現在この掲示板は、記事からはメールを送れない設定になっています。メールアドレス を入力して投稿した場合、管理人は管理画面の投稿の管理の投稿者名からメールが送れます。
検索した動画を記事に埋め込むことができます。
※掲示板設定で、[画像の貼付][動画の貼付]を共に許可している必要があります


みなさん凄いですねぇ  投稿者:まーくん45  投稿日:2008年 9月30日(火)00時32分33秒   返信・引用
   自分のギターについて知れて嬉しいです。
 ホント、30年前に高1の時には、ヤマハやモーリスじゃなく、林ギター製作所っていうのが損した気分で子供?心に悲しかったんですよ。でも今ではギター の目利きとして全国的にも有名な店長が「このギターはいいよ」って言ってた言葉が唯一のよりどころだったんです。
 数年前、おもちゃとしてオベーションのセレブリティーを買って弾き始め、随分弾いてなかったライダーを出して弾いてみたらびっくり。鳴るんですよ。で、 試しに楽器屋でいろんなギター弾いてみたら自分のライダーの方が絶対、いいんです。今では店長に感謝です。
 ちなみに、その楽器屋はここ10年ほど、目利きと調整が口コミで広まり地方の小さな楽器店であるにもかかわらず、東京や九州からもメールのやりとりだけ で20万以上のギターを信用売りしてた楽器屋です。今では楽天にも出店してます。
 

でたー!撫で肩奉行様!!  投稿者:けーちゃん  投稿日:2008年 9月30日(火)00時12分32秒   返信・引用  編集済
  YAS様!お懐かしゅうございます!m(_ _)m Ha ha〜っ!

やっぱりお奉行のうんちくは違いますね〜!
そうですね、できればBJとHJのXXブレースの違いを並べて見てみたいですね。
HJ-908とHSJ-Customのバックブレースを見てみても少しずつ違っているので
進化の為に試行錯誤を繰り返されてるのだなと感じました。
またご教授を賜りたいと存じます。

おかげさまで、やっと私も撫で肩フェチを自称できるようになりました。
BJとHJを見せて呆れていた友人に「今度は色違いのを作ってもらったよ」と三兄弟の写真を見せたら
撫で肩を落としておりました。 おあとがよろしいようで……(^^;
 

Rider SJ-Model  投稿者:YAS  投稿日:2008年 9月29日(月)21時47分50秒   返信・引用
  え,なで肩??
Rider には幾つかの撫で肩SJがありましたね。XXかどうかは穴に手を突っ込んで「はらわた」の構造に触ってみるか,手鏡で「U草教授」になるか,で確認できま すよ。
RJ-401の場合には76年頃のものはノーマルXブレース,77年頃になるとXXブレースになります。その頃のモデルは Burny BJ-60 と構造も材も多くの部分でほぼ共通ですが,ネックブロックを見ると材もやや劣っているように見えますし,ナットやストリングピンなどでも明らかにコストを 下げており,見えないところやカタログスペックに記載されない部分でコストを抑えたBJのセカンドライン的な製品に見えます。ちなみにXX以前のRJでは ヘッドのトラスカバーはダミーで実際のトラス調整はサウンドホール内が基本構造。XXの頃にはヘッドからのトラス調整です。 ダミーカバー@ヘッドとトラ ス@ホールという組み合わせはRJ以前のマウンテン撫で肩からの踏襲です。マウンテンもライダーも八塚プロデュース,林製作となります。
なお,当時のBJのXXと現行HJのXXは,微妙に構造上の違いがあり,完全に同じブレースではないはずです。
30年前のBJは製作当時はそれほど「大きな鳴り」はしてなくて,XX構造ゆえにトップの振動が制限されたためであろう,と百瀬さん自身も考えていたよう ですが,30年後のBJの鳴りを確認されて「こんなに鳴るようになるとは,正直思ってなかった」とその成熟ぶりに感嘆されておりました。
BJもRJも銘機ですね。ぜひ大切にしてあげてください。
BJ60〜HJ908〜HJCustom は大変正統的な百瀬作撫で肩フェチの王道です!!!
 

アコーステイック楽器  投稿者:まーくん45  投稿日:2008年 9月27日(土)20時56分26秒   返信・引用
   ギターの事はよくわかりませんが、僕の持っているコントラバス等のバイオリン系の弦楽 器は、古いから良いと言うものでは ありません。経年で良くも悪くもなります。本来の作りや材質に大きく影響されます。簡単に言えば経年に耐えられるかどうか。そしてあとは、使用・保管環境 と鳴らせ方ですね。ヨーロッパでは数億円の価値のバイオリンを保管する場合、毎日定期的に優秀な演奏者が楽器を鳴らします。鳴らさないと鳴るようになるま で時間がかかります。有名なヤイリさんでは、出来上がったギターを寝かせておくときに、音楽をかけているというのをドキュメンタリーで見ました。
 良い人が弾くと良い音の楽器に鳴るのが面白いところですね。
 僕のコントラバスも購入の決め手となったのは楽器の姿や音もありましたが、前の持ち主が芸大の学生で毎日ガンガン鳴らしていたからです。
 



怖いカミさん  投稿者:HWファン  投稿日:2008年 9月27日(土)17時38分35秒   返信・引用
  浜中さん、素晴らしい御教授ありがとうございました^^
しかし、うちのカミさんはなかなかの強者で(汗)
多分、丸め込もうとしたこちらが丸め込まれて、そんなお金があるなら
何々が欲しいとか言われそうです。
ところで今、Headway Guitar 最高!のお宝ギターを眺めていたら
某オークションにでているギターと同じシリアルのものがありました。
どうやらその方が出品されているみたいですね。
なんかそこのコメント見ているとカミさんに隠れてどうしても欲しくなっちゃいましたが
狭い家なので買ったギターを隠しておける所がありません(涙)
みなさんのご家庭がとてもうらやましいHWファンです。
やっぱりアコスティックの楽器は古くなるほど良い音がするもんなのでしょうか。
一度、弾いて見たいものです。
 


財形貯蓄  投稿者:まーくん45  投稿日:2008年 9月27日(土)09時34分48秒   返信・引用
   財形貯蓄・・・・良い表現ですね。
 それまで持っていた茶木製の50万のコントラバスの音が物足りなくて、8年くらい前に、芸大の学生が150万で委託販売に出していた楽器を120万で購 入しました。バブルの頃は天井知らずで値が釣りあがってました。コントラバスは良い楽器の場合、50年を超えるとオールドと呼ばれます。良くない楽器は、 いつまでも中古と呼ばれますが。
 150年前のハンガリー製の楽器なので、僕が10年、20年使ったところで価値は落ちません。
 買値では売れるでしょう。
 ギターに100万て凄いですね。33年前で、そんなにするんですね。
 ギターが上手だったら、J45を買いたいです。
 今日、楽器屋に持っていって調整に出します。
 もちろん、僕も弾きますが、子供に取られちゃうっていう展開も嬉しいかな?って思います。ちなみに子供は40年前の僕が使ったピアノでピアノを習ってま す。40年前に30万くらいの値段のカワイですが、今だと80万クラスのじゃないと同じような音は出ません。
 子供の為・・・っていう理由も使えるかも知れませんね。
 

Re:30年前のギター  投稿者:浜 中  投稿日:2008年 9月27日(土)07時14分6秒   返信・引用
  > HWファンさん

 初めまして、4年ほど前に20年振りくらいにアコギに復活した浜中と申します。
 復活当初は安いギターでも満足できていたのですが、だんだん高いギターも欲しくなって、今はマーチンやヘッドウェイなど十数本を所有しています・・・腕 は高校時代とあまり変わっていないような気もしますが(^_^;)
 それで、高い物は100万円ほどした33年前のD−45があったりしますが、妻には「これは財形貯蓄だ」と言って許してもらっています(^_^)
 古いギターはあまり値段が変わらない(なかなか高くはなりませんが)ので、例えば10年くらい弾いて何らかの理由で処分する場合でも、普通に使っている 限りでは、委託販売の手数料くらいしか損をしません。
 もちろん人気モデルだと、買った時より高く売れることもありますので、さらに損をする金額は少なくなります。
 ただ、ギターに限らず、中古の物は買うとき高くて売るとき安いのが常ですから、短期間で売買を繰り返すと損失が大きくなってしまいますが・・・私への自 戒ですけど(^_^;)
 いろいろ書きましたが、ギターを買うとき、「趣味の物だけど財形貯蓄をしているようなもので、ボケ防止にもなる」と言って説得するのも1つの方法で、さ らに良いのは妻にもギターを弾かせることです。
 我が家も3年ほどかかりましたが、今は2人でギターを楽しんでいますよ(^_^)
 

30年前のギター  投稿者:HWファン  投稿日:2008年 9月27日(土)02時38分29秒   返信・引用
  最近、何故かAGブームが来ている40代後半のオヤジです。
はじめまして。
まーくん45さんの30年前のギターってなんかすごいですね。
Headwayギターをずいぶん昔に御茶ノ水のある楽器屋さんで試奏させてもらって
その時の音のイメージが脳裏によみがえってきました。
その時は10万円近くするそのギターを手に入れられなかったのですが(予定予算は3万だったので)
今は少し余裕が出てきたのでまたHeadwayを手に入れたい衝動に駆られています。
とは言っても10万はさすがに趣味で投資するのは怖いカミさんに怒られそうですが。
多分、まーくん45さんのギターは百瀬さんがHeadwayを設立した頃のギターだったんでしょうね。
某オークションにまさにその頃のギターが出品されているのを昨日見つけて
どうしようか悩みましたが・・・多分カミさんがNGを出すので無理ですね。
これからもちょくちょく顔を出そうと思いますのでよろしくお願い致します。
 

うーん・・・・  投稿者:まーくん45  投稿日:2008年 9月26日(金)21時59分54秒   返信・引用
   サイトで理解はしましたが・・・・分解しないとわからないのでは?
 どちらにしても、お気に入りなので大事にしたいと思います。30年前のギターですからね。小学生の息子が中学生になってギターに興味を示したら貸しま す。
 音はやっぱりギブソン系なのでしょうね。マーチン弾かせてもらった個とがりますがマーチン系の音は好きになれません。
 

>ダブルXブレイシング  投稿者:DUCK  投稿日:2008年 9月26日(金)20時37分47秒   返信・引用
  まーくん45様

クロスしているブレーシングが二つあるのでダブルXブレイシングと呼ぶのだと思いますが、言葉で説明するよりも下記サイトの写真を見たほうが早いですよ。
音の特徴としては「よりパワーのある低音を引き出す」と書かれていますね。

■飛鳥ホームページ
http://momoseguitar.com/
「ENTER」→「製品情報」→「HeadwayGUITARS」→「ヘッドウェイのブレイシング」
 

ダブルXブレイシング  投稿者:まーくん45  投稿日:2008年 9月26日(金)19時41分31秒   返信・引用
  ダブルXブレイシングってなんですか?

拓郎の「明日に向かって走れ」のジャケットのJ45に憧れました。当時はギブソンともJ45とも知りませんでしたが。いまだに、ギターは黒と茶のボカシし か自分の中では認めてません。遊び用にはオベーションも持ってますが・・・・・。
 

ライダーJ401  投稿者:まーくん45  投稿日:2008年 9月26日(金)19時38分35秒   返信・引用
  購入は77年でしたね。という事はギリギリ、百瀬氏の作と言う事になりますかね?
 自分で画像を撮ってみてWEBにのっかると、実にいい色をしてますねぇ。音も好きなんですが。近々、糸巻きなんかを新しいのに交換してついでに簡単な調 整をしてもらう予定です。

 ピックガードをギブソンみたいな形のに取り替えたら、日焼け跡とか目立ちますかね?
 

RE: ライダーギター  投稿者:けーちゃん  投稿日:2008年 9月25日(木)23時15分46秒   返信・引用  編集済
  まーくん45様

美しいなで肩ですね!早速の「なで肩」情報嬉しいです!

「旧Rider 情報」のコーナーにもJ-401が紹介されていますよ。
http://headway1.hp.infoseek.co.jp/rider/gazou/j-401/j-401.html

やはりたくろうのJ-45に魅了された方は多いですね。私もその一人です。(汗
結構昔からサザン・ジャンボのコピー・モデルもあったんですね。当時は気がつきませんでした。
良い音しそうですね!やはりダブルXブレイシングなのでしょうか?
どうぞいつまでも大切にしてあげて下さい。
 

間違い  投稿者:まーくん45  投稿日:2008年 9月25日(木)00時21分39秒   返信・引用
   購入は高1ですから、79年でした。  

ライダー ギター  投稿者:まーくん45  投稿日:2008年 9月25日(木)00時15分33秒   返信・引用
   73年の春に、高校入学の際に買って貰ったギターです。ライダーJ401です。
 25000円くらいだったと思います。当時はヤマハやモーリスしか知らなくて「林ギター製作所」っていうのがなんだか淋しい感じがしたんですが、店長の 「いいギターだよ」っていう言葉と、拓郎のJ45に雰囲気が似ていたので決めました。
 今でも、そこいらのギターよりも良い音が出てるような気がするんですが・・・・。アルペジォよりもストロークがいい感じ。
 どなたか同じの持ってる方いらっしゃいますか?
 

ありがとうございます!  投稿者:けー ちゃん  投稿日:2008年 9月19日(金)07時47分7秒   返信・引用  編集済
  ころさん、DUCKさん

ころさんがこのHPを立ち上げて頂いたり、DUCKさんがギターを紹介して頂いたおかげで
大好きなギター達とめぐり逢えたのだと思います。心より感謝申し上げます!

思えば、30年以上の付き合いのBJ-60が本当にいい音をしていたので
いつかこのギターの、できれば「Y.momose」のサインの主の
オール単板仕様のものを弾いてみたいという思いから
このHPにたどりつき、HJ-908LTDと会う事が出来ました。

その時も大変な喜びがありましたが、その後このHPで過去に話題にもなった
HJモデルに「ダブルXブレイシング」が復活し、いよいよBJと同じ構造の
オール単板モデルに巡り会えるとなって、今回のHSJ-CUSTOMにつながりました。
そして思い通りの「音」に出逢うことが出来ました!しかもかっこいい!!
これ以上の喜びはありません!

このギターの販売を始めたYザワ楽器のN野店長にも感謝しなければいけませんね。(笑
いつまでもこの三兄弟を大切にしていこうと思います。
 

HSJ-CUSTOM  投稿者:DUCK  投稿日:2008年 9月18日(木)21時03分2秒   返信・引用
  けーちゃん様

HSJ-CUSTOMのご購入おめでとうございます。
以前おっしゃっていたのはこのHSJ-CUSTOMのことだったんですね〜!やっと意味がわかりました。
百瀬さんの作られたHSJ-CUSTOMを弾いた瞬間、私のJタイプへのイメージ(ストローク向きで、単音は?みたいな先入観)は大きく覆され、衝撃的な 出会いだった事を今でもよく覚えています。本当に大好きなギターです。
けーちゃんさんもきっと満足されていると思います。それにしてもなで肩三兄弟は見事ですね。ピックアップもつけられてどのギターも「よし!これからライブ に行くぞ!」って勇ましく思います。
 

HEADWAYへの憧れ  投稿者:デュアンオールマン好き  投稿日:2008年 9月18日(木)12時50分32秒   返信・引用
  私もショウタさん同様に大学卒業祝いとしてヘッドウェイのギターを
買おうと思っています。
スタンダードシリーズに的を絞ったんですが中々選べない日々です。
HO−X01がもしあれば迷わず買っていたと思いますが無いのが残念です。

ロングスケールつながりでHD−101に興味を持ちましたがあまり置いてある
お店がないようですね。私も早くヘッドウェイオーナーになりたいものです。

皆さんのギターを拝見して羨ましくなり初書き込みをした次第です。
 

おめでとうございます。  投稿者:こ ろ  投稿日:2008年 9月18日(木)07時08分53秒   返信・引用
  >ショウタさん
カスタム・オーダー、おめでとうございます。
完成が待ち遠しいですね!先日のオーダーで完成が4月以降ということは、
かなりオーダーが立て込んでいるのでしょうね。
生産本数が少ないから仕方が無いですけど。。首を長くして待ちましょう!
待っている期間も楽しいもんですよ!

>けーちゃんさん
HSJ-Customですか。完成おめでとうございます。
ヘッドインレイやらポジションマークやら、ゴージャスな撫で肩の完成ですね!
音も納得のギターとのことですが、ルックスもステージ栄えのする一本ですね!
 

CUSTOM  投稿者:ショウタ  投稿日:2008年 9月18日(木)02時29分9秒   返信・引用  編集済
  お久しぶりです。
だいぶ前に大学卒業祝いにCUSTOMをしようかな?といっていたショウタと申します。
以前の僕の投稿を見て不快に思われた方、大変申し訳ありませんでした。

つい先日オーダーをしてまいりました。
HD-701 CUSTOM
でございます。
納期は来年の4月以降になるということなのですが・・・

楽しみで仕方ありません(笑)。
掲示板を見させていただいたところ、沢山の方々もCUSTOMをしていらっしゃるそうで、早くお仲間になりたいです。

ギターが出来上がりましたらぜひ、ギターを掲載していただければ本望でございます。

卒業祝いなのに一年も前に来るじゃないか、とお思いでしょうが・・・
その辺は気にしないでください(笑)
 

なで肩三兄弟見参!  投稿者:けー ちゃん  投稿日:2008年 9月18日(木)01時38分23秒   返信・引用  編集済
  ころさん、Headwayファンの皆さん、こんにちは!
ついに完成しました!HSJ-CUSTOM(S/N #002120)です!
もうひとつなで肩の話題が出ないので全部ぶちまけてみました!(汗
左からHSJ-CUSTOM、HJ-908LTD、BJ-60の皆さんです。
YASさんはじめ、なで肩ファンの皆さんはお元気でしょうか?(涙

こうしてみるとコダワリというかカタヨリが激しいんだなとつくづく思う今日この頃…
でも好きなんだからしょうがないっ!てことで、ニュー・ギター・コーナーの
DUCKさんのHSJ-CUSTOMにすっかりやられてしまい(もう、DUCKさんの意地悪!)
「なんだよ、こんなのあんじゃん!」と必死に検索して行くと
Yザワ楽器さんのショップ・オーダーらしい。
問い合わせてみたらビンゴ!だったのと、ちょうど2本オーダーするところとの事。
1本を自分の分に当ててもらい少し仕様を変更してもらいました。

ペグボタンをキー・ストーン・タイプに、ブレイシングをダブルXに、
フィッシュマン/レア・アース・ブレンドPUを搭載してもらいました。
去年の暮れの問い合わせから約10ヶ月かかりましたが弾いてみてビックリ!
HJ-908LTD(Xブレーシング)よりもBJ(ダブルXブレイシング30年物)に音が似ている!
Yザワ楽器さんから一緒にオーダーされたサンバーストのHSJ(こちらはXブレイシング)は
HJ-908LTDに出音が似ていてやや硬質な感じでした。
今日の練習でバンドの相方のY社 L-15(30年物ハカランダbyテリーさん)とも音がよく似ていることが分かり
新品なのにとてもふくよかな柔らかい聴きやすい音で大変気に入りました!
また「Headway=硬質なサウンド」のイメージが変わりました。

長くなりましたのでこの辺にしますが写真が撮れましたら
ニュー・ギター・コーナーに載せて頂きたいと思っています。m(_ _)m
10月のライブには彼を引っさげてやってきます!
それでは、またまた!
 

Re: ハカランダ・カスタム  投稿者:浜 中  投稿日:2008年 9月15日(月)15時26分26秒   返信・引用
  > No.2724 [元記事へ]

DUCKさんへのお返事です。

> DUCKさん ころさん

> え〜!ハカランダギターを予約されたんですか? Σ(*゚∀゚*)スッゴー!!

 まだ予約しただけですので、本当の喜びと支払いの恐怖は半年以上先になります(^_^;)
 それと今回の企画の狙いは1938年のD−45の再現だと思うのですが、さすがにD−45タイプのひゃくじゅうごまんえんは無理でした。
 ただ、D−45とまったく同じスペックでデザインだけ違うD−28を作る予定だったそうですから、せっかくなので当時のD−28(というと現在のD− 28オーセンティックになるそうですが)と同じスペックでの製作をお願いしたところです。
 DUCKさんが70年後〜と書かれていますが、唯一の悩みは私が生きているうちには本当の鳴りにはならないだろうな・・・ということですね。
 半年以上先にはなりますが、無事入手できたらまた報告させてもらいます。
 

ハカランダ・カスタム  投稿者:DUCK  投稿日:2008年 9月15日(月)14時12分49秒   返信・引用
  浜中様

え〜!ハカランダギターを予約されたんですか? Σ(*゚∀゚*)スッゴー!!
百瀬さんの高い手工技術と質の高い材料があいまって、まさしく理想のギターの誕生となりそうですね。
百瀬さんの得意とする抜けの良い音とハカランダ材の甘い香りできっと心が癒されますよ。
70年前(1938年製)のギターを採寸している百瀬さんの写真がありますが、70年後はもしかするとこの百瀬さんが作られたギターを誰かが採寸している かもしれないですね。
浜中さん、”素晴らしいギターになること間違いなし!”ですよ。
 

おめでとうございます!  投稿者:こ ろ  投稿日:2008年 9月14日(日)18時43分48秒   返信・引用
  >ごんたさん
カスタムモデルの完成ですか!おめでとうございます。
弾いていて楽しいギターが一番ですよ!良いギターで良かったですね。

>浜中さん
ハカランダモデルを予約されたのですか。すごい!
僕は写真を見ながら「う〜〜ん」と唸っていました(笑)
すごいギターになるでしょうね。。。うらやましい〜〜〜。

HD-220の方、遅くなりすいません。。。 m(__)m
 

WOODMAN CUSTOM BLAZIL!  投稿者:浜 中  投稿日:2008年 9月14日(日)16時09分37秒   返信・引用
   もうご存じの方もおられると思いますが、ウッドマンがハカランダのカスタムモデルを製 作するみたいです。
http://www.woodman.co.jp/topix/20080808/index.html
 これを見てから何日も悩んだのですが・・・とうとうD−28タイプ(♯1の方)の予約を入れてしまいました(^_^;)
 ハカランダを使った百瀬さんのギターをこの値段で入手するチャンスは、多分もうないかなと思ってしまいました。
 高いのか安いのかよく分かりませんが、私にとっては「究極の1本」になるだろうと思っています(^_^)

PS.ころさん、HD−220の掲載もよろしくお願いします・・・別に急ぎませんが。
 

ついにできあがりました  投稿者:ごんた  投稿日:2008年 9月14日(日)00時31分9秒   返信・引用
  HO-501ベースのカスタムモデルが今日届きました!本日より皆様の仲間入りができて うれしいのです。音は柔らかな感じ で、これからどんどん鳴ってくれると思います。なんといってもネックの握りやすさ、弦高のバランスが非常に良く、うまくなったかと錯覚するほどです。これ からが楽しみです!ただの報告になってすみません・・・  

>FG180宝さん  投稿者:こ ろ  投稿日:2008年 9月12日(金)07時13分1秒   返信・引用  編集済
  私もモデル名だけでは判別が付かないようになってきました(笑)
同じ型番を違うモデル(過去のモデルと今のモデルになど)使われると
後は仕様の違いを見極めないといけないですからね。

まあ、何かわかりやすいレギュラーモデルの年表みたいなものを
作れないか検討します。FG180宝さんも具体的なアイデアがあればお願いしますね。
 

>K01さん  投稿者:こ ろ  投稿日:2008年 9月12日(金)07時08分54秒   返信・引用
  HF-012に限らずですが、多くの限定ギターはカタログなどもなく、
拠り所となる、まとまった資料がない状況ですので、後で調べようとすると
わからないということがよくありますからね。

生産本数が少ないと、そのスペックなどを知っている人も少ないですし。。
調べるのも楽しいですし、色々とやってみてください!
 

HF-012について  投稿者:KO1  投稿日:2008年 9月11日(木)19時04分47秒   返信・引用
   ころさま、O・Rさま、ありがとうございました。

 掲示板の過去ログなどにも、このギターのことが書かれていたので、いろいろ
情報が得られるかな?と思ったのですが・・・。

 HF-012に限らず、Headwayのギターの事をもう少し勉強して、自分に
合った1本を探したいと思います。
 

気をつけてください  投稿者:FG180宝  投稿日:2008年 9月11日(木)16時06分20秒   返信・引用
  この手の非常識な書き込みがマーチン愛好家の掲示板にも蔓延っています。


>ふくはまさん
そうですね。すみませんでした。
 

Re: くだらないことですが  投稿者:ふくはま  投稿日:2008年 9月11日(木)10時54分34秒   返信・引用
  > No.2713 [元記事へ]

FG180宝さんへのお返事です。

そう言った要望は直接ディバイザーさんになさって下さい。この掲示板で愚痴るのはいかがなものでしょうか?
 

Re: HF-012について  投稿者:O・R  投稿日:2008年 9月 9日(火)21時11分32秒   返信・引用
  > No.2711 [元記事へ]

KO1さま・ころさま・ならびにオークションをご覧になっていられる皆さま。

はじめまして。私、今回のオークションでHF−012を出品させて頂いてるO・Rと申します。日ごろからここのホームページを楽しく拝見させていただいて おり、管理人のころ様にはとても感謝しております。

今回私が出品したギターのことで、何かしら話を大きくしてしまい、申し訳ありません。私のこのギターに対する認識不足で、オークションをご覧になって下 さっている方、質問していただいた方、K01さま、ころさまなどにお手数をおかけしてしまったことは、誠に申し訳ないと思っております。

商品を実際手にとって確認できないこのオークションの特性だけに、オークションをご覧になってくださる方には、なるべくギターの詳細、状態などを的確に伝 え、気持ちの良い取引を、と心がけていただけに、皆様に疑問を与えてしまったことは本当に残念だと思っております。

貴重な掲示板にこのようなことをお書きするのは申し訳ないのですが、この場をもってお詫び申し上げます。
 

くだらないことですが  投稿者:FG180宝  投稿日:2008年 9月 9日(火)19時54分11秒   返信・引用
  こんにちは
ずっと楽しく見させて頂いています。
私にとってヘッドウェイの貴重な情報を知ることの出来る唯一の場所と言っても
過言ではありません。
暫く前にある程度欲しいギターが見つかりつつあった矢先、商品入れ替えのように
新型番になり、そんなこんなしているうちに以前のギターはほとんど見なくなりました。
私にとってちょっとしたパニックでした。いえ大パニックかな。

今の前のギター、もっと前のギター、今のギター、特注のギター、等々。
私がバカなのかも知れませんが、何だかこう混ぜこぜのような感じで分からなくなって
います。(以前に質問させていただきお答えして頂きました)
新旧製品を一覧で見られるようなサイトがあればいいと思います、出来ればヤマハのような。
製品カタロクなどを作るのは無理なんでしょうか・・・。
勝手なことを書きまして申し訳ございません。
このような役に立たない書き込みお許しください。
 

Re:HF-012について  投稿者:こ ろ  投稿日:2008年 9月 9日(火)07時20分16秒   返信・引用  編集済
  詳細はメーカーさんに聞いて頂いた方が正確だと思いますが、
少なくとも、ご質問されているHF-012というモデルは、国産、且つ、百瀬さんが製作されていた限定モデルでした。それに500本も限定で作ったという ことはありえません。なんせ、月産20数本ですから・・・・(笑)

ただ、2000年前後の中国製モデルには、0xxというモデル体系を使っておりましたので、この体系のギターで012というものがあったかもしれません。 (未確認の推測です。)
従って、中国製モデルか国産百瀬モデルかの見極めは一応必要かと思います。

機種名が空欄になっているのなら、プロトタイプかもしれませんね。。
 

HF-012について  投稿者:KO1  投稿日:2008年 9月 9日(火)02時30分3秒   返信・引用
   はじめまして。埼玉在住のKO1というものです。
いつもHPを楽しく拝見させていただいております。

 オークションで、HF-012というギターが出ていたので、興味を持ち、
色々調べました。しかし、判らない事が多く困っています。どなたか
詳しい方教えてください。

 疑問点
  1. このサイトの「NEWギターのコーナー」の中の「新年表」には、
    2001年12月 ニューモデル、HD−012、HF−012
    を販売開始(各限定5本)とありますが、この5本は飛鳥のHP
        で調べれられる5本のことでしょうか。

  2. 某ショップのリペア歴の中に、シリアル38X(1桁は伏せます)
    のHF-012がありました。このシリアルを調べると、機種名などが
    空欄になっています。もしかしたら限定5本以外にも作られてい
        たのでしょうか?

  3. 以前、「500本限定 HF-012」といううたい文句で、中古品が何本
    か売られていましたが、それと「限定5本のHF-012」とは、どう
    いう関係・違いがあるのでしょうか。

 最近、マホのHFタイプを探しており、たまたま目につき、調べたのです
が・・・。どうか宜しくお願いします。
 

Re:GuitarWorksについて  投稿者:デ ルタ  投稿日:2008年 9月 8日(月)10時20分22秒   返信・引用
  はじめまして、TAKEさん。

貴重な情報をありがとうございます。参考になります。
やっぱり、こんな無銘のギターのことを調べることは
無理なのかなぁーなんて思い始めてます。

もう少し過去ログをていねいに見てみます。

それにしても、HD-101って言うのはいいですね。
安いし、音質も良いし、衝動買いしそうです。
 

GuitarWorksについて  投稿者:TAKE  投稿日:2008年 9月 5日(金)13時07分29秒   返信・引用
  とても懐かしく、昔のことですが私は工場に行ったことがあります。
良い物を作ろうと、意気込んでました。
詳しくは、ほとんど接点が無くなったので判りません。

ちなみに、私のHD-28を預け分解して中の構造を研究してました。
残念ながらその後の足取りは判らないので、私のHD-28も行方不明です。

頑張ってどこかで、良いギターを作ってくれていると思ってます。
情報があれば、私も知りたいですね。
 

GuitarWorksの所有者の方をさがしてます。  投稿者:デ ルタ  投稿日:2008年 9月 5日(金)11時58分37秒   返信・引用
  みなさん、はじめまして、デルタと言うものです。

まず、ヘッドウェイではないですが、ヘッドウェイ関連と言うことでお許しください。

私はGuitarWorksのことを研究いや調査してます。もしも、この書き込みを見た
GuitarWorksの所有者の方がいたら、あるいは以前持っていたぞ!なんて方がいたら
下記メールに連絡していただけないでしょうか?
お話しをぜひ伺いたいのでよろしくお願いいたします。

wakakusa@nakayoshi.cc

悪戯が心配で、匿名メールで申し訳ありません。お返事は実名メールでお返ししますので。

それから、自己紹介代わりに所有ギターを披露されてもらいます。
マーチンD-28(92年)
ギターワークスδ-将将次複牽看)
の2本だけです。

ご興味ない方もいらっしゃるかもしれませんが、少々GuitarWorksについて知っていることを
書いてみます。ご容赦ください。

もちろんGuitarWorksは、攝津のGuitarWorksでは無くて、84年そして85年とたった2年
しか存在しなかったヘッドウェイから分かれたメーカーのことです。

日本一の生ギター職人百瀬氏のヘッドウェイは80年初頭、売上は苦戦していたようで、
エレキ等他のものに色々手を出し始めていました。
それに反発した百瀬氏の同僚(弟子?)二人がギターワークスを立ち上げます。
しかしあえなくすぐに消滅。こんなところです。
汚い字の挨拶の紙片や木片の保証書にはその名前を書いているのですが、達筆過ぎて読めない!

ハッキリしませんが、間違いなく判明している卸し先は

東京 御茶ノ水のヲグラ楽器(今は無いそうです)
大阪 梅田ナカイ楽器

の二つだけです。その他で扱ったのかどうか不明です。あれば、知りたいです。
とにかく、販売本数は想像を絶するほど少ないことは間違いがないです。

ちなみに私のシリアルは 840009です。そして、知りうる最大数のシリアルは
840038です。購入時期は前者は84年の夏、後者は翌85年春です。
百本売れたのでしょうか?想像するにせいぜい60本から70本ぐらいではないかと
推定してます。いろいろなシリアルを照合して見たいです。

バリエーションは、分かっているのだけですが、

∞−将次淵沺璽船鵤錬蓮檻隠厳拭縫汽ぅ疋丱奪は、マホガニー
δ-将将次淵沺璽船鵤-28型)サイドバックは、ローズウッド

の2機種だけです。他にあれば教えて欲しいです。そもそもこの機種名の読み方
すら分かりません(笑)。正しい読み方を知りたいです。

あと付属品ですが、木片の保証書、挨拶状、ユーザー登録の案内があります。
笑ってしまいますが、その木片の保証書の裏面には、どうどうと

「このカードは、あなたのGuitar Worksギターを
永久保証するものです。大切に保管してください。
なお、消耗品、事故や過失等の場合、材料代
あるいは、実費等をいただく場合もあります。」

と書かれています。それにしても保証で修理された方がいるのでしょうか?
これも知りたいところです。

あと、ギターそのものについて知っているだけですが、書いてみます。
ただ、OO−18型は触れたことがないので私のD-28型だけで勘弁願います。

一言で言って、オールドマーチンとそっくりと言って過言ではないでしょう。
某リペアショップにて52年のD-28の本物と比較したところ、
姿形はもちろんですが、

重大なところは、ブレイジングがまったく同じだったことです!

ペグもそっくりです。ヘッドウェイ部品の流用なのでしょうか?

あと、特徴的なのは指盤がクラシックギターの用にフラットのところです。
つまりマーチンのようにアールがついていないと言うことです。

材質はもちろん本物はハカランダでエライですが、良い材質を厳選してます。
特にトップは木目がまっすぐでもう一台所有のD-28(92年)と較べて
泣けて来ます。サイドもきれいな木目を楽しめます。ネックも材質が違います。

それで、肝心の音質はどうかと言えば、一人博物館状態な方が多数いらっしゃる
ところで自慢をしても仕方がないので、よく鳴るとだけ書いておきます。

あと、購入動機も知りたいです。そもそもカタログ自体が存在していたかどうかも
分かっていません。カタログを持っているぞ!なんて方がいたら拝見させてください。

私の場合は、当時昭和59年に10万円を握り締めてSヤイリYD306を買いに
梅田ナカイ楽器を訪れました。しかし、Sヤイリは当時消滅。と言うことで
出されて来たのがこのギターワークスでした。
イサトさんの生徒がたくさん買ってますよと言っていたこととこれは信州の
手工品だから弾けば弾くほどよく鳴るようになるよと言っていたことが
印象的でした。
とにかく、定価も機種名もほとんど何も聞かず音質だけで購入しました。
まあ、押し売りに負けたということでしょう。

最後になりますが、
長文を書いてしまって申し訳ありませんでした。ネットでギターワークスに関し
書いてあるサイトはほとんど無いはずです。特に「木片の保証書」と言われて
懐かしくって感涙むせいでいる方も必ずいらっしゃることだと確信してます。

再度になりますが、ギターワークスの持っている方、あるいはかつて持っていた方
よろしくご一報のほどお願いいたします。