CARMEN


 Discography EP
国内盤


EOR-10556 1974年7月発売




EMR-10638 1974年9月発売

カルメンのシングルは、英・日共に2枚発売されている。
幻のシングルと言われる「Flamenco Fever / Lonely House」であるが
案外見つけると安値で取引されているのが悲しい(笑)。


しかしこのFlamenco Fever、邦題が「燃えよカルメン」というのも凄いが、
アルバム未収の上、クレジットがRoberto Amaralなのがまた凄い。

国内盤はアルバムが本国の発売とリンクしていない為、ややこしい。
「Bulerias / Stepping Stone」は、1974年9月に
1stアルバムからのシングルカットという形で発売されている。

「カルメンの人気ナンバーがついに登場!!」という叩き文句から想像するに、
当時はやはりこの2曲が無難だったのか?

カルメンのファンクラブの記載と、まもなく発売される2ndアルバムのタイトルが
「Table Two For One」とされているのが面白い。


  
SPAIN EMI J00695341     PORTUGAL Parlophone 8E 006 95 981 MF


 ・FLAMENCO FEVERについての考察

 国内盤「燃えよカルメン」については、収録分数 3分26秒。
 下記に紹介する、英原盤のプロモーション盤と同じ音源である。
 
 英原盤が市販時にはテイク違いで発売されたのに対し、何故国内盤は
 初回録音のテイクのまま発売されたのか?

 謎の多いバンドだ。

 英原盤の音源差し替えは、2ndアルバム発売を見据えて、グラスコック
 のベースラインを主に、2nd同様、ファズを効かせたものに差し替えたで
 あろう事は容易に想像出来るのであるが・・・・・・・・。

 


英原盤

ついに来ましたノルウェーから(笑
エアメールで1週間って案外早い
ですね。

「Flamenco Fever / Lonely House」 RZ-3086はカンパニー
スリーブ付きで感激。

「Bulerias / Stepping Stone」
RZ-3090は残念ながら、プレーン
スリーヴでした・・・。

しかし問題発生。
下記2枚、画像をクリックすると聴き比べが出来ます。



「Flamenco Fever / Lonely House」 Sample 1974年4月8日 3分26秒
再発された「The Gypsies&Widescreen」収録はこのバージョン。
マトリックス 7YCAR 7098-1




「Flamenco Fever / Lonely House」 市販盤  3:02秒
キー及びテンポの違いと、なんと言ってもグラスコックのベースが2nd同様、
かなりのファズを利かせてある。
エンディングもコーラス無しのフェイドアウト。
マトリックス 7YCAR 7098-2





「Bulerias / Stepping Stone」 1974年9月23日発売


Back
http://music.geocities.jp/carmen_slrz1040/