「カルメン」エスカミーリォ、新国立劇場「アンドレア・シェニエ」ルシェー、「沈黙」バリニャーノ、「愛の妙薬」ベルコーレ、二期会オペラ「ラ・ボエーム」等に出演。クラシカル・クロスオーバー「The JADE ザ・ジェイド」(http://thejade.jp/)のメンバー。CD「手紙」「くじらのあくび」「リヴァイブ」「成田博之バリトン・リサイタル2012」をリリース。二期会会員。国立音楽大学講師。尚美学園講師。

日本ニューフィルハーモニック管弦楽団     1979年「音楽を通して人間教育」という理念にもとづき、これに賛同する演奏家によって発足。テレビ出演、オペラ、バレエ、親子コンサート、名曲コンサート、オーケストラ鑑賞教室などで幅広く活動を続け、07年「皇帝&未完成」や東大和市民合唱団「第九を歌う会」との「オペラ合唱曲」フォーレ「レクイエム」「第九」演奏会などで高い評価を得る。2009年9月13日サントリーホールにて創立30周年記念公演を行う。






東大和市民合唱団「第九を歌う会」第13回演奏会
ヘンデル作曲「メサイア」

公演日:平成25年3月10日(日)
開演:午後2時30分(午後2時開場)
会場:ハミングホール(大ホール)
演奏曲目: ヘンデル作曲「メサイア」全曲

指 揮: 福島 章恭
(ふくしまあきやす)

ソリスト
文屋小百合
(ソプラノ) 
田村由貴絵(メゾソプラノ)
望月 哲也
(テノール)
成田 博之
(バリトン)

管弦楽: 日本ニューフィルハーモニック管弦楽団

入場料:2,500円
(全席自由) 
平成24年12月6日(木)発売開始
発売中!
メールでお申し込みが出来ます。

完売しました!
チラシを掲載しています。

トップページ 合唱団の紹介 演奏会の記録 演奏会情報 合唱団員募集  練習日程   リンクのページ
 チラシをクリックすると、チラシを印刷することが出来ます。
    

              チケットのお求めはこちらから!




               ページのトップへ