MAIN STREAM

Vol.1  1977.6

 

ms1.jpg (13478 バイト)

 


 

■ サークル結成にあたって

 

ファン・クラブを作るという話は実はずいぶん前からあちこちで出ていましたが、その話を具体化させるのにもたもとたしていて約1年かかってしまいました。最初の頃に連絡をくれた人達は御存じでしょうが、一時はロキシー・ミュージック・ファン・クラブといっしょにやるという計画もあり、またレコード会社の問題もあったりで落ち着かない状態が続いていましたが、ともかく独立してやってみよう、ということに話が決まり、まず、存在証明ともなる会誌を作ってみることにしたのです。
 さて、名称こそ、イーノ・ファン・クラブのこのサークルですが、取り上げるのが最初から最後まで彼ONLYというわけではありません。イーノという人もファン・クラブなどというものがぴったり来る人では決してありません。(本人が聞いたら気色悪く思ったりして…。)彼にせよ、外に取り上げるミュージシャンにせよ、みんなで持ち上げて、云々…というつもりは毛頭ありませんが。弱小団体の上、これを書いている私自身もかなり頼りなげで、実際今まで何かにつけて逃げ腰ではありました。それでも 今回だけは!という意識がわりにありまして、この活動をも手がけはじめたのです。本当に人数は少ないけれど地道にしっかりがんばっていくつもりですので、今後ともよろしく。<J>

 

 

 

■ 第1回ミーティング 6月12日

 


 June1stその歴史的集会とまではゆかなかったにせよ、この日、東京近郊の会員が11名渋谷の某所に集まりました。顔合わせ的なものを予定していたのであまり深い話はできなかったのですが、それでも部分的に話が進んでいたようで、初めてのミーティングとしてはまあまあだったと思います。そしてこの日のスペシャルゲストは Roxu Music Fan Club の会長、巻上(公一)氏。彼は常に多忙の身であり、それこそ、ハードスケジュールの合間に来てくださったのです。面白い話がたくさん聞けて良かったでしょう、皆さん?次回は夏休み中に、と考えているのですが、まだ未定。来られる人は是非また参加してください。

 

 


 

MAIN STREAM

Vol.1   1977.6

 OBLIQUE ATRATEGIES  A〜I 訳

■本誌独占インタビュー Phil Manzanera 「801はエイト・オー・ワンて読むんだよ」

■インフォメイション

and…

 

B5 10ページ

 

(提供:hataenoさん)


BACK