春の鴨緑江(ハルノアリナレ) 昭和9年4月 King K331
作詞 松坂直美(1910-?) 作曲 田村しげる(1908-1980)  
歌手 真澄晴夫(横田良一)  BGMで自動演奏しております。

一、                二、
遠い深山の 寝雪もとけて      岸の楊柳も 緑にもえて
春が来たかよ ちらほらと      啼くよ小鳩も 楽しげに
流す筏に 二ひら三ひら       呼んでいるよな 胡弓の糸が
散ってこぼれる 花だより      なぜか故郷を しのばせる

三、
月の鴨緑江 筏が下りゃ
狭霧がくれに ひびく唄
思い気儘な 旅ゆく身なら
なくな浮き寝の 鴎どり              

明治44年 熊本県天草市(旧牛深市二浦町亀浦太田)に中道音一とキクノの豪農
  一家の長男として生まれた。本名は中道実穂。父親は八幡製鉄所に勤務する
 ことになり現北九州市に八幡に転住。
大正14年 門司の私立豊国中学校時代に音楽に目覚めピアノの指導を受ける。
昭和4年 東京高等音楽院(現:国立音楽大学)ピアノ科に入学、一年間ピアニ
 ストのレオ・シロタ氏(東京音楽学校外国人教師)に個人授業を受け。声楽は
 何人からも指導を受た。堀内敬三、古賀政男などの斯界の権威者からも個人
 指導を受けた。
昭和6年 歌手としてデビュー。藤山一郎とともに注目をあびる。同年、牛深
 に帰郷し天草管内の小学校や本渡高女等で独唱会をを開き音楽行脚を行う。
 音楽学校ではオーケストラ等が演奏活動
昭和7年 この年からレコード歌手としてコロムビア、キンギ、テイチク、ス
 タンダード、タイヘイ、キリン、ニットー、リーガル、ショーチク、オーゴ
 ン、太陽、弥生、ハッピー、ツル、アサヒ、コッカ、グラマホン、テレフン
 ケン、センター、セイカなどのレーベルなどから多くの歌謡曲を吹き込んだ。
 (デパートの高島屋レーベルで吹き込んだものもある)

 ★情人の唄(松竹映画主題歌)作詞 大木惇夫 作曲 古賀政男
  コロムブアS9 古賀政男大全集20の遺産世紀100百曲に収録
 ★多くの歌唱名は別途「音盤芸術家名簿」参照

 私立豊国中学時代からレコード歌手時代を叔父野平米蔵氏、大分にいた吉松
 三松氏も支援した。
昭和8年3月 宝塚キネマ 『アリランの唄』公開 測量技師(椿三四郎)の助手
 で主役を務める。無声映画であった。
 同年春 徴兵検査のため帰郷するが、検査の結果は不合格となる。
、同年10月 平野雅曠作詞、大村能章作曲のよる Columbiaで「天草小唄」が完
  成し発売された、若きテノール歌手、横田良一名で9月22日午後1時〜3時の
 吹き込みである。
昭和9年 咽頭結核を発病 昭和10年2月 病い重篤となる
昭和11年1月10日 八幡の父母の許にて24歳4ヵ月の若さで病没
 (1911.9-1936.1)
昭和35年7月 天草本渡港に「天草小唄」歌碑
昭和54年7月 横田良一伝(編集発行:浜名志松氏、旧天草町教育長)
 1000部発行して学校等に寄贈
昭和57年11月 天草市牛深町にて第1回横田良一顕彰音楽祭
昭和61年12月 天草市二浦町に横田良一生誕の地記念碑
平成10年9月 天草市井深町にて第1回横田良一顕彰音楽祭 現在も続行して
 いる
平成20年  「あんちゃんあんちゃん」と慕っていた実妹の赤井貴美代さんが
二浦町亀浦太田で亡くなった。            資料提供 吉松英夫氏)
 




 





真澄晴夫(横田良一)1934.4 キングポリドール(俗称キンポリ)月報から


月報解説



戻る