戻る - 参加 

カエンペッパーの唐辛子日記

2010年2月13日 (土)  パンダの値段

上野動物園に行くと、かつてのパンダ舎にはレッサーパンダがいて、間にあわせというか、なーんだ本物じゃないんだみたいな、罪のないレッサーパンダも気の毒でした。そんな上野動物園にも来年からまたパンダがやってくる、との新聞記事を読みました。でも、ん?2頭のパンダは借り物で、野生動物保護協力支援の名目で8500万円を支払うらしい。ふーん、パンダって高いのね、と読み進めると、ん?ん?ん? えー!!!8500万円は1年分で、毎年払い続けるとのこと。。。。。。。パンダの寿命って何年なの? 産まれた子の国籍は日本、それとも中国? レッサーパンダもけっこうかわいいよ。

2010年2月11日 (木)  寒いねえ

冬らしい日が続いておりますが、みなさま風邪などひかれておりませんか?氷点下4度の雨の振る中、息子と一緒にサッカー東アジアカップ 日本 VS 香港戦に行って来ました。ワールドカップ開催前に日本代表を見たかったんです。厚着して身体中にカイロをつけて重装備で行きました。最初はそんなに寒くない大丈夫じゃん、と思ったんですが、後半に入ると寒さをヒシヒシ感じるようになりました。日本酒飲んでもぜんぜん酔いません。冷たい幕の内弁当食べたら涙が出そうになりました。ううう。

それでも闘莉王のヘディングシュートにはシビレました。この一撃を見られただけで、がんばって行った甲斐がありました!国立競技場の大舞台で意志の力を感じさせた闘莉王、すごいぜ!

2010年2月7日 (日)  結果を残す女

私が凍りついていた昨日、娘はビーチーボールバレーの関東大会に出場し、千駄ヶ谷の体育館でプレーしてました。結果は。。。なんと約50チーム中3位入賞の快挙でした。リバーサイドマラソンでも入賞するわで、結果を残す女ですほんと。私が獲った賞といえば、10年以上前の天皇賞くらい、おっとあれは馬でした。

2010年2月6日 (土)  なかのぶジャズフェスティバル

出演者が揃ってTHE打ち上げです! みな今回フェスの実行委員の一人であり、宮間利之とニューハードのギタリスト塩崎浩二さんに縁あって集結したミュージシャンです。凍みるような寒さでしたが、その分熱燗の美味しさが沁みました。演奏のコンディションはさておき、めったにできない体験で(笑)たのしかったです。中延ジャズスナックまつ にて。(撮影:あさの)

2010年2月6日 (土)  なかのぶジャズフェスティバル

2月のストリートは寒かったです〜(゜゜)。写真は、寒風の中熱演する 山本眞也さん(b)、Ryokoさん(vo)、順子さん(p)、石川さん(g)。(撮影:あさの)

2010年2月6日 (土)  なかのぶジャズフェスティバル

ドラムの金岡さんに誘っていただいた、第4回なかのぶジャズフェスティバル。3月21日まで、中延商店街がジャズ一色にに染まります。商店街はもとより、八百屋さんや焼き鳥屋さんの店内にもジャズが流れていました。きょうはフェスティバル初日の開催セレモニーということで、各種イベントやストリートライブがありました。

2010年2月6日 (土)  きょう本駒込図書館で借りたCD

イリーナ・メジューエワ「バッハ、ベートーベン、シューマン 1998」「ベートーベン:テンペスト、シューマン:幻想曲」、フジコ・ヘミング「5つのカンパネラ」、マグダ・タリアフェロ「サンサーンス:ピアノ協奏曲ほか」、グレン・グールド「グールドをめぐる32章」、アート・ペッパー「ロンドンライブ1980」「パリライブ1980」、トニー・ウイリアムス「ライフタイム:ターンイットオーバー」ソル・ガベッタ「ホフマン:ハイドン:モーツアルト チェロ協奏曲」、村治佳織「ポートレイツ」

2010年1月31日 (日)  機中での再会

シンガポールまでの飛行時間は、7時間と ちと長いです。映画を2本観てもまだ余ります。ビデオプログラムに目をやると、TV番組「題名のない音楽会」の昨年の放送分から、ゲスト:スイス人フルート奏者 ペーター・ルーカス・グラーフの名前が!!! グラーフといえば、私がまだベースを弾く前、フルートを練習していた小学生〜中学生〜高校生のときのアイドルでした。失礼ながらまだ現役でプレーされているとは思いませんでした。現在80歳、まだまだ現役で指揮やフルート演奏をされているとのこと。本当に喜ばしい限りです。番組中で演奏されたフルートは、まぎれもない氏の音でした。モーツアルトのフルート協奏曲、なんと優雅で貫禄のあることか。氏の音がオーケストラをリードしていることがわかります。「一見わかりにくいアクションが、実はオーケストラそのものも音楽の流れの中にあることを教えてくれた」というフルトヴェングラーとの共演エピーソードもすばらしかった。なんと機中で何十年ぶりで心の師に会えることができた、嬉しい瞬間でした。

2010年1月31日 (日)  きょう本駒込図書館で借りたCD

イリーナ・メジューエワ「シューマン作品集」、辻井伸行「クライバーンコンクールライブ」、ラーシュ・ダニエルソン「タランテラ」、J.J.ジョンソン「ヴィヴィアン」、ロン・カーター「ホエンスカイズアーグレイ」、エラ・フィッツジェラルド「イン・ブダペスト」、平原綾香「パスオブインディペンデンス」

2010年1月30日 (土)   

仕事で行ったのであまり多くは写真を撮れなかったのです。シンガポールは小さな国ですが、いろいろな民族と文化が凝縮した美しい東洋の宝石です。欧米人に対しては、アジアの玄関口、案内役・通訳の役割を担っていると思います。写真は、聖アンドリュース教会とラッフルズシティ。

2010年1月30日 (土)   

きしめんのような麺を使った海鮮そばです。凝縮した旨さが至福のときです。食べ物の写真ばかりですみません。

2010年1月30日 (土)   

揚州炒飯です。インディカ米でサラリとした食感です。かわった食材は使ってないようですが、どうしてべとつかないのかが不思議です。調理方法が知りたくなりました。

2010年1月30日 (土)   

蟹のチリソース煮込み。辛いけど美味しいです。食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れてました。甲羅の写真ですみません。

2010年1月30日 (土)   

もうすぐ春節(中国の旧正月)ということで、チャイナタウンはド派手なイルミネーションで街中が正月気分で盛り上がっていました。世界中どこに行っても中国パワーはすごいと思います。

2010年1月30日 (土)  シンガポール唐辛子日記

今週は、水曜日からデザインの方の仕事でシンガポールに行き、さっき成田に戻ってきました。何枚か撮った写真を載せたいと思います。

2010年1月30日 (土)  ありがとう J-Flow

ピアノ関根さんに誘っていただき初めてのJ-Flowでした。今日はセッションのホストです。錦糸町にある素敵なお店です。Nさん、Cさん、Tちゃんさん、楽しく歌って盛り上げていただいてありがとうございました。

2010年1月24日 (日)  初江奈

ドラム小坂さんに誘っていただいて初めての江奈でした。鶴ヶ島というところも初めて訪れました。気さくなマスターでいい感じのお店でした。初めて顔を合わせるトリオでしたが、最初はどうやろうかなと探りながらスタート。これまでの経験から、頭で考えて簡単に答えを出さないほうが良い結果をもたらすものだと思って。2ステージめはだんだんいい感じになって、あっという間に終わってしまいました。面白かったです。

2010年1月23日 (土)  名前を告げない音楽

美しい花を見ると名前が知りたくなります。しかし、その名を知ったとたん、人はその花を見ることを止めてしまいます。名前を知ることで、そのものの本質を理解したふりをして、心は次に移ります。東京大学総合研究博物館特別展「命の認識」は、見る人に簡単にわかったふりをさせない、見る人の力量を問う辛口の展示です。「命の認識」は、安易に作曲者や曲名を告げぬままに聴く人にものごとを深く考えることを強いる、静かな(ひそやかな)音楽のような展示です。

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2009inochi.html

2010年1月17日 (日)   

上野公園の空は高かったです。NHK FM-JAZZ TONIGHTの録音「2010年ジャズの新潮流」を聴きながらウォーキングしました。

2010年1月17日 (日)  きょうのウッカリ八兵衛

東京大学総合研究博物館で開催されている「特別展示 命の認識」展に行こうと、いつもの散歩がてら本郷に行きました。けどけど(TT)今日が大学入試センター試験日だということすっかり忘れていました。ううう。構内には入れず、しかたなく散歩&デジカメ撮影しながら帰りました。

2010年1月17日 (日)  きょう本駒込図書館で借りたCD

ウイントンマルサリス「スタンダードタイム vol.1」、綾戸智恵「グッドライフ」、ガブリエルグッドマン「トラベリング・ライト」

娘が弾きたいといっていたJIN-仁-メインテーマの楽譜を、aさんに送っていただきました。とてもうれしいです。ありがとうございます。

2010年1月17日 (日)  もう少しなんとかならんもんかと

街で撮った写真です。だれでも見えるのに皆で見えないことにした無責任が生んだ結果の風景です。配電盤やら通信配線やら必要に迫られ継ぎ足し継ぎ足しでついにこんな電柱になってしまいました。毎回取り付け担当者が変わり、全体の美観を管理する責任者など不在なのは明白です。これが現実です。どこかの国の債務残高に良く似ています。「王様は裸だ」、だれかが言わなければいつかたいへんなことになります。

2010年1月13日 (水)  ジャズ占い 今年はどんな年?

実力は君に等しく、望むものすべて得られる。政治の重任にあたる場合、明哲保身を忘れるべからず。自分の道を持続せよ。同じ志の者が集まってくる。小人が結束して正道を害することがあるから気をつけよ。

※明哲保身  道理に従って自分の身の振り方を誤らず、危険を避けて安全を保つこと。

やった!今年は春から縁起がええわいな。

2010年1月11日 (月)  食べ盛り

わたし8皿、息子15皿。ほんま、良う食いますわ。

2010年1月11日 (月)   

四半世紀を超えて音楽の力とはすごいものだと思います。永田さん、早坂さん、吉田さん、カエンペッパー

2010年1月11日 (月)  サムタイム

吉祥寺サムタイムに、ming3(早坂紗知(sax)、吉田桂一(p)永田利樹(b))を聴きにゆく。会場は満員でした。 

2010年1月9日 (土)  デジカメを買ったので

セッションの記録も残せるようになりました。

小尾さん(acc,p)、椎野さん(ds)、中島さん(as)、関根さん(p,ds)

2010年1月8日 (金)   

今日、お台場から見る空は高かったです。

2010年1月3日 (日)  初詣

午前中は西新井大師へ行きました。午後はベースを弾くつもり。

2010年1月2日 (土)   

息子が買った福袋

2010年1月2日 (土)   

ちょっと、覗き見。

2010年1月2日 (土)   

この写真を見てなんだかわかる人は、地元の人です。

2010年1月2日 (土)   

この写真や

2010年1月2日 (土)   

初ウォーキング。いつものコース、上野の芸大前から見る日の出。

2010年1月2日 (土)  デジカメを買いました

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。年末にデジカメを買いました。唐辛子日記もカラフルになるといいな。

年末大掃除に丸洗いされた「ちび」。

2009年12月27日 (日)  今年もおしせまって

ビーチボールバレーをご存知ですか?ビーチボールを使った4人制のバレーボールです。バレーボールに似ていますが、テニスとバドミントンの違いくらいに技術が異なります。そんなビーチボール大会に娘のチームが出場し、深川の体育館まで応援に行きました。優勝すれば都大会出場、と夢は広がりましたが、結果は残念ながら4位でした。結局はビーチボールの技術が優れたチームに負けましたが、バレーボール選手の彼女らは、最後まで自分たちのスタイルを守り、立派だと思いました。

夜は、千駄木ジャンゴで千葉さんトリオのライブを聴きに行きました。アフターセッションでベースを弾くことになり、すでにお酒を飲んでいたので心配でしたが、コールいただいてすぐやったことは、トイレに行って顔を洗ったことでした(笑)。結果、楽しく演奏できてひと安心でした。マスターからまた演奏しないかと言われ、2月にライブさせていただくことになりました。今から楽しみです。

2009年12月23日 (水)  ガブリエラ・モンテーロ 「バロック・アルバム」

この手があることは気づいていましたが、本当にやる人が現れたのには驚きました。ガブリエラ・モンテーロ、ベネズエラ人ピアニスト。クラシック奏者なのに譜面のとおりに演奏せず、即興でどんどん展開する。即興と言ってもジャズとは異なり、モーツアルトやベートーベンが自由に弾いているような感じ。彼女がクラシックの世界で認められたのは、作曲と即興とは同源であることを思い出させたからだと思う。

2009年12月22日 (火)  説得力のある演奏

どうすれば説得力のある演奏ができるのか、いつも考えています。考えて、考えて、考えて、思い至ったことは、、まだできないけれど「自分にしか語れないことを自分のことばで話す」ということです。人の真似や又聞きは、技術的に一瞬驚くことはあってもすぐに飽きられます。ひとはその演奏者しか演奏できないことを聴きたいのだと思います。そして、そのことだけが人を感動させるのだと思います。きょうも、自分にしか語れないこと、自分に話す資格のあること、自分が本当にそうだ思っていることを探して、演奏を通して語りたいと思います。

2009年12月22日 (火)  夢をかなえる方法

とても簡単な方法で、あなたの夢や願いをかなえることができます。それは、「あなたの願いを紙に描いて、いつも目にするところに貼る」。これだけです。毎日見るのなら手帳でも同じ効果があります。文字よりも絵、絵よりも設計図や企画書など、あなたの願いが本当で、表現が具体的であればあるほど達成できる可能性が高まります。小さな願いから大願成就まで、内容は問いません。だまされたと思ってお試し下さい。きっと、あなたに不思議な出来事が訪れます。これが事実であることは、歴史が証明しています。これまで人類がかなえた夢は、すべて本気で願ったものばかりだからです。

このホームページに来てくださった方へ、カエンペッパーからのささやかなクリスマスプレゼントです。

2009年12月20日 (日)  ありがとう東京倶楽部

昨日は娘のピアノ発表会でしたが、私もライブでした。雨男の私には珍しく快晴でした。たくさんのお客様にご来場いただき、たくさん歌っていただきました。ありがとうございます。歌、っていいですねやっぱり。

2009年12月19日 (土)  ピアノ発表会

娘のピアノの発表会に行く。出演する子供たち、みんな音楽に真剣に取り組んでいました。娘の演奏したバッハ、親ばかですが、落ち着いた良い演奏でした。

2009年12月17日 (木)  コチ

ふと思い立ち月間、ということでコチのセッションに行きました。9時過ぎに着きましたが、すでに満員のお客様、すごい賑わいです。演奏のレベルは高かったです。

帰り際に、ピアニスト吉田桂一さんが来店。大学同窓の吉田さんとは実に四半世紀ぶりの再会。行ってよかったコチでした。

2009年12月16日 (水)  ご縁で

昨夜は、高校先輩でドラマーNさんのお母さんが亡くなられたとの連絡があり、お通夜に行く。弔問者には高校時代の懐かしい顔があり、去り逝く人のご縁で人を集めてくださったのだ、としみじみ感じ入ったのでした。

仏教でいうところの因果とは、あらゆる原因と結果は縁で結ばれているとの意味です。私の発する音は何処から来て、どんな結果に導いて下さるのか。縁を大切にしたいと思います。

2009年12月14日 (月)  雨の池袋

ジャムセッションでお客様に撮っていただいた写真です。自分のデジカメは壊れてしまったのですが、また買おうと思います。写真があると、そのときのことが鮮やかに思い出されます。雨の中ご来店いただいたお客さま、どうもありがとうございました。

松田百合子(p)、椎野祐次(ds)、カエンペッパー(b)

2009年12月12日 (土)  またありがとうミントンハウス

先月に続き、ミントンハウスでライブ。きょうはギターとベースのデュオ+ボーカルです。ギターデュオというと、ロンカーターとジムホール、ゲイリーピーコックとビルフリゼール、チャーリーへイデンとパットメセニーなどのお手本がありますね。希彩さんの透きとおった声が蕨の街にこだましました。次回は2月の予定です。

2009年12月10日 (木)  JIN

寒くて早く家に帰りました。TBS日曜劇場「JIN」の録画を観て、焼酎お湯割り呑んで、こないだのライブの録音を聴きながら寝ました。京都旅行に行って20kmも歩く夢をみました。

2009年12月10日 (木)  KoKo

ふと思い立ってココのセッションに行きました。10年前、目黒ソノカ時代に1度行ったことがありましたが、ココは初めてです。刺激があって楽しかったです。

2009年12月9日 (水)  千手観音の衝撃

EXILEもびっくり! 「千手観音」踊っている彼女たち全員が聴覚障害者、耳がまったく聴こえないのだそうです。どうしてピッタリ合うの?

http://www.youtube.com/watch?v=1sh6RzzMrcw

2009年12月8日 (火)  中国茶

きょうは天気がよくて暖かで、日差しが気持ちいいですね。お台場から見える富士山もきれいです。

さて、10月に北京で買った龍井(ろんじん)茶と11月に上海で買った烏龍茶にハマッています。湯の温度や煎れ方で味が変わり、奥が深いです。特に烏龍の方は、高額の葉を奮発しました。なんとも言われぬ香りがします。脳の深いところで刺激を受けている気がします。

2009年12月6日 (日)  リハトラベース

ピアノ福井友美さんから電話があり、福井さんクインテットのリハトラベースに行く。岡淳さん(ts,fl)、伊勢秀一郎さん(tp)、久米雅之(ds)さん。いづれも日本を代表する素晴しいプレーヤーで、とても勉強になり楽しかったです。

2009年12月3日 (木)  厳しい時代だからこそ

人生すべて、考え方次第です。ああもうだめだと思って出す結論と、大丈夫何とかなる、と思って出す結論には大きな違いがあります。音楽には夢と希望を育む力があり、夢と希望は人生をより良いものにします。明るく前向きに考える者のところに解決策は訪れます。厳しい時代だからこそ、音楽が必要です。

というわけで、みなさまジャズを応援してくださいね♪

2009年12月2日 (水)  君は 「アイアムアヒーロー」 を観たか

みなさんもう読みましたか? ビックコミックスピリッツに連載中の、花沢健吾著「アイアムアヒーロー」単行本1、2巻を注文しました。 私がマンガにハマルのは久しぶりです。理由もなく自分の彼女や周りの人々がゾンビになってゆくという不条理コミックですが、画の上手さとストーリー進行のスピード感が気持ちいいです。ハリウッド感覚のコミック、お勧めします。 

2009年12月1日 (火)  ありがとうミントンハウス

蕨は、人も車も道を譲ってくれる親切な人たちが住む町でした。私が初めて演奏させていただくミントンハウスは、小さなレストランですがジャズフィール溢れるお店、すてきなお客様がたくさんいらっしゃいました。うれしかったです。演奏後の賄いもイタリアンで、あんなに美味しい魚料理を食べたのは久しぶりです。12月もライブがあります(要予約)。楽しみです♪

2009年11月29日 (日)  きょう本駒込図書館で借りたCD

ヤロン・ヘルマン「ミューズ」、トミー・フラナガン&ハンク・ジョーンズ「ライブ・イン・マルシアック1993」、グレートゴスペルシンガーズ、マヘリア・ジャクソン「マヘリア2」、神尾真由子「パガニーニ:24のカプリース」、岩崎宏美「ディア・フレンズ供

2009年11月29日 (日)  上海ジャズ報告

帰ってきました、上海から。2年ぶりに復興西路のJz Clubに行きました。その夜は、中国の大西順子、Joeyのクインテット。p、tp、asが中国人、b、dsがアメリカ人の混合バンドだ。ピアノを弾きながらの歌はタニア・マリアを連想させた。オリジナルもスタンダードもレベルの高い演奏だった。

次の晩も覗いてみる。中米混合のフュージョンバンドでレゲエっぽい曲をやっていたが、開けたドアをそのまま閉め、ホテルに帰った。

2009年11月21日 (土)  きょう本駒込図書館で借りたCD

日野皓正「寂光」、奈良ゆみ「地中海の民の歌:モンポウ、ベリオ、ラヴェル歌曲集」、ジェフベック「ワイアード」、綾戸智絵「ライブ」「To You」

2009年11月21日 (土)  中国行きのスローボート

今週末から、また上海に行ってきます。新しい音楽に出会えるかな?

2009年11月14日 (土)  きょう本駒込図書館で借りたCD

辻井伸行「デビュー」、ベリーベストオブ・マイケルブレッカー、アートペッパー「ライブイントロント」、マリーン「sing熱帯JAZZ」、ソニーロリンズ「ウィズMJQ」

辻井君のCDは50人待ちでした。もう一枚、ラフマニノフの方は、予約時70人待ちで現在20番までになりました。クラシックやジャズのスタンダードや古典落語は、基本的には同じテキストなわけですが、その話を誰から聞きたいのかが重要です。同じ曲でも同じ話でも、この人から聴いてみたい、というのが購入の動機になるわけです。辻井君の語るショパンからは、今までほかの人の演奏では聞こえなかった音が聴こえました。

2009年11月11日 (水)  つくづく思うこと

〔瓦箚望を持って生きていると叶うことがある ¬瓦箚望は叶うまでが面白い 9せは失ったときそれが幸せだったことがわかる い錣っちゃいるけどやめられないことってある ヅ澆惑燗にかぎる

2009年11月11日 (水)  だめもと

家に使っていないオールドのベースがあるんだけど、作者はわからないけど100年くらい経ってるのかなあ、よかったら浅野さんにあげるよ。

こんな方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡下さい。

2009年11月9日 (月)  しつこい性格ですみません

昨年から始めた週末ウォーキング、昨日までに累計400kmになりました。東海道53次京都三条大橋まであと100kmです。来年2月末までに踏破予定です。

上には上があるもので、四国霊場八十八箇所1450km、松尾芭蕉奥の細道2400km。 芭蕉は46歳の頃に東北行を決意したそうです。行く先々で俳句教室を開いて指導料を取っていたそうな。今で言うビータですな。

2009年11月9日 (月)  日記をアーカイブに入れました

日記をアーカイブに入れました。ホームページトップの最下段〜カエンペッパーの唐辛子日記1〜5からお入り下さい。