国鉄有馬線 その2

 

前回(国鉄有馬線その1)はほぼ全線に渡りレポートしましたが

一つ気になる箇所がありました

 

ti.jpg

水色の丸がついてるとこですね

有馬へ向けて十八丁川に架かる橋梁を越したとこですね

ネットで調べてもこの部分はどうなってるかわからず

謎に包まれていた区間でした

 

今回雨なのに行って来ました

反対の橋台を見に!

有馬側から順に進めていきます

携帯のカメラで撮影したんで

低画質なのはご了承願いたい

今回は短編なので地点ナンバーは省きます

 

 

 

NEC_0062.JPG

前回の地点22の三田側、有馬方です

この道が地点22の方へとつながってます

当時はこんなに窪地ではなく

一直線に土手が続いてたのかもしれません

 

 

 

NEC_0061.JPG

同じ地点の反対側

写真中央の自然なトンネルが廃線跡です

 

 

 

NEC_0060.JPG

NEC_0059.JPG

橋台部まで約分来ました

上が有馬方

下が三田方です

この時点ではまだ橋台は見えません

 

 

 

NEC_0058.JPG

やっと開けてきました

wktk

近寄ってみましょう!

 

 

 

20100819-193421-51709900.gif

このアングルが見たかったんですよww

 

 

 

NEC_0053.JPG

橋台をローアングルでw

スペースがなかったんで

こんな写真しか撮れなかったorz

期待させた人

ごめんねごめんね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってなわけで

国鉄有馬線

レポート完結!!

 

 

 

 

鉄で廃なモノTOP