東京世田谷区用賀の音楽教室・町田玉川学園のフルート教室(フルートオフィス西畑)
音楽レッスン フルート ピアノ ヴァイオリン チェロ  
 

 


講師紹介

〔サミー音楽アカデミー代表〕
フルート担当

西畑正三【MASAMI NISHIHATA】
12歳よりフルートを始める。1974年、東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。
小泉剛、吉田雅夫諸氏に師事。在学中、カラヤン及びベルリンフィル来日の際行われた「カラヤン・コンクール」で優勝し、 カラヤンの前で披露演奏を行う。 1978年東京藝術大学大学院に進み、この間フランス・ニースのコンセルバトワールにて、 ジャン・ピエール・ランパル氏に師事し、スイス・ボスビルでマルセル・モイーズ氏のセミナーに参加。また、1979年ウィーンのアカデミーにおいてハンス・レズ二チェック氏に師事。1980年東京藝術大学大学院を首席で修了。
NHK交響楽団、ヴィヴァルディ合奏団等の定期演奏会、演奏旅行に多数出演。 その後、新日本フィルハーモニー交響楽団に入団し、世界的指揮者・小澤征爾氏のもとで研鑚を積むとともに、 ソリストとしてモーツァルトのフルート協奏曲二長調を同団と共演。新日本フィルを退団後、ソリストとして 横浜シティフィル等から招かれ活躍するとともに、リサイタル活動として1993年東京・広島でフルートリサイタルを始め、好評を博す。(これまでにシリーズ第15回・計21回リサイタルを開催)1999年5月、西畑正三プロデュースCD「フルートデュオの世界“エレジア”」をキングレコードよりリリースをかわきりに、これまでにDVD2枚・CD6枚をリリース。Amazon.comにて好評発売中。
教育方面では、東京純心女子短期大学フルート科・くらしき作陽大学フルート科講師を勤めた。また、現在までにフルートセミナーを多数主宰するとともに後進の指導に従事する。演奏補助装置の開発を手がけ2009年9月米国ソルトレイクシティにおいて現地教育関係者・学生を対象に研究内容をプレゼンテーションし公開レッスンを開催した。
2004年にフルートオフィス西畑を設立し、ヨーロッパ文化の色彩を反映したコンサートやCD・DVD等の製作・企画・プロデュースを手がける。
2012年9月より、赤坂にてコンサートとスクールを融合した新しいアカデミーSamy Music Academyの運営を主宰した。
2014年4月より、用賀にてサミー音楽アカデミーの運営を主宰する。


〔サミー音楽アカデミー講師陣〕

ピアノ担当

浅川真衣【MAI ASAKAWA】
桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。桐朋学園大学音楽学部研究科修了。
2006年東京国際フォーラム主催(フジテレビ共催)音楽コンクールにおいて第一位、併せて「熱狂の日」音楽祭賞受賞。「のだめ」に最も近いピアニストとして各新聞、雑誌モーストリークラシックなどにとりあげられる。CHANEL Pygmalion days2005若手のためのスペシャルイベント、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2007、2010に出演。(仏)ニース国際アカデミー,フランス音楽コンクール入賞。中村紘子音楽監督による第7,9,13回浜松国際ピアノアカデミー、第3,8回ロシアンピアノスクールイン東京修了生。選抜演奏会出演賞受賞、10周年記念コンサート出演。NHKみんなのうた出演。中村紘子、Bリグット、Mダルベルト、Aヤシンスキ、Aヴァルディ、Sドレンスキ、Mヴォスクレセンスキー、Fジュジアノ、Oヤブロンスカヤ、Dジョフロワ、Aアルニムなどのマスタークラスや公開レッスンに参加。丸ビル35コンサート、新丸ビルアトリウムコンサートレギュラーピアニストとして年間約40回の演奏を行う。2009-2011年桐朋学園大学嘱託演奏員。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてピアノレッスンの指導に力を注いでいます。

ピアノ担当

須田桃香【MOMOKA SUDA】
桐朋女子高等学校音楽科、 桐朋学園大学音楽学部音楽学科を卒業。
第22回長野県ピアノコンクール中学生の部奨励賞。 第14回大阪国際音楽コンクール二台ピアノ部門第2位(最高位) 。 第30回教育連盟ピアノオーディション関東地区優秀賞及び全国大 会入選。
2016年長野県新人演奏会に推薦され出演。八王子音楽祭、 三井ビルランチタイムコンサートに出演。ensemble NOVA代表加藤晃プロデュースによる「プロコフィエフ・ ピアノチクルス」第一回ピアニスト。
学生の頃から若手演奏家協会として南大沢市、 八王子市で定期的に「親子のためのコンサート」を企画・ 開催している。
これまでにピアノを深澤雅美、岡部由美子、小山香織、玉置善己、 大西真由子の各氏に師事。ピアノデュオを石岡久乃氏に、 室内楽を藤井一興氏に師事。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてピアノレッスンの指導に力を注いでいます。

ピアノ担当

長篠央子【YOUKO NAGASHINO】
東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業、同大学大学院修士課程修了。
ピティナピアノコンペティション全国大会E級銅賞。「ジュニアソリストによるコンチェルトの夕べ」にてセントラル愛知交響楽団とスクリャービンのピアノ協奏曲を共演。第51回全日本学生音楽コンクール名古屋大会第2位。第1回三善晃コンクール4手連弾部門金賞。第1回ショパン国際コンクール in Asia 第2位。第53回、第54回全日本学生音楽コンクール名古屋大会入選。第12回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。大学卒業時に、徳島県鳴門市の「ドイツ館」にてジョイントリサイタルを行う。スカルラッティ音楽祭にてエミリア・ファッディーニのマスタークラス受講、演奏会にてフォルテピアノを演奏。NHK-FM 「名曲リサイタル」に、オーボエ奏者三宮正満のピアニストとして出演。愛知にてソロリサイタルを行う。2011年より米国セントルイスに滞在。コンサート活動を行う。豊田音楽コンクール審査員。2015年に帰国し、現在東京を拠点に活動中。
これまでに杉浦日出夫、笠間春子、青柳晋、奥村理恵の各氏に、フォルテピアノを小倉貴久子に師事。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてピアノレッスンの指導に力を注いでいます。

ピアノ担当

松原里奈【RINA MATSUBARA】
桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
第8回万里の長城杯国際音楽コンクール第3位(第1位なし)。第10回日本演奏家コンクール奨励賞。第16回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査員特別賞。第23回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第5位。第22回日本クラシック音楽コンクール入選。高校三年時、旧前田侯爵邸サロンコンサート選抜出演。2016年12月2台ピアノ、ピアノジョイントリサイタル開催。
これまでピアノを上原興隆、山岸真由美、関根由喜江の各氏に師事。室内楽を上原興隆、加藤真一郎、楊麗貞の各氏に師事。アルネ・トルガー氏ピアノレッスン受講。
第67回東京国際芸術協会新人演奏会オーディション合格、合わせて審査員賞受賞。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてピアノレッスンの指導に力を注いでいます。

ピアノ担当

森永康夫【YASUO MORINAGA】
東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院研究科修了。東京音楽大学大学院音楽研究科修士課程ピアノ専攻修了。
山口県学生音楽コンクール、コンクール大賞受賞。全日本学生音楽コンクール福岡大会高校の部第2位。2012年第15回長江杯国際音楽コンクール第1位、併せて 中国駐大阪総領事賞受賞。下松市芸術文化振興奨励賞受賞。東京藝術大学在学中に、東京藝術大学モーニングコンサートにて、東京藝大フィルハーモニアと共演。この時、スクリャービンのピアノ協奏曲を演奏。
2007年海外音楽大学マスタークラス派遣者助成オーディションに合格し、ロシア国立モスクワ音楽院にて、エレーナ・リヒテル教授のレッスン受講。
東京音楽大学大学院修士課程在学中にティーチング・アシスタントに採用され、学部学生及び修士課程学生にレッスン等の業務を行う。これまで、山口県芸術演奏会、防府市芸術演奏会、観音寺国際音楽フェスティバル、ベーゼンドルファーランチタイムコンサート、レインボウ21サントリーホールデビューコンサート2015、等に出演。
ピアノを、西村順子、角野裕、渡辺健二、ユーリ・スレサレフ、川上昌裕、原田英代の各氏に師事。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてピアノレッスンの指導に力を注いでいます。

ヴァイオリン担当

赤間さゆら【SAYURA AKAMA】
4歳よりヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。
2008年、北海道毎日学生音楽コンクール課題曲コース、中学校の部にて2位受賞。2011年、旭川新人音楽会オーディションにて旭川市新人音楽賞受賞。同年、第12回大阪国際コンクール全国大会入選。同年、第21回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。2015年、第17回日本演奏家コンクールにて特別賞、協会賞受賞。
室内楽では2016年、第26回リゾナーレ室内楽セミナーをカルテットで受講。成果コンサートにて奨励賞を受賞。
これまでにヴァイオリンを浦川宜也、佐藤まどか、大森潤子、清水高師、P・コムローシュ(元バルトークカルテット第1ヴァイオリン)等の各氏に師事。また室内楽を玉井菜採、中木健二、市坪俊彦、大友肇、西野ゆか、山崎伸子の各氏に師事。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてヴァイオリンレッスンの指導に力を注いでいます。

ヴァイオリン担当

鈴木梨香【RIKA SUZUKI】
2歳よりヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業。 第18回かながわ音楽コンクール小学校中学年の部最優秀賞。 YBP国際音楽コンクール小学生部門第1位。 第57回、第60回、第61回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。 2014年日本国際賞授賞式記念演奏会にて、チョン・チヨン氏指揮、東京藝大シンフォニーオーケストラのコンサートミストレスを務める。 東京藝術大学モーニングコンサートにて、澤和樹氏指揮、藝大フィルハーモニアと共演。 講習会や大学内にて、ピエール・アモイヤル、エステル・ペレーニ、ディルク・ヴェレルスト各氏のレッスンを受講。 これまでにヴァイオリンを佐久間礼子、塚原るり子、清水高師の各氏に師事。室内楽を松原勝也、花崎薫、安藤裕子の各氏に師事。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてヴァイオリンレッスンの指導に力を注いでいます。

ヴァイオリン担当

廣田碧【MIDORI HIROTA】
6歳よりヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部器楽科。
みえ音楽コンクール 第13回小学5・6年生の部、第17回中学生の部、第18回高校生の部、第21回大学・一般の各部門で第1位。併せて三重県知事賞を二度受賞、また入賞者記念演奏会に三度出演。全日本学生音楽コンクール名古屋大会 第65回中学、第66・67回高校の各部門で入選。第15回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門高校の部ファイナル出場。第10回横浜国際音楽コンクール弦楽器部門大学の部 第3位。
2006年から2014年までNHK名古屋青少年交響楽団に在団、第48回定期演奏会にてコンサートミストレスを務める。これまでに、ヴァイオリンを佐藤美穂、林茂子、浦川宜也、清水高師、また室内楽を野口千代光、市坪俊彦の各氏に師事。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてヴァイオリンレッスンの指導に力を注いでいます。

ヴァイオリン担当

山口真由夏【MAYUKA YAMAGUCHI】
4歳からヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学卒業。
第1回ジュニアクラシックコンクール奨励賞。第13回、第21回日本クラシック音楽コンクール入選。
平成27年度東京藝術大学音楽学部生によるふれあいコンサートに選出される。
奏楽堂企画学内公募最優秀企画公演にてコンサートミストレスを務める。
これまでに、沖本彩、久保良治、野口千代光、永峰高志、フェデリコ・アゴスティー二、室内楽を松原勝也、市坪俊彦、漆原朝子、川本嘉子、迫昭嘉、中木健二の各氏に師事。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてヴァイオリンレッスンの指導に力を注いでいます。

チェロ担当

八代瑞希【MIZUKI YASHIRO】
6歳よりチェロを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学器楽科チェロ専攻を卒業。その後、ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院にて研鑽を積む。
日本クラシック音楽コンクール全国大会審査員特別賞を受賞。神戸国際学生音楽コンクール弦楽器部門にて最優秀賞、併せて兵庫県教育委員会賞を受賞。入賞者によるガラコンサートに出演。これまでにコレギウム・ムジクム夏期音楽祭、霧島国際音楽祭、旧奏楽堂『木曜コンサート・室内楽』、プロジェクトQ、JT主催・期待の音大生によるアフタヌーンコンサート、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンなど、ソロ・室内楽共に、日本はもとより、ハンガリー、オーストリア、ドイツ等、各国のコンサートや音楽祭、メディアに出演を重ねている。また、全国の幼稚園・小・中・高校でのアウトリーチも積極的に行っている。これまでにチェロを千本博愛、倉田澄子、山崎伸子、河野文昭、チャバ・オンツァイ、ケルテス・オットー各氏に、室内楽を東京クァルテット、川本嘉子、澤和樹、原田幸一郎、岡山潔各氏に師事。
現在、演奏活動の他、当アカデミーの講師としてチェロレッスンの指導に力を注いでいます。