伴奏者  重左恵里のプロフィール


重左恵里
北海道函館市出身。愛知県立芸術大学音楽学部ピアノ専攻を卒業。同大学大学院修了。
2006年にはオーディション選抜TIAA奨学生としてドイツ国立ライプツィヒ音楽大学夏期マスタークラスに参加、 Gerald Fauth氏のクラスを受講する。
在学中より大学主催の定期演奏会や室内楽コンサート、学外のコンサートに多数出演。
現在は東海地方を中心にフリーピアニストとして活動し、様々な分野の奏者と共演している。
2006年にはソプラノ歌手とのデュオユニット「Perla」を結成。2007年には東京にてシュトゥットガルト管弦楽団奏者と室内楽コンサートにて共演。2009年5月にはヴァイオリンとのデュオリサイタルを名古屋「電気文化会館 ザ・コンサートホール」、他天理、函館の三都市で開催し、各地で好評を博す。
2010年、NHK文化センター岐阜教室にて、ショパン生誕200周年の音楽講座において講師を務める。

また現在、名古屋二期会等で稽古ピアニストとしてオペラ制作の現場にも携わる。
2010年度、名古屋芸術大学実技補助員。
これまでに小笠原千絵、春日正子、田代慎之介、甲斐真紀子、熊谷恵美子の各氏に師事。