国鉄有馬線

国鉄有馬線は1913年に有馬鉄道として誕生

創始者の山脇延吉が社長を引き受ける

完成と同時に神戸に延伸すると言う理由で鉄道院が借り上げ、1915年に開業

正式に国有化されたのは1919年である

しかし神戸に延伸する言っても具体的な動きは見えてこなかった

そのため山脇延吉は神戸・有馬・三田を結ぶ鉄道事業に着手する

それが現在の神戸電鉄である

当時は神戸有馬電気鉄道として1928年に開業

だが神戸電鉄は電化されているが国鉄有馬線は非電化

競争上不利にならざるを得なかった

1943年には太平洋戦争勃発

神戸電鉄と並行していることや温泉地への行楽路線であることもあって不要不急路線として運行休止

鉄道施設等は撤去され篠山で産出する製鉄用のマンガンなどの軍事物資輸送を目的に敷設が計画された

国鉄篠山線(1972年廃止)に転用された

その後運転が再開されることなく事実上廃止のまま現在に至る

正式に廃止手続きがなされたという記録はなく、いつ廃止になったのか、または現在も休止線のままなのかは不明

 

arima.JPG

 

見たとおり縦にながーい地図です

まぁひとつの路線を丸ごとレポートしたんで見にくいかもしれませんが

ご了承くださいませorz

 

今回は番外編として神戸電鉄「新有馬駅」のレポートもしたいと思います

こちらの新有馬駅は

1928年に湊川〜有馬温泉までの開通に伴い開業

1975年に営業休止している

このレポートは最後にお披露目となる

資料が集まったらもしかしたら分離公開するかも・・・

 

とりあえず国鉄有馬線のレポートからどうぞw

 

 

1地点

a01.jpg

起点の三田駅

当時有馬線のホーム跡である

ここから福知山線との分岐点までは

有馬線が現在の福知山線の下り線部を走っていたため用地はそのまま・・・

ってあ゛〜〜〜ッ!!説明むずかしい!!(←単純orz

図で説明します

hikaku.JPG

どうです??わかりましたかぁ〜??

そーゆーことですww

 

 

2地点

 a02.jpg

 ここで福知山線と分岐する

右へ軌道跡があるのがお分かりだろうか

わかりにくいが田んぼの真ん中に斜めの敷地がある

a02.1.jpg

 ↑こんな感じ

 a02.2.jpg

 もっと奥へ進むと畑になってたりします

 

 

 3地点

 a03.1.jpg

 三田から1つ目の駅

塩田駅跡です

駅跡には民家が道路に対して斜めに建っています

ここから4地点まで軌道跡は消えます

 

 

4地点

a04.jpg

三田方面を見ます

結構広めの軌道跡です

この先は行き止まりです

a04.1.jpg

反対の有馬方面を見ます

踏切跡でしょか

少し進むと神戸電鉄の神鉄道場駅があります

 

 

5地点

a05.2.jpg

有名なアングルですね

左の堀みたいのが有馬線跡

右が神戸電鉄の神戸鉄道場駅です

しかし両線がこんなに近くに走っているのに接続はありませんでした

a05.1.jpg

旧有馬線??

旧ってナニ!!

新ってあるのかなww!!

a05.jpg

橋の上から廃線跡を見ます

a05.3.jpg

橋の近くにこんなものがありました

 

 

 6地点

 a06.jpg

 現在も橋台が残っています

写真の手前側は堤防が整備されていて残っていません

 

 

7地点

 a06.1.jpg

 川を渡ってすぐのところです

新道場駅跡です

この駅は駅というよりかは乗降場の規模だったらしいが

ちゃんとした情報が無いためどれくらいの規模だったかは不明

 

 

8地点

 a07.jpg

 三田方面を見ます

 現在もこのような空き地が存在します

 

 

 9地点

a08.jpg

道路を脇から細い空き地が延びます

ん??わかりにくぃ??

んならもう一枚

a08.1.jpg

 これならわかりやすいですねww

道路から見ると草木が邪魔するので見つけにくいです

 

10地点

a09.1.jpg

有馬方面を見ます

ここから中国縦貫道路までは山添を走ります

a09.2.jpg

 現在でも旧国鉄私有地の看板があります

 

11地点

a10.2.jpg

当時の枕木??

そりゃー無いな

確かレールや枕木は国鉄篠山線に転用されたんだから

 a10.1.jpg

 有馬方面です

先ほどの風景と変わりませんねぇ

 

 

12地点

 a11.jpg

 ここらへんから盛り土の上を走ります

 

 

13地点

 a12.jpg

 今にも気動車が走ってきそうですww

上に上がってみました↓

 a12.1.jpg

 草がもじゃもじゃξξξ

奥に見える中国縦貫道路に一旦吸収されてしまいます

 

 

14地点

a13.jpg

 跡形も無く・・・・・

近くには西宮北インターがあります

 

 

15地点

 a14.jpg

西宮北インターのランプウェイの端っこからひょっこりと延びる軌道跡

有馬方面を見ます

 

 

16地点

 a15.jpg

手前の道路が軌道跡で

写真中央の建物(実はラブホ)が有馬口駅跡です

もっと近くで撮ってもよかったんですが

車を路駐してたのであまり遠くへ行けなかったのと

ラブホの前で写真撮ってると何かと誤解されるかなと思いましてww

a15.1.jpg

んでこれが駅前橋ですねぇ

橋を利用しなくて駅に行くには困難だったらしいです

 

 

17地点

a16.jpg

先ほどの道をずっと道なりに進むと有馬川にぶち当たります

写真はその有馬川を越えたところです

近くに山口中学校があります

 

 

18地点

 a17.jpg

生活路に転用されています

 

 

19地点

 a18.jpg

ここら辺から山添を走ります

車の車内から撮ったもんでピントが合ってませんorz

 

 

20地点

a19.jpg

阪神高速に吸われます

軌道跡は一旦消えます

 

 

21地点

a20.jpg

 20〜21地点間も写真を撮っておいたんですがどっかいってしまったorz

とりあえず山道が続きます

写真は三田方面を見る

そして反対方向を見ると↓

 a20.1.jpg

 ぉ??なんか見えますねぇ〜(←しらじらしぃ〜

ズームした写真がこちら↓

 a20.2.jpg

 しっかりと当時の橋台が残ってます

近寄ってみました↓

a20.3.jpg

 これもまた有名なアングルですねww

a20.4.jpg

こちらは橋脚です

今でも使えそう・・・

頑丈そうです

ちょっと思いました

この橋の向こうはどうなってるんだろうと・・・・

ぃゃぁ〜〜〜〜

気になりますwww

 

 

2010年8月追記

地点21〜22を2010年にレポートしました

国鉄有馬線 その2

 

 

 

地点22

a21.jpg

このような敷地がありました

新しい道路でも作るんでしょうか・・・

初めて訪問したときは竹やぶやったのに

先ほどの遺構が壊されないか少し不安

コレが軌道跡とは限りませんが方向的には三田方面

 

 

23地点

a22.jpg

やっと終点の有馬駅の到着です

現在は先山クリニックという病院が駅跡となっています

っと言うより先山クリニックの場所が駅の留置線跡で駅舎は上記の写真だったら向かって右側にあったものと思われます

asyuuten.JPG

こんな感じかな??

あ!!

言っておきますけどこの図は写真を見たうえでの図なんで

これが正しいとは言い切れない部分が・・・

 a22.1.jpg

 有馬駅前です

手前が乙倉橋です

この乙倉橋にはさまざまな有馬線に関してのモニュメントが存在します

a22.9.jpga22.8.jpg

橋の手前にはこの2枚

 

 

 

 

a22.7.jpga22.6.jpga22.5.jpga22.4.jpg

 橋の欄干にはこの4枚

 a22.3.jpg

 一方で先山クリニックの南側の広大な空き地が現在でもJRが管理しています

ここは先ほどの図でも表記してありますが

営業当時に国鉄職員の社宅があったらしいです

 a22.2.jpg

 上のほうから撮ってみました

 広さがわかりますねぇ

こんなに広いのに駐車場にならないのが不思議w

まぁ温泉街より少し下ったところにあるんで

あっても一緒かなって感じでしょうか

 

 

 

あとがき??

でいいのかな・・・

考察??

理科の実験かょ(^^;)

編集後記ですねw

 

小さいころに新聞の切り抜きをしてる時期がありまして

確かその中に有馬線と山脇延吉のことについて書かれた記事があることを思い出しました

早速押入れをごそごそ・・・・

 

 

ありました!!

 

まずは2000年12月18日(月)の神戸新聞三田版に

「さんだ 100年の軌跡《次世代に延びる鉄路》」と題した記事がありました

これは福知山線の元となった阪鶴鉄道開業からおよそ100年を記念した記事で

福知山線や有馬線、神戸電鉄に関して書かれている

有馬線の歴史はもちろんのこと

当時の有馬線乗務員のコメントも書かれている

 

もうひとつは2001年6月13日(水)に

農政運動指導者『山脇延吉』

と書かれた記事です

有馬線と神戸電鉄の創始者ということで生い立ちや鉄道開発だけではなく

農村振興や治水などの功績があったことも書かれています

記事の右端には晩年の山脇氏の写真が写し出されています

 

 

 

などなど

改めて見ると結構勉強になるものばかりでした

 

 

そんでもって今回の探索ですが

最初に軌道跡をたどったのが確か・・・・・・・・

平成16年の3月15日あたり・・・??

んでこれを書いてるのが平成20年10月・・・・・・・・

およそ4年オーバーかけてレポってますww

だからよく見てください

写真のところどころで天候が違いますww

 

 

って事で

一応有馬線のレポは終了です

 

 

 

 

 

 

 続いては

 

神戸電鉄新有馬線有馬駅(番外編)

 

 

国鉄有馬線の立地はページ上の地図をご覧ください

 

新有馬駅は1928年に湊川〜有馬温泉間が開通と同時に開業

しかし1975年には営業休止

営業を再開する見込みは無く

実質的には廃止

正式に廃駅にしないのは将来の開発を期待していたためらしい

 

番外編

abangai.jpg

はい

これ1枚だけですorz

まぁ国鉄有馬線のついでに立ち寄っただけなもんで(^^;)

しかもわかりにくい写真を撮ってしまったもんだ・・・

ホーム側から撮ったんです!!

 

駅の構造は

2両編成がやっと収まる長さしか無い

駅名板が90年代になり撤去されたらしい

 

 

はい以上(^^;)

また詳しくレポりますねw

 

 

 

 

 

 

かなりの長編になりましたが

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

 

鉄で廃なモノTOP