閉会挨拶


こまみー

「VOCALOID音楽会 -da capo-」運営のこまみーです。
製作者&プレイヤーの皆様、まずはお疲れさまでした!

昨年行われた「VOCALOID音楽会」の続編として開催されました当イベント。
今回は前回のルール・企画をそのまま踏襲いたしました。
秋祭りという後ろ盾がなく、完全に独立した形での開催でしたが、
昨年を上回る作品提出や得点報告をいただき、大いに盛り上がりをみせることができました。
本当にどうもありがとうございます!

提出曲・作品数に制限のあるイベントですが、前回共々バリエーション豊かな作品が集まり、
運営していてすごく楽しかったです。
「曲のマイナー度が増してるのでは!?」と運営内で盛り上がっておりました(謎
今まで知らなかった曲や作曲者、馴染みのなかったジャンルに触れられることは、
ダンおにの醍醐味の一つだと私は思っています。
作品や企画「Hello Music」を通じて、これまで以上にVOCALOID曲に興味を持ってもらえたら、
運営としてこれほど嬉しいことはありません。

昨年に続き一緒に主催させていただきましたizkdicさんへ。今回も運営お疲れ様でした!
サイト公開時や締切直前など、要所要所で忙しいのはいつも通りでしたが、
お互いイベント運営経験値が上がっていることも手伝って(謎
なかなかスムーズに完遂できたのではないかなと思っています。
どうもありがとうございました&今後もボカロ談義で盛り上がりましょう(^o^)

それでは改めまして、参加者&プレイヤーの皆様、どうもありがとうございました!!

izkdic

こんばんは、主催のizkdicです。
まずは制作者の皆さん、プレイヤーの皆さん、お疲れ様でした!
2回目となるVOCALOID音楽会でしたが楽しんでいただけましたでしょうか?

VOCALOID作品の面白さ、そしてまだ見ぬ名曲に出会ったときの高揚感。
これらがすこしでも、参加者の皆さん方に伝わったのであれば、
イベント企画者の僕としては嬉しい限りです。

今回は35組の方々から、合計44の作品提出をいただきました。
(ちなみに名義数は35ですが、実人数も35だったりします(謎)
これらの作品はすべて、制作者それぞれの曲に対する思いが詰まったものです。
そしてプレイヤーの方々がその作品をプレイし、その2つの心につながりが生まれて、
そうやってVOCALOID曲ダンおにがこれからも広がっていってほしいなと思います。

楽しかった!という方は是非、これからもいろんな楽曲を聴いて、
そしてその思いをもう一度「ダンおに作品」としてぶつけてみてはいかがでしょうか。
それがもしかすると、いろんな人を心躍らせるものになるかもしれません。

共催してくださったこまみーさんへ。
Hello Musicの適切な曲選択に加え、進行・投下についての的確な助言など、
今回もものすごくお世話になりました。
こまみーさんの力添えなしではこのイベントは成立しなかったです。
この場を借りてお礼を、本当にありがとうございましたm(_ _)m


名残惜しいですが、da capoとして始まった今回のVOCALOID音楽会も、
ここで終わりとなります。
このイベントにかかわったすべての方々へ、心からのお礼を。
ありがとうございました!


というわけで、


ここにVOCALOID音楽会 -da capo-、閉会を宣言します!


Fine.