020817-021226

020301-020808

000812−020226

 


 

02/12/25

リスマスといえば当然ケーキであり、甘党の私としては、ウハウハなのであるが、一人、部屋でケーキを食らう姿も、我ながら、アレなんで、しかたない、かりんとうでも食ってるわけさ。

 


 

02/12/22

回の引っ越しは、むちゃくちゃ手間・ヒマがかかってる。ジオへの引っ越しが、うまくいかんうまく行かんと思ってたら、ファイルの名前がダメだとか。いままでの所には問題なく転送できていたのに、融通がきかん所だ。転送する量もデカイとかで、結局、5つに分けて転送しなきゃならんかった。それで、せっかく苦労して確保した25MBなんだから、音声ファイルを上げなきゃ意味がないと、そのことにまた時間がかかってる。上記、ファイルはウインドウズ・メディアで聞くことになるんで、マック系の人は嫌がるだろうから、やっぱり、リアル・オーディオのファイルにしなきゃいかんなぁ、と、へリックス・プロデューサー・ベーシックをDLして、使い方のお勉強をしてるところ。と言いながらも、この2日間、事務所の若いモンから借りた、「サル漫」を読んでたんだけどさ。イーノの未発表曲だけど(フィンランド人はボックスセット)、おおっぴらにやるわけにいかんからこの場所がちょうどよかんべ。

 


 

02/12/17

mp3ファイルにしても、5Mもあってダウンロードしてから聞くには少々でかい。ストリーミングで流すためにはどしたらよかんべか、などと検討。しかしなぁ、身近にそんなことをやってる人がいれば、話が早いんだけど。それで、25メガのジオへの引っ越しはアップロードがうまく行かんし。なんで?明日も早く帰ってきたいなぁ。

 


 

02/12/16

ーものを見つけた。「午後のこ〜だ」という、音声データをMP3に変換するソフト。かなり有名らしいけど、気が付くまでは知らんわな。 これで、同じ音質でも、wavファイルの半分の大きさになる。

 


 

02/12/15

乏ヒマ無し。めずらしく頭痛。昼に起きて、洗濯と掃除。それで、なんで、こうなってしまうのか、よくわからんが、作業の進行状況がどうなってるのか、と、事務所へ。ジオへの引っ越しは、わしが使ってるHP作成ソフトでは、アップできないみたい。25メガあるなら、イーノの未発表曲をこっそり音声ファイルで貼り付けとくかな、と思ったりしたが、その前に解決しなきゃ行けないことがあれこれ、、、検討してるヒマ無し。

 


 

02/12/14

示板が面白いと思ってくれている人もいたようで…。あの掲示板は書き込みの少なさだけが目立っているんだけど、ブライアン・イーノのことで、何か新しい話題があるわけでもないので、確かにフアンも書き込みにくいわな。でも、あそこに、ころさんの言う「独特の世界」っていうのがあるのだとすれば、それが、書き込みにくい雰囲気になってるのかも。でも、はじめから、たいして書き込む人がいなかったから、だんだん、イーカゲンなヨタ話を書くようになってきてる、ともいえるんだけど。卵が先か、鶏が先か、ってことか。ところで、今夜は“チョムスキー 9・11”を渋谷まで行って見てきた。ふーん、ユーロスペースってあっち側にあったんだ。渋谷に5年近く通っていながら、行動範囲といえば東急文化会館の地下・スーパーでエサを買って、そのウラの古本屋を覗いてたぐらいだったもんな。ここんとこ、チョムスキーの翻訳サイトや、本を数冊読んでたんで、何を話すかということはわかっていたけど、映画ならではの良さというのは、少なくない(?)アメリカ人がチョムスキーの話を歓迎していることがわかったってこと。「民間人の死者は避けられない。とにかく空爆をかませ」というバカアメリカ人ばかりではないんだな。そりゃそうだろうけど。それで、そのての話を読んだり、聞いたりするってーと、「じゃぁ、オマエは何をどうするんだ」ということが、問われるんだけど…。まぁ、俺は俺の課題・売られた喧嘩をかい続けるしかないわな。あ〜それから、メタルバナナのライブをwavファイルにするってーと、かなり音質を落としても、10分の曲がなんと6メガ。予想以上に大きくてまいった…。と、思っていたら、インフォシークの無料サーバーが50メガだってことに、今日、気がついた。広告が上下に入って気にくわないけど、無料ではそんなこと言ってられないよな。これも検討。

 


 

02/12/11

ENO:ENOの中では、イーノに対する自分のおもいとか、好きな音楽のことについては、あまり書いて来なかった。文章がヘタという以前に、文字にするほど、何か、を考えて聞いてるわけでもないってのが決定的だけど。仮に何かあったとしても、他の人にとっては意味のあることでもないようだし。イーノは、ただ流してるのが好きだってことだけで、今夜はBOX SET Disc1を3回目。飽きないのがイイよな。それでも、この秋以降、もうそろそろフアンサイトを立ち上げたことについての、とるにたらん経過や感想なんかを、ENO雑感みたいな形で書いてみようかななどと思ったりしてる 。けど、まぁ、いそぐ何ものもないしな。


 


 

02/12/04

幌駅裏8号倉庫は神戸の吉田さんにほぼ引き継がれつつある。ENO:ENOが、無料サーバーの、もう、4分の3まで使ってるんでちょうど良かったな。イーノの、まだアップしてない画像があるから、それを整理してみっかなぁ。

 

 


 

02/12/03

夜はインスタント・ラーメンにネギ1本、5日前に賞味期限が切れた卵2個。バナナ1本だった。はたしてこれが、憲法に保証された「人間らしい」生活にふさわしいものであるかどうかはかなり意見が分かれるところかと思われる。一般的に日本人・成人男子の平均的な1日の所要量として卵は1ヶで充分と言われているのにもかかわらず、なんの躊躇もなく2個というのはあまりにも無謀ではないかという厳しい批判の声が聞こえてきそうである。まして一本のバナナである。お百姓さんのことも考えてみるべきだ。しかし一方で、賞味期限切れの卵はサルモネラ・エンテリティディスによる食中毒の危険性が増大する点について指摘する声も十分予想される。だが、危険をおかさずして虎の子は得られず、それでこそ男の人生といえるものではないか。とかなんとかいいながらも、食後に、あーくったくったと大満足してしまう、自分はなんとも…だな。こういう文章ってありきたりで読み飽きた。

 


 

02/11/27

Young Marble Giants のビデオ〜http://appelstein.com/ymg/nita.ram 以前はどーゆーわけか、途中で止まってしまって、見られなかったけど、さっき、見たら、トラブルが解消されたようで、1曲、通して見ることができた。嬉しい。

 


 

02/11/24

チューを食ったのは、何年ぶりだろう。3〜4年ぶりか。連休で時間があったので、久しぶりに、シチューのようなものを作ってみた。うまがっだが…。ところで、8号倉庫の改修が面白い。けど、調べ事をしているうちに、もう、寝る時間。で、知りたかったことも見つからず。なんとも。アンケートの整理もしたかったんだけどなぁ。

 


 

02/11/19

没。やる気無し。寝る。

 


 

02/11/16

まれてはじめて芝居なんつーものに、14日、行ってきた。以前、みさおさんが気に入ってる、と言ってたんで、じゃぁ、わしも、ってんで、見に行ってきた。面白かったか?と聞かれると、面白いところもあったし、そうでないところもあった、ぐらいしか答えられないか。昨夜、みさおさんに、いくつかの印象に残っていたことを、無理矢理、言葉にして書き送ったんだけど…。例えば、イーノを聴いたことのない人間が、ある日、突然、オン・ランドを聞かせられ、感想を求められ、ん〜〜〜〜、この鳴いてるカエルの名前はなんてゆーんですかね?と、聞き返すので精一杯って感じと同じだったな。ゲーヂツを語る言葉を知らないのよね、わし。で、まず、目についたのは、観客が、50前後から上のおじさん・おばさんが多かったこと。この人らは、若い頃から、こーゆーしばいを見続けてんだろうなぁ…。芝居の内容については、見る前から、多分「わけのわからん」芝居なんだろうな、と想像していたけど、実際、予想通りの「わけのわからなさ」だった。しかし、舞台とゆーか、なんとゆーのか、この空間がとても良くできていた。ヤジルシの面白かった、良かったところというのは、ほとんど、この舞台・空間だった。ヤジルシ〜誘われて〜と言いながら、誘われた先はどこなのか。舞台は、真っ黒く、爆心地のように大きくえぐられた穴と周囲に積み重なるような残骸。そこは「どこか」「他の所」ではない、「いま」「ここ」を強烈に意識させられるものだった。芝居が続いていたあの2時間ちょっとの時間を、舞台の上のあの残骸中に、投げ捨てられた死体の役で参加したかった。かんじんの芝居の方は、役者の芝居的な発声とでもいうのか、大きな声(でなければ、観客席に聞こえないからしょうがないんでしょうけど)が、なんか、いかにも演劇という感でイヤだった。セリフを聞けば、つい、意味を追いかけたりして、それが、イマイチかったるい。なので、無言の中で、くり返し流れる音の中で、役者が、ゆるりゆるりと動きまわるシーンの方が、あの空間とあいまって、とても、好みだった。腹が減っていたんだけど、自分の腹がなる音が気恥ずかしくなるほどの無音というのは、すごく贅沢なことだったのかもしらん。何よりも一番驚いたのは、会場が真っ暗になって(この時がとても気持ちよかったが)明かりがついて…、それで終わってしまった時。たしか、芝居が始まる前の放送で2時間15分ぐらいと言っていたのだから、時間的にはまだ全体の4分の3ぐらいで、この後、もっと続きがあるんだろうと本気で思い込んでいた。ところが、もう、終わる時間だった。確かに芝居の筋から言えば、確かに、あれは、あれで終わりだったけれど。ならば、あと5分ぐらい長く、あの暗闇の中に投げ出しておいて欲しかったとしみじみ思い、それが、唯一悔やまれるところ。それから、音楽。なんと、PEARLが流れた。これはできすぎ。今年の夏は「PEARLに蝉の声がベスト」だったので、その時、頭んなかで蝉の鳴き声が聞こえてなかなか素敵な体験だった。しかし、あのゆるりとした時間を感じながらも、なんで、時間があんなに早く通り過ぎたのか。それは多分、退屈してたわけじゃぁなかったことの証かな。わからん。

 


 

02/11/13

週は毎日21時前に帰ってきてる。なかなか成績優秀。これでなぁ、家庭を持っていれば、事務所で餌を喰らうこともなく、胸をはってさっさと帰ってこれるのだけど。なんともしょうがない。で、最近、「いまさらイスラエル」のインタビュー記事を読んでいて、中途半端な<札幌駅裏8号倉庫>をどうにかしようかな、という気になってきているが、どうしよう。アンケートではイーノのディスクレビューの要望があったけど、そんなことをしてたら、手が付くのは年末・年始かな?

 


 

02/11/10

NICOのI'm not saying は曲調のせいもあってか、唯一、ニコの初々らしさが感じられる曲。10代の頃からヨーロッパでは売れっ子モデルとして、業界の中ではかなりちやほやされていたらしい。(7カ国語が話せたとか。ホントか?)それが、音楽を演ることを思いつき、ただ人の曲を歌うことから、30才も近くなって自ら曲を書きだして、遅い「自我の目覚め」はたちが悪かったのか、あとはヘロイン漬けの救われない人に。NICO ICONのDVDも買っちゃうかなぁ。日本版は出てないかな?

 


 

02/11/09

りあえずとりあえず終了。どんどんどんどん終わらせたい。終わりたい。で、久しぶりにCD屋によってお買い物。前から欲しかった、NICO/The Classic Years を購入。単にデビューシングル1曲目・I'm not saying と、このジャケットが欲しかっただけなんだけど(他の物はだいたい集まっていた)。それから、恥ずかしながら買ってしまいました、クリムゾンのUSA・LIVE。これは、かなり聞き込んだけど、レコードは持ってなかった。誰のを借りて聞いていたんだろう?特に、オープニングで流れている、フィリップ&イーノ(その頃は、二人がそんなことをしてるなんてことも知らなかったが)を聴いて、なんだこの聞いたことのない音楽は?と、イーノのことに興味を持ちだした「記念すべき」作品。それから、BOWIE/Heathen 。いよいよジジになったボウイは、少しか枯れた音楽をしているのか?と、ひさしぶりに興味が沸いた。Low、Heroes 以来だ。それから、VerucaSalt これはネット・ラジオで聞いて良かったような気がしたけど、どんなのか忘れてしまっている〜〜〜聞いてみた〜〜〜なんだよぉ、ハードロックっぽい曲はどうしようもなく凡庸で、金返せ。聞けるのは3分の1もあるかどうか。そういえば、この前、家に帰ったとき、たまたまTVでカウントダウンCD?とかいう、音楽番組を見たが、これが、ひどかった。もう、どの曲も音がひたすらべたーっと空間を塗りつぶすような同じ音(俗に言う、サウンドっつーのかね?)にしか聞こえず、とんでもなくつまらない。塗り込まないと不安でしょうがないのか?まぁ、いまに始まったことではないけど。で、アンケート抽選に当たった人用のテープを録音してるんだけど、ん〜これも聞かせなきゃいかんなぁ、と1本で収まりきらんぞ・・・

 


 

02/11/08

想通り休み明けから雪崩のようにあれこれの雑「仕事」。俺は一度に二つのことはできねーんだよぉ、文句あんなら、さっさと俺のクビを切ってくれよ、俺はなーんにも困んねーんだからよ、歯の欠けた歯車は早く取り替えていただきたい、と、今週はほとんどふてくされてる。誰も自分から手を上げてやる「仕事」じゃねーからな、クソッタレ。23:30に帰ってきて、さらに、「仕事」の続きをやって…、これで、明日、印刷が終われば一息つけるか。こんなことをくり返してるだけでどんどんどんどん

 


 

02/11/06

日夜に北海道に帰り、2日の朝には、雪が5センチぐらい積もっていた。次の日にはほとんど溶けたけど、もう、冬なんだな。

 


 

02/10/31

10月終わり。なんか急に寒い。それでも、向かいの庭では4種類の虫が鳴いていた。1〜2匹ずつだからさみしいんだけど。それで、今週は火・水曜と秩父(寄居とかっていったっけ?)に引っ込んで、じっくり会議、と思いきや、水曜は10時から事務所で打ち合わせだってんで、朝の6時に起きてEさんの運転する車に乗ってご出勤。あれこれの「仕事・課題」が残ったままだけど、とりあえず、とりあえず、明日は午前中あれこれの行動に顔を出して、あとは夜の便で北海道へ帰ることにした。どこぞの人ごみには近寄らないで、とにかく帰る。帰らせていただきます。アンケートの方は、書き込んでくれた人が予想より多かった。はじめて、の人が、10人も答えてくれたというのが大きかったな。

 


 

02/10/27

まりがけの会議が2連ちゃん。そんでもって、今日は仙台で会議。お土産に笹蒲鉾をもらった。真空パックでないというところが、ちょっと高そう。

 


 

02/10/23

18時頃、事務所で餌を喰らっていたら、事務のおばさん曰く、俺が何を食うのか、見るのが楽しみなんだと。なんだそれ…。もう、5年近く事務所で昼・夜の餌は、自分で作っているわけだが(朝飯・外食なし)。茹でたそばにインスタント・ハヤシカレーをかけたり、飯を炊いたときは、ゆでた餃子に大根おろしをかけてみたり等々、なにかやるたびにおばさんは感心してみている。以前、おじやを作ろうとしたとき、そうだ!と思いつき、シチューのルーを溶かして、シチューおじやなる、オリジナルな食い物を開発したことがあった。その後、ドリアというものを知ったとき、なんだこれは、俺が開発した、シチューおじやの盗作ではないかと、ハゲシク憤慨したものだった。もしかしたら俺は料理の才能だけはあるのかもしれない。

 


 

02/10/22

曜に関西日帰り。朝の6時前に起きて、帰ってきたのは23時過ぎ。で、昨日も今日も帰ってきたのは23時過ぎ。サラリーマンやってるわけでもないのに、なんなんだよこれは。くそ。アンケートで印象的な夢について書いてもらっているけど、あれは、そのこと独自でも面白いのかもしれない。それで、勝手な解釈をつける。面白そうだけど、ヒマがないのが残念。

 


 

02/10/18

Eno:Link2の第2期拡張工事をするかな。ボウイとU2は数が多いので躊躇してるんだけど、 関西までいかなきゃいけないので、明朝は早起きしなきゃならん。するってーと、今夜、いっきに全部というわけにもいかんかな。明日の会議は、それこそ何で俺が?という会議で、こられる方も困ってるだろう。とにかく形式的に誰か行くということで、俺だ。お互い仕方がないよなってことで、暗黙の了解ってやつだが、たんなる形式のために俺の休みが一日とその準備のために今日の半日がつぶれたわけだ。来週の日曜は仙台だし。しかし、だ、ボウイのフアン・サイトをあちこち見て回ると、どれも、ほんとに「フアン・サイト」って感じがするよな。

 


 

02/10/15

ンクをした、という報告に、わざわざ、「探した」という返事が何通か戻ってきた。確かに、どこにリンクされたんだ?とは、思うわな。やっぱり、リンクをしたURLを知らせるのも礼儀かな。ということで、送ろうか。いちいち、悩ましいのう。明日は、行きたくなかった集会・発言付きと、その後、泊まり込み会議。ゲロゲロゲロ。

 


 

02/10/14

ンクした人に報告のメールを送ったけど、自分のURLを書いておくのを忘れた。相互リンクの押しつけと思われないような文章を考えていたら、そのことに気が取られたか。まぁ、いいか。問い合わせがあれば追加で送るとしよう。結局、「仕事」の作文には手が付かず、なんだか、宿題をやらずにいるみたいな気分。俺はよぉ、毎朝決まった時間に起きて、通勤電車に乗って事務机に向かうような仕事が大嫌いで、仕事上の人づきあいってのが、めんどうだからってんで、給料が少しぐらい安くても良いから、外宇宙航路定期貨物船のC級航宙士になったってゆーのに、それが、今じゃ、なんてこった…

 


 

02/10/13

動は時間が過ぎればそれなりに終わっていくけど、文章は自分が書かないことにはどうにもならないんだよな。すごくめんどくさくてイヤだけど明日は家で少しかやるか。しかし、この数ヶ月は、いよいよ日曜・祭日は事務所に近寄りたくないとか、夜の9時前には部屋に帰り着きたいとか、何の後ろめたさも無く、心の底から思うようになってきたみたい。だいぶ正常に戻ってきたわけだ。4年以上かかったな。その分「仕事」が進まないけど。で、考えていたリンク集はとりあえずできた。

 


 

02/10/10

笑いだけど、笑えない。いよいよ深刻だな。俺の耳に入るぐらいだから、漏れるところから、漏れていくのだろうか?そのオヤヂの、とんでもない、かんちがいで、数千人が右往左往しているというのか。しかし、混迷の本質は、その人のかんちがいにありました、なんてことじゃないよな。それ以前に、個々の判断にあるのは明らかなんだから。たまたま、舞台の裏側に、そんな痴呆オヤヂ゙がうろついていた、というだけの話だ。人のせいにするなよ。で、ENO:ENOのリンクを見直そう、と手を入れだしたら、けっこう時間がかかりそう。

 


 

02/10/06

〜あぶなかったぁ。それは向こうのセリフか。それで、ここんとこ、アンケートの内容や、ENO:ENOのことを考えたりしていたけど、その一方で、いままでは、手をつけるのは止めようと、なるべく避けていた「仕事」関係のHPについて、昨日あたりから、ちょっとやってみようか、などと考え出している。なるべく、時間はかけない、という前提だけど。でも、そんなことに時間をかけるぐらいなら、また、機材を買い込んで、音をいじった方が面白いかな。このまえ、ENOがライブで使っていたカオス・ミキサーってのを探したついでに、最近のシンセサイザーとかを見ていたら、また、機械が欲しくなってきた。以前は、モジュラー式の100Mとかをいじくりまわしていたけど、結局のところは、素人が買えるようなリバーブがなかったんで、何をやっても音がつまらなかった。もったいないことをした。それが、今では何でもありだ…なやましいのう。今朝、気になったのは、ここんとこ、特にお気に入りの虫の鳴き声が、時間帯によって、少し種類が違うようだ、ってこと。前に考えていたことに、実家の裏山の、ある場所を決めて、時間帯、季節を変えて、3分づつ音を録音して、それをつなげて聞いてみる、というのがあったけど、べつに山の中でなくても、隣の空き地・墓地から聞こえる、セミや虫の鳴き声でも、充分面白そう。今月いっぱいは、鳴き声を聞いてられるのかな。

 


 

02/10/04

調子にのってアンケートのショートバージョンも作ってみたりしたが、何の意味もないような気がする。まぁ、いいか。

 


 

02/10/03

と気が変わり、半年ぶりに、ENO:ENOをYAHOOのディレクトリに復活。そのこととの関連はそれほど無いんだけど、第2回アンケートも、ほぼ同時期に思いついたので、アンケートも今日に間に合うように作ってみた。でも実際は、今日一日、何の反応もなく、予想通りといえば予想通り。つまんねーの。…と、思っていたら、「初めてきた」という人が回答してくれていた。あ〜、うれしいなぁ、ん〜、やっぱり反応があると、面白いわ。

 


 

02/09/29

ってきた福島。わしと同年代、もしくは、少し下の人間が3人ほどいた。実際、いないと困るよな。んー、これで面倒なことは10月24日まで無いかな。中旬の連休で北海道に帰ってこよう。そ・れ・で・だ、ほとんど植物人間化している我がENO:ENO。もう、ほとんど何の反応もなく、自分にとっても新鮮味がまったくなくなっているんで、このへんでひとつ、第2回アンケートでもやってみるかなどと考えている。でも、ENO:ENOについてのアンケートだと、回答を返してくれる人は、限られてるだろうなぁ。内容が、ENOのことについて、でなければ、前回よりも少ないんだろうな。

 


 

02/09/27

んどん時間が通り過ぎてめんどくさいあれこれも今日の一連の会議もそれなりにどんどん過ぎていく。

 


 

02/09/21

休ーっ。休むぞわしは。久しぶりに資料をひっくりかえしたりして、1ページぶんをアップ。でも、作業をしていると、夕方だったかなぁ、こんなことをしていて良いのか、とでもいうような、なんとも言いようのない焦燥感とゆーか…、落ち込みではないけれど、とても嫌な気分だった。まぁ、しかたがないわな。

 

 


 

02/09/18

校正が遅れて事務所に泊まり込み。ゲ。その上、今日は朝から机の取り替えと移動だってんで、もうグッチャグチャ。それはそうとして、どうしたものか去年よりも虫の鳴き声にひかれている。なるべく虫の声がよく聞こえるような音をずーっとながしている。以前の対決で、「Rhythm & Sound」  対 Aphex Twin / Selected Ambient Works Vol. 2 は 9.0:7.5で Rhythm & Sound の勝ち、だったんだけど、この虫の声のための音としては、Aphex Twin の方がよろしいことに気がついた。特に、3曲目、こんなに良い曲だったっけ?すごく単純なんだけど。

 


 

02/09/15

んどくせー、という博多参りだったけど、行けば行ったで勉強になりますた。さすがに良い意味で組織の「伝統」を感じさせられたり、この3年間、中央の会議では見ることのなかった一面を見て、なるほど、と、納得したりして。これが平日だったら、なお良かったのだけど。あ〜あっ、また明日から2〜3週間、重いなぁ。ところで、例のあの人らは、自分らで書いた方針と考えてることが、まったくの逆なもんだから、こっちが疲れるんだよなぁ、ホントに。で、作夜、ネット・ラジオを聞いていて、ひっかかったのが April March 。前にも、ハテ?と思ったけど、なんだろね(ページの下の方にサンプルあり)この娘は。 この微妙なズレ加減。ポップ?それほどカワイイ音楽でもない。なんつーのかねぇ、これは。おフランス?でも、アメリカ人なんだと。なんとも、うさんくさく、いろものっぽい。このあたりになると、少しは「おさえ」が効いてるかな。

 


 

02/09/10

いぶんと困った人達だ。ボタンの掛け違いのままに、ことを進めようとするので、その問題点を指摘すると、「言うことはわかる」といいながら、それでも、「一度決めたことだから」と、結果だけを強要しようとしてくる。「事前に相談させてもらう」と言ったのは、あんたらだろうに。それが、「介入されるすじあいはない」「言うことを聞かなければ、手を引く」とでも言うような「脅し」をかけてくる。なんなんだろう。指導部の中では、今回のトラブルを利用して、20年後の人事問題に利用してやろう、という腹が透けて見える薄汚い奴まで見え隠れする。しかし、ことをオープンにすれば、恥をかくのは、そいつらなのに。まったく疲れる。Volcan del Cuervo auf Lanzerote  昨夜、うろついているうちに、2002/5/3にライブ・ストリーミングで流れた、2001/10/13ライブの写真にたどりついた。このときの演奏は、愚妹に録音してもらったんだけど、フジ・ロックの時と違ってリズム隊はいっさい入っておらず、インスタレーションで使った音源とボイスなどが使われていて、ずいぶん違うなぁと思って聞いていた。が、この写真を見て納得。なんかとんでもない荒野で、Schwalmと二人でやってたんだな。今は、こうしてたくさんの虫の声の中で聞いているけど、このライブは荒野に吹きわたる風の中でやったのだろうか。まぁ、それも一興。

 


 

02/09/09

ENOが今年、イタリアで行ったライブで、5月25日の告知が出ているけど、23日にやるという記事も見ていた。これは、なんなんだろう?と、2時間近くうろつき、結局、両方やっていたことがわかり納得した。なんて不毛なんだ。

 


 

02/09/07

朝6時起床で盛岡へ。とんでもねー。何で俺がいかねばならんのよ、クソ、寝る。

 

 


 

02/09/05

いねぇ、もう、5日かい。秋に取り組むあれこれの仕込みと会議でどんどん時間が過ぎるわ。イライラ倍増。机の上は資料が山積み。隣の机を浸食しつつある。情報公開を求める手続きをしなきゃいけないけど、新橋くんだりまで行くのが非常にめんどくさい。まぁ、そんなこんなの毎日だけど、そういえば、今朝、すごい表情・顔つきの人を見たんだ。電車が目白駅に到着してドアが開いたとき、ちょうど、向かい側のホームに到着した電車のドアも開いた。わしが立っていた、ま向かいに、みょーに、ぶくぶくと太った、長髪・メガネのサラリーマンが立っていた。で、その人にまぶしいほどの日が当たっていたのに、そのむくんだ顔には、ふかーい影ができていて、もう、どーうしようもなく暗い人。こんな感じ。もう、目が離せないほど、ひたすら暗かった。ややややや、これは、すごい。これじゃぁ、職場では、かなり、気味悪がられているんだろうなぁ、若い女の社員あたりからは、むちゃくちゃ言われてるんだろうなぁ、などと、思いつつ、その間、わずか30秒程度だったろうけど、表情はすでに溺死体のようにピクリとも変わらなかった。まぁ、どうでもいいが。ゆるりゆるりと虫の声とディスクリート・ミュージック、だな。

 


 

02/09/01

う24時過ぎてしまう。昨日・今日とネットでさがしものなどをしていたら、もう、終わり。一日の短いこと。「9・11」関係について、チョムスキー(「有名な人」だから、とっくのとうに死んでる人、だと思っていたら、同時代で生きてたのね。)の書いたことを翻訳しているサイトを見つけた。すごい。それから、9・11ではないけどイーノが起草したという書簡も見つけた。今ごろ見つけるなんて、遅すぎるけど、それぞれとても重要だろう。わしは、「9・11」以上に、アメリカの空爆とそれを支持するアメリカ国民にげっそりしているんだけど。そんでもって、いよいよ9月だってんで、なんとなくあった夏休み気分も終わり。明朝は6時半起床で新宿へ。

 


 

02/08/30

こんとこ、ENO:ENOの1948-2002を整理しているけど、遅々として進まず、ってかんじ。

 


 

02/08/27

号倉庫、の方が、手を入れてもその通りにアップされていないことに気が付いた。何回かやってみたけどダメ。結局、直接Tiripodにログインしてナニしたたけど、んー、これからもそんなことがあると困るのう。ところで、聞いていないレコードが10枚ぐらいたまってきたので、いよいよプレーヤが使えるようになんとかしたい、それとも、新しい物を買うか?それから、モンティパイソンの復習ができるようにテレビをなんとかしたい、とか、背中が痛くならないイスが欲しいとか、判断を保留し続けているあれこれのことをなんとかしたいが…。しかし、このマイクロの DDL150、右側の音が出ないというだけで、捨てるにはもったいないよな。音が出ないということは、調子が悪いのはアームってことだけど、アームをはずす道具がない。かといって、丸ごと店に持ち込むには、重くて一人では10メートルも持ち歩けない。どちらにしても、一度、オーディオ屋さんにきてもらうしかないかぁ。ブツブツブツ。

 


 

02/08/26

わったのは一瞬で、また始まり。グルグルグル何がなんだかわからなくなってくる。隣の空き地は草ぼうぼう。虫の鳴き声が「18人の音楽家のための音楽」のように聞こえる。

 


 

02/08/22

しくて虫の鳴き声はなんだかもう秋になってる。それはとても良いんだけど、涼しいものだから下の部屋の野郎も、ベランダを開けているようで、深夜番組のバカ騒ぎの音が聞こえてくる。音楽でもあるまいし、なんで、テレビ番組をそんなにでかい音で聞かなきゃいけないのか。テレビにしがみついている酔っぱらいのオヤジみたいな野郎だ。などと、打ち込んでると、音が小さくなった。そうだ、テレビ消して、ションベンして、寝ろ、さっさと寝ろ。

 


 

02/08/21

日が半日の人間ドックで、その後、金曜から熱海で3泊4日の会議。どうせいつもの通りホテルから一歩も出ることなく缶詰状態になるのだろう。今週は、その会議のために、あれこれの物を準備したりして、バタバタとし続けている。

 


 

02/08/19

んだよ、いきなり、忙しいじゃねーかよ。予想はしてたけど。

 


 

02/08/17

日、ENO:ENO第1回[ニセ]オフ会は「失業者にピザを喰らわす会」と称して、WAMI、ヒヨコ、愚妹、チロという顔ぶれに、しづか嬢が特別参加。WAMIに会うのはこれで2回目か。今回は2枚のLP、THE FALL“GROTESQUE”、ラフトレのオムニバス“Radio Twelve”を3000円で売ってもらった。しかし、こりゃー少し安すぎたか、それぞれ3000円以上するかな。ところで、実際、ENO:ENOのオフ会というのは成り立つのだろうか?掲示板のにぎわいから言っても……ぼんくら中年が顔つき会わせてどうするってーんだよ、ってことで、ありえないだろうな。しかし、あれだな、ほんと友達いないな俺は。いや、2人いたか。帰ったときにAra君に電話しておけば良かったなぁ。それから、もうそろそろ、〇内さんの再婚相手とやらも拝んでみたいものだが。日々、「課題」を消化しているだけで65才になりそうだ。で、翌日、会議に出て挨拶。その後、実家に帰り、その日の夜に子供達も連れられて来た。10〜13日は連日20度前後という寒い北海道の夏だった。それでも、14日は晴れて24〜5度ぐらいまで上がり、直射に当たるとそれなりに暑かった。親が楽しみで作っている畑で子供らとジャガイモ掘り。軽く汗ばむと畑のわきの木陰でひと休み。木の回りにはちょうど食べ頃のグスベリがたくさんなっていることに気が付いて嬉しい。そして、夜に子供達は帰っていった。


 


HOME/BACK