PROFILE   

         川村文乃(かわむら あやの) 1971年11月14日生まれ さそり座 O型 天王星人(-)

         富山県立呉羽高等学校音楽コース卒業
         東京音楽大学音楽学部器楽科(ハープ専攻)卒業。
         同大学研究科(ハープ専攻)2年修了。

      
  音楽歴
         6歳より、ピアノをはじめる。
         15歳より、アイリッシュハープを始める。堤谷力恵氏に師事。
         16歳より、グランドハープを始める。
         17歳より、篠崎史子氏に師事。

         
HARPとの出会い 1
         
中学校の担任の先生に薦められ、なんとなく進学した呉羽高校音楽コース。
         ソフトボール部、または山岳部に入部しようとわくわくしていたのに
         音楽コースは、音楽部(合唱部のような感じ)または管弦楽部(オーケストラ)のどちらか
         しか選べず、あえなく断念。
         歌うことより、楽器の方が楽しそう!と思い、管弦楽部に入部。
         楽器の知識が全くなく、ボーっとしていたらパーカッションパートになりかけた時
         「今年から、ハープパートを作ります。この中でピアノの楽譜が読める人?」
         というベートーベン?バッハ?みたいなもじゃもじゃ頭の顧問の先生の言葉に
          思わず挙手。これが私がハープと出会ったきっかけです。 
   
      
   
      HARPとの出会い 2
         
あまり考えず入部した管弦楽部。Harpパートに決まったけれど、学校にハープはなく。 
         もうすぐ届くからと先生に言われ、学校にハープが届いたのは、
         一ヶ月以上過ぎてから。
         届いたのは、私の想像と違う小さなハープ。(アイリッシュハープのことです)
         誰に教えてもらうんだろう?と思っていた私に、冷たく先生が放った一言。

  
       「これ読んで、やっといて」  
         
「は!?」   
         赤い教則本で「ハープをあなたに」  
         悲しい独学の日々の始まりでした。


 
 
          堤谷先生との出会い

          定期演奏会で、スッペ「詩人と農夫」ヨハン・シュトラウス「美しき青きドナウ」を
         なんとか?間に合わせ、(結局ピアノで同じパートを弾いてもらう)ほっ。 
         ハープを本格的に習ってみたいという意欲はあるものの、情報は全く得られず・・・
         (あの時代にインターネットはないし)
         ぼんやりと毎日を送っていました。 

          そんな時、富山青少年オーケストラの演奏会で
         呉羽高校音楽コースの合唱が共演することになりました。 
         岩河三郎「富山に伝わる3つの民謡」
         名曲だけど、本番の日が12月25日(24日だったかも・・?記憶がさだかじゃない)
         ロマンチックなクリスマスを夢見るお年頃の私たちには   
         この曲の素晴らしさより、クリスマスに民謡を歌うのが、厳しいって感じ。

          本番前日、リハーサルのため教育文化会館へ。
         オーケストラは、見慣れているけど・・・。とふと舞台の右側を見ると・・・
         
きゃー!大きなハープ
         テレビでしか見たことがなかった大きなハープ!!
         超!超!感激した私!練習そっちのけで、即座にハープの方に一目散!!!

         「あの、大きなハープ初めてみました!」
         先生「笑」
         「部活でハープやっているんですけど、誰にも教えてもらっていないので教えてください」
         先生「今度うちに遊びにいらっしゃい」
         「ありがとうございます!!」

         数日後先生のお宅にちゃっかりうかがった私。
         来月からハープのレッスンを受けることに。
  
       この出会いで私の人生は大きく変わったのです。


 
        ハープ購入    
         ハープのレッスンについて、音楽に無知な両親は、わからないまま2つ返事で
         OKを出してくれました。
         (今思い返してもすごい両親だと思います)
         とは言っても、音楽大学目指すからには、Myハープがないと話になりません。
         我が家は超庶民ですが、時代はバブル景気絶好調。うちに小金があった時代。
         両親は
         「妹が県立高校に受かれば買ってあげるけど、妹が私立高校に行くことになったら無理」
         運命は、妹の受験の結果にゆだねられ・・。
         妹は無事合格!ハープ購入が決定しました!!


         篠先生との出会い         
         ハープのレッスンに通い始め高校2年生になった私に、
         堤谷先生は軽井沢サマースクール(ハープの講習)を薦めて下さいました。
         自分と同世代にハープを習っている人がいなかったので、
         これは刺激を受けるべきと思い、参加しました。
         
本当に井の中の蛙だった私!!       
         同世代以下の子達が、ばりばりハープを弾く姿、ほとんどの人たちの親が音楽家・・・
         超庶民な私にはみんなのお嬢様ぶりは、かなりのカルチャーショックでした
         (そうだよな・・ハープだもんね)
         桁違いのレベルの低い私に初めて出会った篠先生は、指の形、使い方
         とても丁寧に教えてくださったのです。
         この先生に習いたい!!という強烈な願いが芽生え、
         篠崎先生が教えている東京音楽大学を目指すことになりました。
         この時、軽井沢サマースクールにお忍びでいらした美智子皇后様にお目にかかって
         本当に感激でした!
         
         その後・・・。
         
東京音楽大学音楽学部器楽(ハープ専攻)入学。
         無事現役合格したものの、ハープのキャリアがあまりに浅く、遅れを取り戻し
         ついていくのに精一杯。ストレスで腱鞘炎に。
         東京にも寮生活にもなじめず、慣れるまで大変でした。
         
         学校の授業内でのオーケストラ、室内楽、吹奏楽、
         授業外でもサキソフォンアンサンブル、ユーフォニウム&チューバアンサンブルなど
         いろんな経験を積めました。
         
         日本ハープコンクール・アドバンス部門 落選。
         結果は出ませんでしたが、コンクールを受けるにあたり
         勉強方法、コンディション、公式楽器など経験になりました。
 
         ニース(フランス)にて、マルティーヌ・ジェリオ・ハープアカデミーを受講。
         ハープが進化した地、フランスでのレッスン。
         エリザベス・フォンタン先生のレッスンを受講。

 

         研究科在学中
         富山県新人演奏会、日本ハープ協会新人デビューコンサート出演
         横浜イギリス館ジョイントリサイタル出演
         高岡文化ホール主催ズームアップとやま郷土の音楽家たちコンサート出演。

 
          
         研究科修了後          
         地元富山へ帰郷。
         演奏活動を始めるが、なかなか演奏機会に恵まれない日々。
         数年して、なんとか軌道にのってきました。
         日本ハ−プコンクールプロフェッショナル部門 落選。コンクールの厳しさを痛感。
  
                
         演奏歴          
         1998年 北日本新聞社推薦演奏家シリーズ 川村文乃ハープリサイタル出演。
         ハープアンサンブル・トゥルヴェールのメンバーとしてカザルスホール、東京オペラシティホールのコンサートに出演。
         2001年 チェロ・アンサンブル「白鳥の会」コンサートにてアダミーラ氏と共演。       
         2002年 となみ吹奏楽スピリッツコンサートにて 池上政人(サキソフォン)氏と共演。
         ヘンデル:ハープ協奏曲をとやまレディースオーケストラOASISと共演。
         2004年 吉田春代(フルート)氏とデュオリサイタル開催。
         2005年 フルート・ヴィオラ・ハープによる室内楽トリオCaleidoscopio
         リサイタルを富山市民プラザ、福野町・円形劇場ヘリオス2開場で開催。

         2008年 ピエルネ:ハープのための小協奏曲を富山シティフィルハーモニー管弦楽団と共演。

        2009年 クロスランドおやべ主催メルヘンコンサートVol、4川村文乃はぴねすコンサート出演

 

 

                         
         
ハープ指導
         富山音楽院講師。富山県立呉羽高等学校管弦楽部トレーナー。
         富山県内の吹奏楽ハープパートの指導に当たる。
         数名の門下生を指導。
     
           
         講演
         富山市北消防署の依頼により、講演。
         県庁防災課の依頼により講演。
         富山市水橋消防署の依頼により講演。
         日本海石油の依頼により、講演。
         文化庁「学校への芸術家派遣事業」にて、富山市立 針原小学校、
         大門町立(現・射水市)櫛田小学校、富山市立神明小学校にて講演。
         
         Media(過去・オンエア済み)
         チューリップTV ふるさとトーク
         KCC富山情報 表紙
         富山シティFM 佐伯和歌子のクラシック

                   KNBラジオ MUSIC TRAIN  

           KNBラジオ とれたてワイド!朝生 おかきょうファイル

         北日本放送いっちゃんKNB:いっちゃんいまじん           
         
         その他  
         (社)富山県芸術文化協会奨励賞受賞。
         平成18年度新進芸術家講演事業 プロデューサー。
         平成19年、20年21年度 県民ふれあい公演プロデューサー

                
         HOMEへ