Goldberg

             Philharmoniker
















→Home      →About us     →Conductor      →Solist      →招待券申し込みはこちら    →Concert 

Conductor

金山 隆夫

 

 

1981年、上智大学入学と同時に指揮法を学び始め、小林研一郎氏に師事。同大学卒業後渡米しセントルイス交響楽団で3年間、レナード・スラトキン氏のもとに研修を続ける。1990年カナダで行われた指揮者講習会で最優秀指揮賞を受賞。同時に講習会の指揮者であったオットー=ウェルナー・ミューラー氏の強い招きにより、オーディションなしの特例で同年カーティス音楽院指揮科に入学。同院卒業後、1994年からはブルーノワルター記念奨学金を得てジュリアード音楽院に在籍。卒業後、1998年から2001年、ワシントン・ナショナル交響楽団副指揮者、2000年から2004年、ワシントンDCユースオーケストラの初代常任指揮者を務めた。

2004年に帰国し、国内、国外で活動を続ける。現在オーケストラディマンシュ常任指揮者。