ロックミュージシャンの死


ロックが生まれて半世紀。すでに多くのロックミュージシャンが他界している。下表は、著名なロックミュージシャンに絞って、享年・死亡年・死因を一覧にしたものである。
かつては、ロックミュージシャンの死因といえば麻薬中毒・アルコール中毒だった。1960・70年代ロッカーのほとんどは重度の麻薬中毒・アルコール中毒だった。この時代に若死にしているミュージシャンは、直接の死因は心臓麻痺、窒息死などいろいろあれ、真の原因は麻薬である。度を越したドラッグの摂取が死をもたらすことを承知の上でのことであり、一種の自殺とも評価し得よう。
この時代にヘヴィなドラッグ&アルコール中毒であったが奇跡の生還を遂げたミュージシャンに、エリック・クラプトン、ミック・ジャガー、キース・リチャードがいる。意外にも長生きだ。
ロックミュージシャンの死因として、事故死も多い。飛行機事故など、不遇の事故がある一方、コージー・パウエルなどは酒気帯びで暴走していたという話もある。総じてロックミュージシャンは不注意であり、生に対する頓着が欠けているようだ。それがロッカーらしいゆえんでもあるのだが…。
自殺も数例ある。ニルヴァーナのカート・コバーン、ザ・バンドのリチャード・マニュエル、ロイ・ブキャナンらだ。
他殺もある。ファンに射殺されたジョン・レノン、妻に殺されたフェリックス・パパラルディ、ステージで射殺されたダイムバッグ・ダレルの3例がある。ジム・モリソンは、恋人によって殺されたという疑惑がある。ジョン・レノンは、平和運動を展開し思想的影響力が強すぎるのを懸念したアメリカ国家による暗殺説も根強い。
1980年以降は、ドラッグ漬けの破滅型ミュージシャンは時代遅れとして姿をひそめた(例外もある)。逆に1990年以降目立つようになってきたのは、病死である。ロック界にも高齢化の波が押し寄せてきたのだ。今のところ、老衰によるロックミュージシャンの死亡例はないが、時間の問題だろう。
ミュージシャン名所属バンド名、パート等享年死亡年死因
バディ・ホリーロックンローラー、ギタリスト22歳1959年飛行機事故(リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ボッパーも同乗)
リッチー・ヴァレンスロックンローラー、ギタリスト17歳1959年飛行機事故(バディ・ホリー、ビッグ・ボッパーも同乗)
エディ・コクランロックンローラー、ギタリスト21歳1960年タクシーの事故
ブライアン・ジョーンズローリングストーンズの初代ギタリスト27歳 1969年プールで溺死
ジミ・ヘンドリックスギタリスト27歳1970年麻薬中毒
ジャニス・ジョップリンボーカリスト27歳1970年麻薬中毒
ジム・モリソンドアーズのボーカリスト27歳1971年心臓麻痺
デュアン・オールマンオールマンブラザーズバンドのギタリスト25歳1971年バイク事故
ベリー・オークリー同上ベーシスト不明1972年バイク事故
キース・レルフヤードバーズ33歳1975年感電死
ゲイリー・セインユーライア・ヒープのベーシスト1975年感電事故の後遺症
トミー・ボーリンディープ・パープル等のギタリスト25歳1976年 麻薬中毒
ポール・コゾフフリーのギタリスト26歳1976年麻薬中毒
マーク・ボランTレックスのボーカリスト29歳1977年自動車事故
ロニー・ヴァンザンドレイナード・スキナードのボーカリスト1977年飛行機事故
スティーブ・ゲインズレイナード・スキナードのギタリスト1977年飛行機事故
エルヴィス・プレスリーロックンローラー42歳1977年不整脈による心臓発作
キース・ムーンザ・フーのドラマー31歳1978年睡眠薬の過飲
テリー・キャスシカゴのギタリスト31歳1978年拳銃の暴発
シド・ビシャスセックス・ピストルズのベーシスト21歳1979年麻薬中毒
ジョン・ボーナムレッド・ツェッペリンのドラマー32歳1980年アルコール過飲(ウォッカ40杯)による窒息死
ボン・スコットAC/DCの初代ボーカリスト33歳1980年アルコール過飲による窒息死
ジョン・レノンビートルズのボーカリスト&ギタリスト40歳1980年射殺
マイク・ブルームフィールドボーカリスト、ギタリスト37歳1981年ヘロインの過剰摂取
ランディ・ローズクワイエット・ライオット、オジー・オズボーン・バンドのギタリスト25歳1982年飛行機事故
フェリックス・パパラルディマウンテンのベース&ヴォーカリスト 43歳1983年妻に殺される
デニス・ウィルソンビーチボーイズ39歳1983年溺死
ラズルハノイ・ロックスのドラマー24歳1984年ヴィンス・ニール(モトリー・クルー)の運転する車での事故
デヴィッド・バイロンユーライア・ヒープのヴォーカリスト1985年
クリフ・バートンメタリカのベーシスト24歳1986年交通事故
フィル・ライノットシン・リジィのヴォーカリスト36歳1986年麻薬中毒
リチャード・マニュエルザ・バンドのピアニスト41歳1986年自殺
ロイ・ブキャナンギタリスト48歳1988年自殺
ヒレル・スロヴァクレッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリスト26歳1988年ヘロインの過剰摂取
スティービー・レイボーンギタリスト35歳1990年飛行機事故
フレディ・マーキュリークイーンのボーカリスト45歳1991年エイズ
スティーブ・マリオットスモール・フェイセズ、ハンブル・パイのボーカル、ギター44歳1991年自宅の火事
ジョニー・サンダースニューヨーク・ドールズのギタリスト38歳1991年薬物・アルコールの過剰摂取
エリック・カーKISSの2代目ドラマー41歳1991年心臓の癌
ジェフ・ポーカロTOTOのドラマー38歳1992年殺虫剤アレルギーによる心臓マヒ
フランク・ザッパギタリスト52歳1993年前立腺癌
カート・コバーンニルヴァーナのボーカリスト27歳1994年自殺
ロリー・ギャラガーギタリスト46歳1995年肝臓移植の合併症
ジェリー・ガルシアグレイトフルデッド53歳1995年心臓発作
チャス・チャンドラーアニマルズのベーシスト不明1996年不明
ロニー・レインフェイセズのベース・ボーカル51歳1997年多発性脳脊髄硬化症
コージー・パウエルドラマー。ジェフ・ベック・グループ、レインボー、ホワイトスネイク、ブルー・マーダー、マイケル・シェンカー・グループ、エマーソン・レイク&パウエル、ブラック・サバス、イングヴェイ・マルムスティーン等50歳1998年自動車事故
カール・ウィルソンビーチボーイズ51歳1998年肺癌
リック・ダンコザ・バンドのベーシスト56歳1999年
ジョージ・ハリソンビートルズのボーカリスト&ギタリスト58歳2001年
ジョーイ・ラモーンラモーンズのボーカリスト49歳2001年リンパ腺癌
ディー・ディー・ラモーンラモーンズのベーシスト49歳2002年ヘロイン中毒
ジョー・ストラマークラッシュ50歳2002年心不全
ジョン・エントウィッスルザ・フーのべーシスト57歳2002年 心臓発作
ノエル・レディングジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのベーシスト57歳2003年 不明
ジョニー・ラモーンラモーンズのギタリスト53歳2004年前立腺癌
ダイムバッグ・ダレルパンテラのギタリスト38歳2004年射殺
キース・ヌードセンドゥービーブラザーズのドラマー56歳2005年肺炎
シド・バレットピンク・フロイドの初代ボーカリスト・ギタリスト60歳2006年糖尿病の合併症
ボズ・バレルキング・クリムゾン、バッド・カンパニーのベーシスト60歳2006年心臓発作
ブルース・ゲイリーザ・ナックのドラマー55歳2006年非ホジキンリンパ腫
イアン・ウォレスキング・クリムゾンのドラマー60歳2007年食道癌
ブラッド・デルプボストンのボーカリスト55歳2007年自殺
ケビン・ダブロウクワイエットライオットのボーカリスト52歳2007年不明
ジェフ・ヒーリーギタリスト41歳2008年
リック・ライトピンク・フロイドのキーボードプレイヤー65歳2008年
ミッチ・ミッチェルジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのドラマー61歳2008年不明
ボ・ディドリーロックンロールシンガー、ギタリスト79歳2008年心不全
樋口宗孝ドラマー49歳2008年肝細胞癌
ザ・レヴアヴェンジド・セヴンフォールドのドラマー28歳2009年オキシコドン、オキシモルフォン、ジアゼバム/ノージアゼバム、エタノールの複合効果による急性の多材乱用中毒
ダグ・ファイガーザ・ナックのボーカリスト・ギタリスト。57歳2010年脳腫瘍・肺癌
ゲイリー・ムーアギタリスト。スキッド・ロウ、シン・リジィほか58歳2011年心臓発作
リヴォン・ヘルム ザ・バンドのドラマー71歳2012年咽頭癌
ボブ・ウェルチフリートウッド・マックのギタリスト66歳2012年自殺
ジョン・ロードディープ・パープル等のキーボード・プレイヤー71歳2012年肺塞栓症
アルヴィン・リーテン・イヤーズ・アフターのギタリスト68歳2013年手術後の合併症
クライヴ・バーアイアン・メイデン、サムソンのドラマー56歳2013年多発性硬化症
ジェフ・ハンネマンスレイヤーのギタリスト49歳2013年肝不全
レイ・マンザレクドアーズのキーボード・プレイヤー74歳2013年肝外胆管癌
ルー・リードヴェルヴェット・アンダーグラウンドのボーカリスト・ギタリスト71歳2013年肝臓疾患
佐久間正英四人囃子のベーシスト、プロデューサー60歳2014年スキルス胃癌
トミー・ラモーンラモーンズの初代ドラマー65歳2014年胆管癌
ジョニー・ウィンターブルースギタリスト70歳2014年不明
ジャック・ブルースクリームのベーシスト・ボーカリスト71歳2014年肝臓病
ジョー・コッカーボーカリスト70歳2014年肺癌
シーナシーナ&ロケッツのボーカリスト61歳2015年子宮頸癌
アンディ・フレイザーフリーのベーシスト62歳2015年癌、エイズ
マイク・ポーカロTOTOのベーシスト59歳2015年筋萎縮性側索硬化症(ALS)
B・B・キングブルースギタリスト89歳2015年糖尿病
クリス・スクワイアイエスのベーシスト67歳2015年急性骨髄性白血病
レミー・キルミスターモーターヘッドのベーシスト・ボーカリスト70歳2015年
フィル・テイラーモーターヘッドのドラマー61歳2015年病死
デビッド・ボウイロック・アーティスト69歳2016年
グレン・フライイーグルスのボーカリスト・ギタリスト・キーボードプレイヤー67歳2016年リウマチ性関節炎、大腸炎、肺炎の合併症
ジミー・ベインレインボー、ディオのベーシスト68歳2016年肺癌
キース・エマーソンエマーソン・レイク&パーマーのキーボードプレイヤー71歳2016年自殺
プリンスロックアーティスト57歳2016年鎮痛剤の過剰投与による中毒死
ニック・メンザメガデスのドラマー51歳2016年心臓発作
レオン・ラッセルシンガーソングライター74歳2016年不明
グレッグ・レイクエマーソン・レイク&パーマーのボーカリスト・ベーシスト69歳2016年
ブッチ・トラックスオールマン・ブラザーズ・バンドのドラマー69歳2017年自殺
ジェフ・ニコルズブラック・サバスのキーボードプレイヤー68歳2017年肺癌
ジョン・ウェットンキング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック、ユーライア・ヒープ、ブライアン・フェリー・バンド、U.K.、ウィッシュボーン・アッシュ、エイジア等のボーカリスト・ベーシスト67歳2017年結腸癌
チャック・ベリーギタリスト・ロックンローラー90歳2017年不明
アラン・ホールズワーステンペスト、ソフト・マシーン、ゴング、UK等のギタリスト70歳2017年不明
グレッグ・オールマンオールマン・ブラザーズ・バンドのボーカリスト、オルガン・プレイヤー69歳2017年肝臓癌の合併症
チェスター・ベニントンリンキン・パークのボーカリスト41歳2017年自殺
ウォルター・ベッカースティーリー・ダンのギタリスト67歳2017年不明
トム・ペティシンガーソングライター・ギタリスト66歳2017年不明
ファッツ・ドミノロックンローラー89歳2017年自然死
マルコム・ヤングAC/DCのギタリスト64歳2017年不明
エディ・クラークモーターヘッドのギタリスト67歳2018年肺炎
藤岡幹大ギタリスト36歳2018年高所から転落
ジーノ・ロートギタリスト、シンガーソングライター61歳2018年病死
パット・トーピーミスター・ビッグのドラマー64歳2018年パーキンソン病の合併症
ノーキー・エドワーズベンチャーズのギタリスト82歳2018年手術後の感染症
BEHIND BLUESトップページロック関連記事>ロックミュージシャンの死