ホーム レッスン プロフィール リンク ブログ 発表会

 ピアノという楽器は、鍵盤を押さえれば誰でも音を出すことが出来ます。
 それこそ、猫が踏んでも音が出ますね。
 では、正確に、間違えずに鍵盤を押さえれば、誰でもピアニストのような演奏が出来るかというと、そうはいきません。
 どうして・・・?

 もちろん、ピアニストみたいに、簡単に指が動かない・・・という問題もありますが、それ以前に、「音」は出せても、
 思い通りの「音色」が出せないというのが一番の問題なのです。
 ピアノは、弾き方(タッチ)によって、また弾く人によって音が変わります。
 鍵盤を押さえるのはもちろん指ですが、思い通りの音を出すためには、指先の使い方だけでなく、手首や腕を
 含めての力の入れ方、抜き方、さらに肩、腰、等々、全身の使い方も大事です。
 そして、紡ぎだされた音がつながり、重なり合い、音楽となっていきます。
 その多彩なタッチを駆使できるところが、パソコンや電子楽器のキーボードと最も違うところだと思います。
 さらに、その様々なタッチを使いこなすのがテクニックです。

 では、正しいテクニックを学んで、一生懸命練習さえすれば、名演奏?
 ・・・でも、これもまた、そうではありません。

 もっと大事なことがあります。
 それは、「こう弾きたい」という心です。
 いくら正しい弾き方を知っていて、訓練して素晴らしいテクニックを身につけたとしても、気持ちが伴っていなければ、
 「まぁ〜よく指が動くこと・・・!」
 感心はしても、感動はしません。

 当方のレッスンで重視しているのは、"何の曲を弾いているか"、という進度ではなくて、
 "いかに音楽的に弾いているか"
 ということです。
 もちろん、練習を重ねて、難曲が弾けるようになるのは素晴らしいことですが、それ以前に、どんな簡単な曲でも、
 「こう弾きたい!」という心のままに弾けたら、どんなに幸せでしょう。
 表現することの喜びを、一人でも多くの方に、感じてもらいたいと思います。

                                                               小林 真子

*レッスン内容

 各項目をクリックすると内容が見られます。
 レッスン内容を印刷する場合は右記PDFファイルをご利用下さい。

*「音楽教室のご案内」*

  Adobe Reader

*お問い合わせ

 レッスン内容等のご質問は、メールにてお願い致します。
 メールを送られる際は、必ず氏名、電話番号をお書き下さい。
 都合により返信が遅れる場合があります。どうか、ご了承下さい。




小林真子音楽教室・小林真子

copy right : Masako-Kobayashi Piano School