| TOP | 恋愛あれこれ | 舞台を観る | 演奏を聴く | 物語をよむ | 歌手の楽屋 | おすすめオペラ | 企画展 | 間奏曲 | ヴァイオリン日記 |

歌手の楽屋
 普段は見ることの出来ない、歌手の使っている楽屋を一部屋空けて・・・皆様をご案内することにしました。
 演奏家の中でも歌手というのは、何か華麗な雰囲気を持っています。オペラという、煌びやかな虚構の世界で・・・華やかな衣装をつけて、スポット・ライトを浴びて・・・現実でない人物を歌い演じる。その間、彼らはヴィオレッタであり、アルフレードなのです。どこかミステリアスで、観ている私達とは別世界に生きる人間に思えます。
毬亜・烏
マリア・カラス
CONTENTS
 歌手になりました。
 スターへの道
 代役の話
 レパートリー
 転向
 歌手という職業
 演じるということ
 ビジュアル系歌手
 歌う役者
 歌手と作曲家
 “ハイC”
 発音
 黒船来日
 歌手のお値段
 3大テノール
 カストラート
 関連ページ:
   おすすめオペラ
オペラの思い出