03/12/08

Korg magazine spring 2003 にイーノが自分のスタジオで、kaosspad 2を使っている写真があれこれ出ていた。で、エフェクター類を積み上げた上にモニター・スピーカーが乗っかっていたんだけど……、おおおお ! TANNOY SRM10B じゃねーか!お〜〜〜!俺が使ってるスピーカーと一緒や!まぁ、俺が使ってるのは12Bだけど。このシリーズは今から20年ぐらい前の物なのに、多分貼り替えもしてるだろうに、そんな物をあえてイーノも使ってるなんて、そっかぁ、音の好みは俺と一緒だったのかぁ、相通じる部分があってなんか嬉しい。と、どこか自慢げな私であった。80年頃だったかな、JBLの4301を使っていて(SansuiAU607とセットというのがオーディオ雑誌で流行ってた)、次はJBL4311(ウーハーが上に付いていて、なんか、ひっくり返したようなスタイルのやつ)を買おうと思っていたんだけど、たまたま電気屋でSRM10Bと聞き比べをしたら、こっちの方がガリッとメリハリがきいてパワフルな音だったのにスゲー驚いた。それで、12Bを買ってみたんだけど、これがまた使い始めの半年はやたらドラムのハイハットの音ばかり前面に出てくるという、とんでもなくうるさいスピーカーだった。

 


 

03/10/07

VIRGIN PRUNES "Twenty Tens "を、送料込みで$13.72 で買った。聞いてみたら、中西さんのテープからダビングした曲のモノだった。焼いた干し芋をかじりながら聞いていたんだけど、干し芋のうまいんだけど妙に歯にくっつく感じと、VIRGIN PRUNESの曲調が似ていることが面白かった。あと、“anewformofbeauty1-4 ” “ OVER THE RAINBOW ”も入金してから2週間以上経ってんだけど、まだ送られてこない。向こうの連中はずいぶんとのんびりしてるみたい。

 


 

03/10/05

こんとこモノ忘れがはげしく、人と話をしていても、「えーと、あれーあれあれあれ」だの、「その、あの、なんとかのなんとか、ってゆーやつ。なんだよ、わかれよ、そのぐらい!」などと、だんだん相手の物わかりの悪さに腹が立つばかりだ。人の名前だの地名だのは、当然忘れまくっているが、最近では「やかん」という単語を思い出せなくて、絵に描いて相手との意志疎通を図ったことに至っては、我ながらかなりいーせんまで来てるな、の感を強くした。いったい私はこれから先どうなってしまうのか……。それで思いついたのだが、手話を会得しておけば、ちょっとぐらい言葉を忘れても何の問題もないのでは……やっぱ、全然ダメか。最近、海外のオークションでイーノのバッチとかポスターを買い込んでるんだけど、それらの画像をアップしようと思いつつも、なんか進まない。

 


 

03/07/02

インストリームは最終的に25000円で落札されていた。あの時間は、ちょうど電車に乗っていたから、どうしようもなかったけど、リアルタイムで見ていたら、わしはどうしていただろう?相手によっては、絶対に負けないだけつぎ込んでいただろうなぁ。で、ENOWEBをみるってーと、エノ屋から新譜がもうすぐ出るらしい。JANUARY 07003 もまだ買ってないんだけど、郵送代を浮かす為に、この CURIOSITIES Vol.1がリリースされてから一緒に注文しようかな。なんだか面白くも何ともない夜なんだけど、「ホワイト・キューブ」がちょうど良いか。

 


 

03/06/01

かにフアン・サイトのわりには閑散とした掲示板だな。このサイトを見に来るほとんど多くの人は、イーノのことが知りたいのであって、掲示板でムダ話をしたいわけではないということなのだろう。というよりも、ほとんど多くのイーノ・フアンにとっては、まったく書き込む気になれないような流れなんだろうな。そうだ、エノ屋で売り出した新譜を注文しようかな。

 


 

03/05/12

の前、せがわたくやさんから、1982年の朝日新聞に連載されていたという、イーノのインタビュー記事が送られてきた。ボチボチと作業を進めなきゃ。あぁ、その前に、メインストリーム・8号に1stの訳詞がでていたから、それをアップする準備をしよか。それから、6月に入ったら、今度こそ、オフ会を…。そうだ、今、アップしようとして、思い出した。ここんとこ、geoと腐れフロントページの相性が悪いんだった。

 

 


 

03/04/21

っしゃぁ!1日のことは、打ち合わせをして、手順・分担等ほぼ確定。で、意見書も終わらせた。電話も10本ぐらいかけた。午前中に理事のI氏に会ってきた。あれこれを終了させたぞ。 …と思ったが、なんか、まだ、あれこれありそう。午前中に作文して、昼から3カ所へ要請。地方にも電話入れしなきゃぁなぁ。

 


 

03/04/20

ずいなぁ。なんか、ぼーっとしていて、詰めなきゃいけないあれこれのことに、ぜんぜん手がついていない。頭の中は、ポテトチップのかけら、抜けた髪の毛、ポストに放り込まれたチラシ、折れた割り箸とか、ゴミばかり。明日は、少し、事務所でやりきろうか。あと、月、火、水、で、木曜日。

 


 

03/04/13

示板はポコ○ン話で盛り上がっているけど、あれ以上は、参加する人がいないのかな。「わしが書き込むと流れが止まる」法則が働いているから、しばらくあそこは放置プレイだ。それで、今日の都知事選は、石原が再選だとか。なんで、あんな小ずるい人間に投票するマヌケが多いのか?ブッシュのイラク攻撃を支持する発言をしておきながら、そこを指摘されると、持論として貫くのではなく、そんなこと言っていない、とばれる嘘を公然とつくような卑しい奴に・・・。それはイラク問題ばかりでなく・・・くだらなすぎる。

 


 

03/04/07

ークションでスピーカースタンドを買った。これが、予想以上になかなかよろしい。音がスッキリとしたみたい。ワミーから安く売ってもらったレコード、ラフトレのコンピレーション「radio twelve」を聞いてみる。Weekend、ひゃ〜、極上です。Sさんが生きていたら、ジャズ物のレコード借りてくるのに・・・。しかし、寝つかれないからといって、腕を組んで「オン・ランド」を聞いてるなんざ、我ながら、いかがなものか。

 

 


 

03/03/31

れまでもそうだったけど、それ以上に、早く時間が過ぎてしまっている。なんか、あせってくる。残り時間が少ないんだよ。

 


 

03/03/29

レビでテレゴングなるものをやっていた。戦争反対の世論で、戦争を止めることができるか?と言うような質問だったと思う。で、当然のように、反対と言ってもムダという声が、多かったわけだけど。で、今日の新聞を見ていたら、イラクの市民が日本人記者との会話の中で、日本が何故アメリカの攻撃を支持するのか、と聞いてくるらしい。戦争反対と言うことに意味があるかどうかの、論もあるのだろうけど、いまただちにアメリカの攻撃を止めて欲しい、ということを願うイラク市民にすれば、そんなことより、一人でも多くの日本人に反対して欲しい、というところだろう。世論で政治が動くかどうか……。ブッシュを支持する小泉などの政治家が、そんなことをしていては、次の選挙で落ちてしまう、と思わせるほどに戦争反対の世論が高まれば、そのような動きをせざるをえないだろう。まぁ、「戦争反対なんて言ってもムダだぁ!」の叫び声は、小泉にしてみれば、「そう、ムダなんだから国民どもは黙ってろ」とニンマリするだけだろうな。

 


 

03/03/27

夜心配していたことは、杞憂に過ぎなかったみたい。しかし、さっき喰らった、おにぎりで腹が苦しい。ちと量が多かったな。イラクの子供らは空爆におびえ腹をすかしてるか。

 

 


 

03/03/26

時半から東京タワーの足元の公園でイラク攻撃反対の集会と国会までのデモ。帰ってきてからは、あれこれ、なにして、レコードが聴けるようになった。とりあえず、音が悪くならなかっただけ良しとしておこう。次は、スピーカースタンドをまともな物に変えようかな。それで、良くあるであろうことなどを想像してみる。残念だけど、まぁ、しかたがないのだろう、と言いきかせてみる。明日は燃えるゴミの日だな。とっととねるべ。



 

03/03/23

週間ぶりだな、会議がなくって日曜の昼間に部屋にいるのは。天気が良くて、部屋の中も明るく、なかなか良い感じ。部屋をかたづけてスッキリしたんだけど、なんか、その、唐突な“からっぽ”さに驚いた。ややややや、こりゃ、まいったな。先日、YMGのCDを持ってるのに、オークションでレコードを見たら欲しくなって、つい、買ってしまった。あ〜、早くレコードが聴けるようにしたい。愚妹の所から持ってきた、ルースターズのライブで、CASE OF INSANITY が早く聴きたいよ〜。そういえば、21日にデモで歩いていると、沿道からニコニコしながらデモの隊列を見てる、3〜4人の若いオネーチャンがいたので、わしが、グイッとブイ・サイン(この場合はピース・サインか)を突き出したら、きゃーきゃー言いながらピース・サインを返答してきた。わし、長いことデモとか歩いてるけど、オネーチャン達にきゃーきゃー言われたのは初めてだ。戦争反対は、ちょっとだけ、はやっているみたい。ちょっとだけというのは、なんせ、国民の42%はいまだに小泉内閣を支持してるからな。もっと中小企業が倒産して、もっと失業者が増えて、もっと社会保障が改悪され、どんどんアメリカの戦争に巻きこまれたい人間がこんなに多いとは…。

 

 


 

03/03/20

の前、とうとう、とゆーか、ついに、とゆーか、意を決して、マイクロのプレーヤーをゴミに出した。北海道にいた頃のようにオーディオ屋と付き合いがあれば、そんな大馬鹿なことをしなくても良かったのだけど、もう、どうしようもない。次の日、プレーヤーを買いに行ったけど、良さそうな物は、在庫がなくて、結局、買いそびれてしまった。明日、集会の後、再度行って、注文してこようかな。そんなこととはなんの関係もなく、とうとう、戦争が始まってしまった。明治公園で行われた戦争反対の集会、渋谷駅近くまでのデモ行進に参加。9・11があったせいか、湾岸戦争の時よりも、今回の戦争は、ずーっと、身近でリアルに感じてる。

 

 


 

03/03/18

ッシュの愚行。何がなんでも支持する小泉・小泉政権。それを支える国民。巻き添えになって死ぬ子供。多数の難民。沈黙は合意。ってことで、今夜は日比谷野音で開かれたアメリカのイラク攻撃に反対する集会に参加して国会までデモ行進。雨にすっかり濡れちまった。

 


 

03/03/05

「FLOATING INTO THE NIGHT」「DOME 3」「ON LAND」。

 

 


 

03/03/02

わしさんの弥勒菩薩はなかなかしょーもなくていい感じ。よしよし。「HEROES」のレコーディング風景は、もとの写真と較べるとさらに美味しい。で、昼に、Hataenoさんから、宅配便でイーノの記事が掲載された洋雑誌のコピーと、ブートCDが3枚届いた。海外のオークションでもごくたまにしか出てこないTextures、2002年のAbsence live(インスタレーション物で2枚組)、と、Lanzarote 2001Live。このライブはネットラジオで流れて録音した物を持っているけど、送られてきた物の方がすごく良くて驚いた。音として聴かせようというところが、インスタレーションものとは違っていて、アンビエント的な音づくりとしては同じ野外でやった、フジロックの時よりも音・バランスともにずっと良い。フジロックでのバンドスタイルは、もちろんのこと、こういう手法での野外ライブを、日本でもやってくれたらなぁ…。例えば、非アウト・ドア派のわしでも大好きな、支笏湖のモーラップやポロピナイキャンプ場でやって欲しい!!(と思って、画像を探したら、最近は、釣り、キャンプの人だけでなく、昼はジェットスキー、夜は一晩中、暴走族に花火で、キャンプ場とは言えなくなってるらしい。なんとも悲しい)オフ会では、サイトにアップしきれない、Hataenoさんの切り抜きなんかを紹介することにしよう。明日は早起きして宣伝。それから、14時過ぎの新幹線で仙台へ。日帰りだ。まぁ、めずらしく嬉しい「仕事」だから良いけど。

 


 

03/03/01

屋を1時間ぐらいうろついて、通勤用の文庫本を5冊ほど買ってきた。寒いだけで面白くも何ともない土曜の夜だから、以前から読んでみたいと思っていた、そのうちの1冊「ぼっけえ、きょてえ」を読み出した。けど、「…教えたら旦那さんほんまに寝られんようになる。」ってとこで、もう、おっかなくってダメ。棄権。なんのために、この本を買ったのやら。前も、愚妹からツインピークス全編を借りたんだけど、「おっかない」のではなく「面白いんだ」と言われながら、母親がぎゃーぎゃー騒ぐあたりで、おっかなくって、それ以上先に進めなくなってしまった。ビデオは結局7〜8年しまい込んだままになり、その後、ヒヨコの所へ送った。ホントは今でも見たいんだよな。はぁ〜なんとかならんのかね。昨夜はチボ・マットのCD7枚を7350円で落札したけど、これが高いのか安いのかは不明。かりにハズレでも、売ればこれ以上の金額にはなるだろう。でも、めんどくさいから、そのままだろうな。

 


 

03/02/26

akuyaさんから、イーノ・フアンクラブの会報、メインストリーム5号、8号、10号のコピーを送ってもらった。Takuyaさんの、お姉さんが買っていたらしい。で、5号を見ると愚妹の投稿が出ていて、笑った。本人はそのことを知らなかったみたい。この号では、見開き2ページを使って、78年5月28日に行われた、S-ken Studio Opening Gig の記事が掲載されている。Speed、S-ken、紅とかげ(リザード)、Mr.Kite、Mirrors、そして、Friction がそれぞれ写真とともに紹介されている。レコード評は、KATEBUSHU、U.K.、TOM ROBINSON BAND、STRANGLERS、PETER GABRIEL、などが取り上げられていて、当時のイーノフアンの視線がどこにあったかが、わかってよろしいんじゃぁないでしょうか。それにくらべて、ENO:ENOはやっぱ…。

 


 

03/02/24

曜らしく朝からガッチャガチャと腹立ちまくりで疲れまくった。昨日、テレビでジェゴグをやるってんで、テレビが見られるようにした。JVCとWMLのシリーズ物で聞いてるんだけど、とにかく低音が凄いのと、大人達に混ざって子供達の笑い声なんかが得も言われぬいい感じ。バズーカ砲のような竹に「またがって」演奏・たたいている写真を見て、これは一度、実際の演奏をみてみたいものだ、と思ってはいたんだけど…。それで、テレビで見た演奏は……むちゃくちゃえがったぁ!やってる人の表情がホントに生き生きと楽しそうで、見ていて涙が出た。やっぱり一度は村まで見に行ってみたいもんだな。

 


 

 

03/02/23

るほど確かにいかがわしいな。座敷牢・オフ会に加えて掲示板のあの流れじゃなぁ。ホントにまずかったかなと思いつつも、ウハハハハハハハハハハ、まぁ、いいや、続行。どうせ、面白半分の大学生・男二人組が参加ってぐらいだろうしさ。それで、さっそく●●●さんから連絡あり。奥さんを連れてこないかなぁ。「犬の蚊取り線香」をはじめとする数々の「作品」における、二人のコンビネーション(かけあい漫才か)を見てると、どんな人らか、つくづく興味あるんだけど。でだ、土曜にオークションで買った、サロン・ミュージックの1枚目と「MASH」が到着。いいなぁ、このユルさ。むかし駅前のレンタル・レコード屋から借りてダビングしたテープはまだあるけど、当然、CDの方が音いいんだわ。音の色彩とゆーのか、ゆるいリズムに、イーノの1/2枚目の影響をすごく感じたんだけど、その頃、出ていたサロン・ミュージックの本の中では、好きなミュージシャンとしてイーノの名前がなくって、えー?そうかなぁ・・・・と、思ったんだよな。その後、イーノが好きだったという、ことをどこかで読んで、そうだろそうだろと、納得したんだけど、その記事が行方不明でウラがとれない。でも、あらためて、この人ら、絶対、好きだったんだと思う。

 


 

03/02/16

とんど無いことなんだけど、土曜日と日曜日に友達が来て、ビデオ・LDなどで音楽三昧。音が良いというので、つい、このSRM12Bはねー、レゲエを聞くために買ったスピーカーなんだ。なんか、もう、はじめの頃はハイハットばっかり強調されて酷かったけどねぇ〜などと、自慢にもならないようなことを自慢気に話す。THE CLASHの映画、「Rude Boy」、Einsurzende Nebautenの「1/2 Mensch」が好評だったみたい。しかし、ほんと、去年の札幌雪祭りの雪像といい、やっぱりドイツは違うねーウハハハハハハハハハと納得。違うか。そのうち、夏になったら「The Pearl」と蝉の鳴き声による目眩のするような音を聞かせたいなぁ。とか。

 

 


 

03/02/12

とうさん、もう春だよ。葉っぱがね、やわらかくなってきたんだよ。と言っていたのは何年前だったろうか。

 

 


 

03/02/09

るほど、節分が過ぎると春になるのか。北海道じゃ2月が一番寒いのにな。この2〜3日、レゲエのあれこれをテープに録音してるんだけど、昨夜はなんか低調。なんだろね。で、今日は午前中にやりかけの「仕事」をしてから、日当たりのよい5階にラジカセと資料を持ち込んで、3時間ぐらい淡々とホッチキス止めをする。昨日まで録音してたテープ〜レゲエ・トロージャン物をガンガンかけながらだったんだけど、これがかなり良い。ヴァージン・プルーンズやスロッビン・グリッスルのライブも持って行けば良かった。結局、好きな音が鳴っていればどこにいても同じで、あと2〜3時間はやっててもよかったんだけど、明るいうちに洗濯を終わらせたかったんで3時前にはやめ。で、安売りの殿堂・多慶屋に行って、カーテンを買う。この部屋に越してきてからも、カーテンは前の物をそのまま使っていたんで、ずるずると引きずっていた。けど、まる2年目にして新しいのを買う気になった。

 


 

03/02/07

夜は高円寺までコスモポリタン・カーボーイズ、というより ハル・宮沢を見に行ってきた。そうか、宮沢さんは、今、カントリーを面白がっているのか…と、思いつつ聞いてたけど、ガッツツガヌマさんの狂気のマンドリンやら、カントリーと言いながらいきなりレゲエをカッコ良く決めてみたり、フィヨルドとギターの曲はクリムゾンのTrioばりの美しい演奏(あーもう一度聞きたい。なんていう曲なんだろ)だったりで、7人のメンバーは、かなりひねくれ者が多そうだった。わし、なぜか、レゲエをカッコ良くきめることのできるバンドは、なかなかの人達にちがいない、という思い込みがあるんだよな。それに較べて、以前、たまたまテレビで見かけたサザンオールスターズのボブマーレーはもののみごとにダメだったなぁ。で、次のライブは4月か。また、遊びに行こうかな、と思うようなライブだった。多分、行くんだと思う。

 


 

03/01/31

21時にオークションで買った20型の液晶テレビが到着。9万と安かった。さっそく、まる2年ちょっとぶりに、ノイバウテン、イーノ、クラッシュ、モンティ・パイソン、フェイ・ウォンなどなど、とっかえひっかえ見る。安いなりの画質だけど、場所もとらず、移動もしやすく、まぁ、こんなもんかな。それから、若いイーノ・フアンに、わしがふだん聞くことの無いような音楽〜ゆらゆら帝国、フィッシュマンズなどを録音したCDを送ってもらった。なるほど、きょうびの若いモンは、こんな感じ(どんな感じ?)か…と、聴いてるさ。

 


 

03/01/26

を喰らうほどに、どうでもよくなること、いちいちこたえること。

 


 

03/01/24

りあえず会議・1ラウンド目終了。今回は、まわり順番とか。昨日は俺がやったけど 俺がやると軽いんだよな。昨日・今日と会議の後は事務所に戻ってきて、22時過ぎまで報告書のたたき台作り。さっさと帰りたいんだけど、カゼで作業がまるっきり遅れてしまっているもんだから、やらにゃぁしょうがない。しょうがない、しょうがないの毎日でまったくしょうがない。イーノ物のテープを、あと2人の人に送るんだけど、カセットテープを買いに行くヒマもない。なんてこった。そうだ、それでもいよいよテレビ買うぞ。久々にモンティー・パイソン三昧だ。

 


 

03/01/20

ゼが治ったと思ったらぶり返してきて、こんどはノド・咳だ。とか言いながら、現在26:34、当選者用のテープを録音してる。1本といいながら、どうしても、インスト・歌物、それぞれ1本ずつになってしまう。そのうえ録音しちまってから、どうも曲の流れが悪いなぁと、やりなおしてみたり。キリがない。けど、それなりに面白がってる。でなきゃ、やらないわな。先週、風邪で仕事に集中できなかった分、なんか、あれこれの課題がたまってるんだけど、今日も21時まで、直面する事の対応に追われっぱなし。その上、木曜から4ラウンド・5日間連ちゃんで会議があるんだけど、これじゃぁ実務が進まんのう。ほとんど、あきらめの境地。ひらき直りともいうが。

 

 


 

03/01/13

10時過ぎに事務所へ。歩きながらも眠りたくなる。15人前後の人が来たけど、なにやら人の中にいても呆然とした感じ。まだ、風邪が抜けてないみたい。帰りは晩飯だけ、ごちになってさっさと帰宅。駅方面に向け、前を歩く若いお兄ちゃん二人。さりげなく、だけど、しっかりと手をつないでいた。彼らはラブラブだったのだろうか。あああっ、べつに、うらやましいってんじゃないっすよ。べつに。やだなぁ、誤解しちゃぁ。ははは。で、イーノがフジ・ロックに来たときのインタビューをアップ。そうか、曲間の空白はそんな意味があったんだぁ、と、今ごろになって知る。あと、同じ時期にロッキン・オンにもインタビューがあったようだけど、まだ読んでない。そのうち古本で買えばいーか、と、ほんとイーカゲンだよな。

 


 

03/01/12

ョー・ストラマーのことで何か書くべきことがあったような気がするけど…。例えば、俺は、マルクスとレーニンではなく、ボブ・マーリーとジョー・ストラマーが血となり肉となっている、とか。だから、かろうじて、続けていることもあるわけで。明日も、休みではあるけど、お勉強会の準備にでかけるわけだ。

 


 

03/01/11

は下がったけど、だるくて風呂に入る気にならん。まだ、完治してないみたい。洗濯物3回分。ロボットみたいな体の動き。正月は実家でごろごろしつつ、NICO、AUGUSTU SPABLO、ENO、で、事務所の大掃除で捨てられていたノートPCをだましだまし使いながら2〜3の宿題をやっつける。それから友達のA君と1年半ぶりに会った。たまに会っては、互いの在りようを見ている感じ。A君は周囲に友達がいないと言って、もう15年以上も前から、ネパールの人と文通をしており、安値でマニ車だのタンカだのを手に入れている。どうも、最近はボランティアと称して海外からやってくる観光客の通訳をしているらしい。人と人の付き合いは触れ合いが大切で(大嘘つき!)ネットは邪道だと言ってパソコンには手を出していない。そんな奴だ。年が明けて、子どもがきた。寝るときにENOを聞かせたら今回は嫌がらなかった。よしよし。A君に会った勢いで、もう一人の友達(なんて友達が少ないんだ!)に、数日前、メールを送ったが返事が来ない。奴は俺よりも筆無精なやつだからなぁ。で、ENO:ENOを見ていて、リンク切れや、消えてるページがあることに気が付いた。ファイル名を同じにして上書きしちまったんだな。

 

 


 

03/01/06
んだよ、結局、最終日に親の風邪をうつされっちまったじゃねーかよ。

 

 


 

HOME