失敗しない音響系

1 / 2 / 3 / 4


 

みさお  2004/02/08


vladislav delay “anima”


後悔の音。

いや、買ったことを後悔(それもちょっとあるか)してるんじゃなくて
音が後悔してる。
なんかシーボーズが手を後に組んでつまんなそうにしてるような。
http://www.mashroom.com/kaiju-land/zukan/ultra/seabose/

ネットでいろいろみてみると
エレクトロニック音響ダブなんて書いてありますが。
ふにゃん、ふにゃん、ふにゃんという音の連続にいろいろおかずが混じる。
ただそれだけです。

ふにゃん、ふにゃん、ふにゃん。ふにゃん、ふにゃん、ふにゃん。

もう少し爆音で聞けばいいのかな?
最後はやっぱりどうしようもなくなって爆破。
ガッチャーンです。

 

 

 

みさお  2004/01/07


●プラスティックマン


お父さん。こどもが小学校で劇やりますよね。
で、ほら、「怪奇お化け屋敷」をやりたいって言い出すでしょ。
お父さんとしては「ち、おれが学生の時みたいなもっとソーゾーセーあふれるものはできないのかよ。」と思った時に音楽として提供してあげるのにこれ。 PLASTIKMAN CLOSER です。


1曲目はもうぼーーーーっていかにも怪奇屋敷の音響です。
そこに「こんこんこん」と、狼男が扉をたたく音。2曲目はあれ?前作のどよーん、どよーん(consumed)と同じですよ。3曲目は1曲目に戻って4曲目はぷんぷんぷこぺんっていう音。その後、あまもり、ゴムをひっぱる、ピッチを上げる、下げる、そこにリッチーさんの声が絡む。ジャケは目の虹彩の半割りが黒いジャケの左半分に配置されるっていうもの。

 

そういやこの虹彩系ジャケってこの手のCDに多いですね。


●GAS


http://www.kompaktkiste.de/voigt_w.htm
wolfgang voigt

ウルフガングヴォイトという人です。
マイクインク他いろんな変名で活躍中です。studio1もこの方。上記のURLにディスク情報があります。
結局CDは今(2003.12)現在、 1 1st  2 zauberberg  3 konigsforst 4 pop の4枚が出ているようです。 1stとかは現在在庫なしとか・・・。

こわーっちょ,ぺっ!

ですがこれ(GAS)はいいですよ。うん。いい。いい。4枚を順番に疲れたときに部屋を暗くしてがーーって聞く。

こわーっちょ,ぺっ!を・・・。

 



●YAGYA

 

グーグル君で日本語検索してみましょう。
「やぎや」っちゅー居酒屋チェーンが出ます。ほっほ。メンバー特典のリンクをクリック!。
でこのYAGYA。タイトルが the rhythm of snow。
でジャケもわ、氷の結晶だ!で「具象」なんですね。「具象」。めずらしいです。この手の音楽で「雪のリズム」なんて・・・。
でもこれが以外によいですよ。私はひそかにGASの兄弟。って思ってたらdiscogsとかいうサイトの検索でこんな表現が

「彼は雰囲気とムードに集中して、そして彼の音楽の音で彼の周りに世界の美しさを反映しようとします。彼は Gas、フィリップガラス、基本的な海峡、ブライアン Eno とそれ自身とそれに本当の何もの考えの進行途上にある影響力を求めます。」(コリャ英和)。

あ、基本的な海峡って Basic Channel でした。2ちゃんねるでもちょっと話題になってました。

 


●fennesz live in japan


がーぎこぎこくっちゃ
がーぎこぎこくっちゃ
じじじじ
ぴっこっかっこ、ぴっこっかっこ


という感じのノイズのライブインジャパン。
メーローなギターがじゃーーんって時々入る。うるさいなー君。

聞いてるとおかあさんにおこられますきっと・・・。


●砂原良徳 


TAKE OFF AND LANDING,LOVE BEAT
はい電気グルーヴの砂原さんです。
音響、「音がどう響くか」にかなり興味を持って作りこんでいる砂原さんの2つのアルバム。あと1枚目が crossover ってのも出ているそうですが未聴です。
TAKE OFF AND LANDING は飛行機がテーマ。
こういうのは kraftwerk 同様楽しめますよね。ヘッドホンで聞くと気持ち悪くなってしまうという評判があったようになんだかすごい音響です。JRの発車音、空港アナウンス、飛行機のベルト着用のサインが消える時の音や、宇宙ロケットアポロの発射音、テープの早回しなど楽しめます。ビートも気持ちいい。 the art of noise みたいにひとつの世界観をCDで構築するっていうのはすごいですね。都市計画をやりたいのではないかと思います。
砂原さん。 LOVE BEATの方はBEAT っていうくらいでテーマなしのようです。「BEAT」 がテーマ?


 

 

 

 

TREAD

 

みさお  2002/01/26

 

 

 

2枚昨年末に横浜、HMVで購入。年末は車でちょい走るので、CDを購入します。2 年ぐらい前は石野卓球さんの「今年よく聞いたディスク」を購入。その前は確か友 人から10枚ほど借りたタンジェリンドリームCDを聞きました。

で2001〜2002年はこれでした。HMV横浜のテクノコーナーってのはなんか 照明が薄暗く、商品を見ようとすると自分の影が商品にうつります。いやがらせを されてるとしか思えない設計がおしゃれです。でジャケット。出ました「ガングロス タイル」です。あ、この音響コーナーでは「定番」ですね。いかにもの音響系のジャ ケットです。言葉で説明しますね。横じまです。上から順に、薄水色、白、薄紫、も うちょっと薄い水色、白ってな感じです。幅が各々3、4、7、9、1mmです。これが上 から下まで。で右下にTREADって書いてあります。で、裏には6曲の曲名と収録時間 、左下には「norm norm@galaxy.ocn.ne.jp」 とあります。その思想こそ「ガングロ スタイル」。そう、「べつにぃーみんなやってるしぃー、何か悪いぃー?いーじゃんよー」のガングロスタイルです。もう1枚のは1枚目の水色、薄紫を薄緑に変え ています。で1枚目はケースの中の二つ折りの紙を開くとまっしろ、2枚目は進化し ました。モノクロのシマとジャケ裏と同じ曲名と収録曲がかかれています。

http://www.norm-m.com/ おお、ホームページも準備中らしいっす。でメールを打 ってみました。

えっと、横浜のHMVで買いました2200円しました。もういちまいありましたが2380円と高かったのでやめました。ケースの中の紙を開いてみました。まっ しろだったのでつまらなかったです。グーグルでもtreadと検索してみましたけどなに もないようです。タワーレコードにはおいてありませんでした。タワーレコードのbounceにも書いてありませんでした。なんか「マニアの間でささやかれていた」 という別のCDとまよったのですがこれにしました。

 

返事がきました。

TREADお買上げ頂きありがとうございます。YAHOO JAPANの検索で調べて頂くと何 件か該当すると思います。尚、ホームページは近日中にスタートします。御迷惑おか けして申し訳ございません。TREADのアルバムはいかがでしたか?TREAD2も自信作なので是非聞いてみてください。(TREAD2は中は真っ白ではないですよ。) 

NORM

 

で、曲です。

1枚目。ゆったりとした4つ打ちです。でもドイツの作品に比べると情緒があり ます。情緒これがちょっとあやしいです。砂原さんの作品なんかよりはもっと濡れ ているウェットな感じがします。4曲目がいいです。ちょっとこのジャケのデザイン といい、20年前ぐらいの「自主製作レーベル鎌田忠のD.D.RECORDS」なんてのを思い 出しました。ちょっと「あー好きで聞いてるのか、なんで聞いてるのかなー」と自 問自答したりしてちょっと不幸な気分になりました。何でも「知ってるgoogleさんで 検索すると「KOMPAKTからリリースしていた日本人アーティスト、KAITOによるプロジ ェクト。シンプルでメランコリックなシンセとBPM遅めのハウス・トラックが心地よい 」なんて書かれています。

 

で2枚目はもっと濡れています。で値段もなぜか高い。

 

 


HOME