JR福知山線旧線道場駅〜武田尾駅と生瀬駅周辺

 

 福知山線の旧線は

1899年に阪鶴(はんかく)鉄道の有馬口(現:生瀬)〜三田までの

延伸開業に伴い敷設された

 

1986年に宝塚〜三田が複線電化されるために

道場〜生瀬の単線部が廃止された

 

今回は道場〜武田尾

それと生瀬駅周辺のレポートですので

武田尾〜生瀬は『ケンの鉄道写真情報局』内にあります

『ケンの鉄道廃線紀行』を御覧ください

 

『ケンの鉄道廃線紀行』にて公開している道場〜武田尾のレポートは

私がレポートしたものを代理公開してもらってたもので

探してた写真も見つかったので自分のHPで正式公開にこぎついた次第です

 

 

 

解説を始める前に知っておいてほしいこと

 

福知山線開業においては

大勢の朝鮮人労働者が犠牲になりました

特に道場〜生瀬の隧道が連続する区間は犠牲者が多く

危険な箇所は朝鮮人が優先的に配備されました

現在でも敷地の傍らには線香や花が供え付けたれてたりします

 

dh.jpg

 

まずは道場〜武田尾です

武田尾〜生瀬のハイキングコースは有名ですが

こちらはほとんど手がつけられていません

それなりの装備と覚悟が必要です

 

 

地点1

0d1.jpg

県道327号と現福知山線の下を覗くと

みにくいが隧道が出現する

尼崎から数えて14番目の隧道です

 

 

地点2

001grr1.jpg

反対側の出口です

こちらは両側が高い切通しのため薄暗いです

0007.jpg

速度標識がありました

60km制限ですが気動車はここを70kmで走行してたようです

20100819-234047-3835600.gif

ここから武庫川を渡ります

ガーター橋が架かってました

20100819-24047-38358600.gif

ちなみに三田側の橋台はこんな感じ

手前が県道327号だがよく見ないとわからない

 

 

地点3

d13.jpg

踏み切り跡です

画像左右へ延びるの道が廃線跡です

0004.jpg

ここから少しの間砂利で舗装されてます

 

 

地点4

0d3.jpg

ここら辺から舗装がなくなって

いよいよ廃線跡らしさが伝わってきます

少し先に進むと

0d5.jpg

こんなんありますw

ホッパーの遺構ですが

ホッパーのみが孤立して裏にあるはずの建物がありません

取り壊されたものと思われます

写真はありませんが裏に平地がありました

d14.jpg

ちなみに対岸からはこんな感じ

それと近くに

0d4.jpg

こんなんもあります

昔のマイクロバスですね

タイヤは無くドラムブレーキがコンクリートで固定されてました

 

 

地点5

0d6.jpg

13番目の隧道です

こちらは周囲も明るく

いい状態で残っているのがわかります

 

 

地点6

1d1.jpg

反対側です

枕木が散乱し基礎がぼろぼろでした

 

 

地点7

0d7.jpg

1d0.jpg

0d9.jpg

速度標識と勾配標識がありました

長年手入れされてないせいか

枕木もぼろぼろです

 

 

地点8

0d8.jpg

12番目の隧道です

この隧道を抜けるとすぐに武庫川を渡ります

 

 

地点9

d15.jpg

反対側ですね

橋台と隧道出口が見えます

こちらもガーター橋が架かってましたが

撤去されました

廃止直後は歩いて渡れたそうです

d16.jpg

その反対側ではまた隧道があります

この隧道を抜けると道場駅に抜けますが

基本的には↓

 

 

地点10

d09.jpg

こちら側しか入ることができません

途中まで整備されており

武田尾温泉への近道ルートとなっています

隧道の側面に小さな出入り口があり

そこからつり橋を渡って武田尾温泉に向かうことができます

現在の武田尾駅からも見ることができます

d08.jpg

撮影したときは

台風の影響でのつり橋が崩壊してました

相当の威力だったようです

 

 

 

 

とゅーことで道場〜武田尾はこんな感じです

続いて旧線の生瀬周辺です

 

 nh.jpg

 

地点11

d10.jpg

尼崎から数えて4番目の隧道です

これは酷いですね

ふさがれてる上にちょこっと見えるだけ

国道176号の整備にによって

いずれかはなくなるでしょう…

 

地点12

d07.jpg

反対側です

コンクリートで閉鎖されてました

d06.jpg

手前には

柵とJRが設置した看板があります

 

 

地点13

d05.jpg

三田方でこちらも少しですが

高い切通しがあります

d02.jpg

宝塚方には3番目の隧道があります

手付かずの状態で草木が生い茂ってます

 

 

地点14

d04.jpg

反対の出口です

隧道ポータルに「3」の数字が読み取れます

d03.jpg

更に反対側は右に現在の福知山線

標識の奥あたりに旧線の隧道が見えます

この下は有馬街道こと県道51号が通ります

 

 

地点15

0002.jpg

2番目の隧道

三田方生瀬のすぐ手前です

2番目??

こっから尼崎まで隧道なんかあったっけ??

と聞かれるといけないので先に言っときますが

阪鶴鉄道宝塚までの延伸開業時は

中山寺〜川西池田に天神川隧道がありました

これが尼崎から数えて1番目の隧道になるわけです

詳しいことはこちらを御覧ください↓

JR福知山線 天神川隧道

 

それと

左下あたりの葉っぱがなんとなく

eqf.jpg顔に見えるのは気のせいでしょうか…

 

 

地点15

d01.jpg

奥が新線

手前が旧線です

 

 

 

 

 

もぉちょっと詳しくしたかったんですが

これで一応レポ完了ってことでw